同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第40回全日本学生剣道優勝大会
王座かけた熱戦
熱戦の末関学大に勝利!
夏季結果号
'21ルーキー特...
'21ルーキー特...
「己の選んだ道を信じて挑戦...
'21 同立戦特集号
小栗成男氏が聖火を繋ぎました!
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年9月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'21ルーキー特集 : ゴルフ部
'21ルーキー特集:上久保拓海
今年もゴルフ部に期待のルーキーが姿を現した。京都府・乙訓高校出身、上久保拓海(商1)。今回は彼を紹介したい。

ゴルフとの出会いは小学校3年時。父親に練習場へ連れられたことがきっかけでゴルフを始めた。中学生の時には全国中学校ゴルフ選手権春季大会で優勝した輝かしい経験を持つ。高校でもゴルフはプレーしていたが、高校にゴルフ部がなく、トレーニングをする目的で陸上部にて活動していた。

ゴルフは個人競技というイメージが強いが、大学対抗戦などチームで戦うこともある。「大学で初めてゴルフ部というものに所属して、とても新鮮な気持ちです」。今までは1人でゴルフと向き合うことが当たり前だった。そのようなゴルフ人生を送ってきたからこそ感じる気持ちを、いかにもフレッシュマンらしい言葉で残した。

同志社大学ゴルフ部は、日本の体育会ゴルフ部として一番歴史のある部である。関西学生ゴルフ連盟が誕生した際も、同志社大学が中心となって組織された。「最も歴史のあるゴルフ部だと聞いています。部の雰囲気はとてもよく、先輩方は皆さん優しいです」。良い意味で固すぎず、しかしながらしっかりと伝統を守っていく、そんな部の様子が鮮明に伝わった。

今後強化していきたいのはショートパットの精度だ。「折角掴み取ったチャンスをショートパットで逃してしまうことがある。それは避けたいから今後強化していきたい。」と話す。

練習場での上久保(本人提供)

尊敬する選手は中尾亮太(商3)。高校1年時に京都代表として中尾と共に国体に出場した。ゴルフに対して高い意識を持ち、それだけでなくしっかりと結果を残していく中尾の姿に憧れを抱く。「京都出身の後輩ということもあって、特に期待している」(中尾)と本人からも期待を寄せられている。「これまでよりもさらに高いレベルでパフォーマンスを発揮できるように、同志社大学ゴルフ部として頑張っていきたい」。上久保がこれからの同志社の即戦力となることは間違いないだろう。(文責・平岡実彩)

○プロフィール
上久保拓海(かみくぼ・たくみ)
商学部1年/京都府・乙訓高校出身/2002年10月16日生まれ


【'21ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について