同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第46回西日本フィギュアス...
第46回西日本フィギュアス...
ムードメーカー特集 卓球部男子
'20ルーキー特...
昨秋王者に2連敗
黒星発進
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
主将セレクション2020 : ソフトテニス部
主将セレクション「ソフトテニス部」

ソフトテニス部主将セレクション 2020年を語る

松山吾×三輪平×西村

「王座奪還へ」


左から松山、三輪、西村



――対談相手を選んだ理由

三輪「そうやなあ、一人は、副主将としてやってくれている松山を選んだ。もう一人は…、同期やし、ちゃんとチームのこと考えてるし…」

松山「それは涼(西村)?」

三輪「ちゃう、二人とも。他の同期よりも周りを見て助言してくれてるし、この二人でいいかなと選びました。」

西村松山「ありがとうございます(笑い)」



――それを受けてお二人からは

西村「確かにその通りだなと(笑い)」

松山「終わってまうねん(笑い)。それで対談は。」

西村「頷くだけしかできてない、って感じですかね」

松山「役割として、練習メニューとかは三輪の方が経験値が沢山あるので、そこに対しては口出しが出来ないというか。だからそれ以外の部員と仲良く話すことや、コミュニケーションを取るぐらいしか出来てないのを認めてくれているのは嬉しいです。以上です。」

西村「最近就活でこれてないんやけど、自分は就活のことで頭が一杯になる。けど惇平は就活だけじゃなく、部活のことも考えて両立してやってるから、すげえなあと思います」

松山「確かに」



――お二人から見て、三輪さんはどんな主将ですか

西村「今までのタイプとはまた違うな」

松山「どんな主将か…」

西村「あんまり口数は多くないかもしれん。プレーとか練習態度で引っ張るタイプやと思う。怒ってたら雰囲気でわかるしな(笑い)。あ、こいつ怒っとる!って(笑い)」

松山「普段と部活の時が違うから。雰囲気があるというか、しっかりしないといけない時の雰囲気を作るのがうまくて、その雰囲気を部員が見て取れるので、把握することができる。ONとOFFを作り出すのがうまい。」



――それを聞いてどう思いますか

三輪「そうですね。まず、中学高校と違って監督がいない。中学高校と経験もしてきて、別に俺が言わんでも、勝ちたいと思うんやったら大学生にもなったら自分でやると思うし、それをわざわざ言うことではないと思ってる。勝ちたくないのならちゃんとやらへんと思うから、練習とか試合中でも、流石にふざけたプレーをしてたら直接言うことはあるけど、それ以外は自分で考えてやっている事やと思うし、それに関しては怒ったりはしない、という感じでやってる。やっぱり雰囲気というか、メリハリつけるところは付けないと。特に試合前とかになってきたら、フワフワした雰囲気でやってたら、本番の試合で足下すくわれるやろから、そういう時にはちゃんと自分から言うし、その辺だけは気をつけてやっています。」



笑顔で対談が進んだ


――いきなりですが、ここで他己紹介をお願いします!

西村「ジャンケンで勝った人から時計回りで」

三輪「俺最後や」


――西村から見た二人

西村「松山は、出会った人間の中で結構トップレベルのいいやつ」

松山「あざす(笑い)」

西村「でもちょっと、いいやつすぎて損してしまう立ち回りをすることが多いけど、いい奴ってことをみんな気づいてくれてると思うから、結局人が集まってくるような人なんかなと思う。」

松山「ありがとう」

西村「惇平は絶対多分これから、人間関係が誰かと悪化することがないくらい、コミュ力というかすごい人懐っこいところがあるから、犬やから(笑い)。誰からも嫌われることがないし、こいつも人のことめっちゃ好きやから…いいなあって思う(笑い)。したっ。」

三輪(笑い)


――松山から見た二人

松山「さっき言ってくれたみたいに、涼は洞察力みたいなのがすごい。みんなの良いところを気づける能力があって、それをちゃんと本人に伝えてくれる。そういうのを自然にやってるからこそ、後輩とかからも慕われてたりとか、試合に関しても結構応援されている立場やと思う。一番頼りになる存在だと思います。惇平はめちゃくちゃ懐に入るのが上手いと思ってて、高校の時とかは強い人とかは自分に対してそっけないんやろなとか思ってた。惇平はずっと強かったし、強い人やから冷たいんかなと思ってたら、めっちゃ気さくに話しかけてくれて」

三輪「(笑い)。エグい奴やん(笑い)」

西村「ほんまにそうやねんなあ(笑い)。俺もそうやと思ってた。」

松山「弱い人間って強い人間にめっちゃ見下されるんかなと思うから、惇平が全く違ってて、プライベートも仲良くしてくれたから。安心したというか、安心感を基本的に与えてくれる。だから惇平がキャプテンでチームは安心しているというか、そういう雰囲気をもたらしてくれるのかなと思います。したっ。」


――三輪から見た二人

三輪「二人に共通して言えるのは、先輩・後輩関係なく、人が寄ってきやすい感じ」

松山「へえ。惇平の口からそういうの聞いたことないわ」

三輪「向こうから自然と話しかけてくれるような感じはするかな。人が寄ってくる。松山は、なんだろうか。いつの間にかいじられキャラになってたな。西村はお笑い芸人です。」

松山「本質すぎる(笑い)」

西村「なんやそれ(笑い)」


聞き手「いじられキャラだったんですか」

松山「いやあ…。俺も認めたくないけど、振り返ったらほぼいじられてる気がする」

三輪「後輩にもいじられてる」

西村「いじられキャラや。代表(笑い)」

三輪「ちゃんとやっても『おいおいおい』って」

松山「そうそうそう。クールで行こうとしたとて、結局ボロがでて、付け込まれる(笑い)」

三輪「クールでいけへんなもう(笑い)」

松山「行こうとしてたけどな(笑い)」



団体戦前のチーム


――今年のチームの雰囲気は

松山「難しいなあ」

西村「だいぶ仲良いと思うけどな。みんなテニス好きな人たちやから、雰囲気はだいぶ良い。最近練習来れてないけど、たまに来ても雰囲気良いなあと思う」

三輪「うん、いや、良いと思うよ。結構」

西村「お前コミュ障なん(笑い)」

松山「慣れてるんか、慣れてないんかどっちやねん(笑い)」

三輪「いろいろ、普通に話するときとかに話していて思うのが、結局みんなうまくなりたいみたいなことをずっと言ってる。だからどうすれば良いとか悩んでたりもするし、そういうことがあると、チームに良い影響力があると思う。練習とかも自分で考えてやろうとしてるし。良い雰囲気でやっていると思う。今試合してる時とかでもそんな感じやし」

松山「僕は技術的な面はよくわからないですけど、同志社はずっと(どの代でも)仲良い感じになるのが取り柄だと思う。でもそれって、悪い面も出てて、先輩が伝えたいことが後輩に伝わらなかったり、後輩が勘違いして言いたいことを間違って伝えてしまうというのがあって。上下関係の面でメリハリは付けた方がいいなと思っている。気づいたことは惇平・三輪だけに任せるんじゃなくて、自分たちでも言おうと考えてる」

三輪西村(笑い)

松山「なんか俺今変な話した?」

西村「ジュンペイミワやねんな。アメリカ人みたいになってるやん(笑い)」

松山「(笑い)。そやね、気づいたことを今まで見過ごしてたりしたのかな、って思ったから、問題が見つかった場合には、すぐに後輩に言うようにしている。

仲良さから生まれる問題が起こらないように、気づいたことがあったら言い合える雰囲気にしていきたい。厳しさも持ちつつ、みたいな感じで」



――チームのキーパーソンは

松山「主将とかはまたちゃうもんな」

三輪「俺、誠太郎(林・商3)かな」

西村「俺も思った」

三輪「あいつが勝ちだしたら、チームに勢いがつく」

西村「惇平とか誠太郎が負けたら、精神的にくるものがあるから、この2ペアには勝って欲しい」

三輪「勝ってくれたら、団体とかでも全体的に気楽に行けるかな」



――今年の目標

三輪「個人も団体も優勝かな」

松山「インカレ?」

三輪「全部。西カレもインカレも団体最近勝ててないし。今年は去年のメンバーも残っているので、勝ちに行きたいなと思っています」

西村「チームの目標は惇平が言ったように。個人は、関ダブは残りたいのと、いっちゃん勝ててないのが西カレの個人やから」

三輪「去年なんぼやったん」

西村「3回戦落ちとか」

松山「ベスト128とかか」

西村「そうそう。3桁か4桁やで」

三輪松山「4桁は絶対ないで(笑い)」

西村「西カレの個人結構勝ちたいかな。関ダブ(関西ダブルス)はベスト8に残りたい」

松山「団体の目標は、インカレ優勝と団体戦のタイトルは全部取れたらいいなと思ってる。個人的な目標は、俺は個人戦じゃなくて、個人戦は別にどうでも良くて、団体戦で勝てるのが一番、みたいなのが高校から刷り込まれてて、それが今影響でてると思う。惇平のもとで与えられた役割を徹底することが目標です。それが全国優勝につながれば。」

三輪「で、関ダブどこまでいくん」

松山「結果的に残れたらいいけど、それより団体戦で勝てたらいいかなって思うな」

西村「こいつ選手として終わった(笑い)」

松山「今まで、自分が勝つために勝つためにな感じでやってきたので、逆にチームにできるか出来ないかって考えた時に多分今まで無力だったので、できること探して出来たらいいなあと思います。個人的な目標ですね。」



普段から仲の良さが際立つチーム。励まし合い、時にぶつかりながら、強くなるため、勝利のために日々練習を重ねる。その絆をより強くし、悲願の全国制覇に向けて、チーム一丸となって突き進む。(由良恭子)



○プロフィール


三輪惇平(みわ・じゅんぺい)

商学部4年/奈良県・高田商業高校出身/178㌢・71㌔

最近ハマっていることは、スマブラ


松山源吾(まつやま・げんご)

文化情報学部4年/大分県・大分商業高校出身/173㌢・66㌔

最近ハマっていることは、パズル


西村涼(にしむら・りょう)

文学部4年/大阪府・大阪府立和泉高校出身/184㌢・72㌔

最近ハマっていることは、自撮り

【主将セレクション2020バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について