同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第46回西日本フィギュアス...
第46回西日本フィギュアス...
新旧キャプテンで語る今後
'20ルーキー特...
PK戦制し一回戦突破[サッ...
あと一歩及ばず
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
主将セレクション2020 : 陸上ホッケー部
主将セレクション「陸上ホッケー部男子」

陸上ホッケー部男子主将セレクション 2020年を語る

中田貴x岩本太郎

「仲良く楽しくLet'sホッケー」

左から中田、岩本


――まずは他己紹介をお願いします

中田大貴「岩本くんは、初心者なんですよ。それなのに毎日一生懸命練習頑張って、今では組織を仕切るようになってくれたので、それは嬉しいです。努力を怠らない、向上心のある素敵な子だと思います。

――言われてみてどうですか

岩本健太郎「まだホッケーは2年しかやってないですけど、こう言ってもらえると嬉しいです。やったかいがありました」

――もともとは何のスポーツを

岩本「小学校から野球やってました」

――硬式

岩本「そうですね」

――逆に中田さんはどんなキャプテンですか

岩本「キャプテンは、正直に言うとずっとフィールダーの真ん中をやってた人なので存在感はチームの中で一番あります」

中田「そうなのよ」

岩本「その中であんまりだれこれだれこれって言わないけど、指揮はしっかりとれる一番頼れる先輩の一人かなって感じです」

――言われてみて

中田「当たり前のことを当たり前にやってきた結果かなと思います」

岩本「きしょ(笑い)」

――キャプテンになった経緯

中田「全部話すと2時間くらいかかるんですけど、端的に言うとキャプテンが辞めたんすよ。で副キャプだった自分がそのまま成り上がった感じです」

――秋は別の方がキャプテンで、中田さんがキャプテンを務める時間は短いが

中田「ちょうどいいですね」

――考えていることとかありますか

中田「やっぱり秋は2部3位とかだったんすよ。毎年僕ら春弱いんで、そこを固めていけるようにしっかり練習してます」


駆け上がる中田


――この冬はどんなとこを重点的に鍛えた

中田「冬は寒いんで、練習試合もあんまりないんで、とりあえず基礎練習をして、冬のうちに基礎を固めて。1回生2回生の初心者を俺ら経験者くらいまで伸ばすっていうのがおおよその目標で。他は楽しい雰囲気で練習する、見てもらったらわかると思うんですけど(笑い)。それが逆に良さだと思うんで、体育会っぽくないというか」

岩本「今言ったことがほとんどなんであんまり言うことないですけど(笑い)、いま上回生が就活でいなくて、3回も人数少ないので、どれだけだれない練習をするか。上回生が帰ってきたときに割れたりしないような練習メニューを考えるのが下級生の仕事かなと」


――ホッケー部的には就活に関して何かルールは決めてるんですか

中田「ありません。善意なんで。練習来る人は来ますし、来ない人は来ない。来ない奴はだいたい試合で活躍してない奴なんで、割り切ってます」

岩本「時間作ってでも来てくれる人はホッケー好きな人なんで、そういう人と一緒にホッケーしたいなと思えますね」


――学年関係なく部内の距離は近い

中田「近いっす。全員同期」

――それは中田さんが1回生のときから

中田「歴代あんまり仲良くないんですけど、俺らが4回になってからめっちゃ仲良くなりました。上は自分らの代だけで集まることが多かったんですけど、俺らはみんなでご飯行ったり」

――プライベートでも

岩本「そうですね」

――下宿してる人が多いとか

中田「そういうわけではないんですけど、練習帰りの昼飯とか、晩飯とか、週3くらい」

――学部の友達とかよりホッケー部

岩本「練習ない日にわざわざとかはあんまないです(笑い)。行く時にはふざけあってます」


笑顔を見せる岩本


――お互いで自分だけが知ってる一面とかありますか

中田「腐るほどあるんやろうけど言葉にすると難しいな(笑い)」

岩本「2,3人は気づいてると思うんですけど、やっぱりオーラが怖いんで(笑い)。意見とかそもそも言える人が少ないですね。無意識のうちに怖いなと思ってると思います(笑い)」

――中田さん的にはどうですか

中田「(その雰囲気は)意識的に出してますね。出ちゃってるんですよね。昔から。中高大全部キャプテンやってるのも関係してるかもしれないですね。キャプテンってどっちかじゃないですか。つっぱるか下から上げるか。下からすくい上げるのあんまり好きじゃないんで(笑い)。一番上は一番上にいとかなあかんやろっていうリーダー論」

岩本「それはそうやな。(中田が厳しい)その分を自分が補っているので。組織的な部分は何も変わってないですね」

――前の代から変わった部分は

岩本「そんなにないとおもいますけど、下級生の自覚はついてきたと思います。特に新3回」

――岩本さんのことでなにか知ってることとか

中田「女がらみとかないんすよ。こいつ陰キャなんで。まあめっちゃ仲いいんですけど、こいつばり人の顔うかがうんですよ。萎えるんですよ。今うかがうところじゃないよなあみたいな。だから頑張れよ」

――人見知りとかではなくて

岩本「人見知りではないです。ただ人のことが気になって、あんまり人の気分を害することをしたくないので」

中田「就活であるよ。適性検査とか(笑い)。協調性を大事にするかリーダーシップを大事にするかのどっちかやから」

岩本「まあ練習の雰囲気が悪い中でやりたくないってのが一番最初にあるんで。毎年就活で練習が割れたりしてるのが今年はあんまりないんで」

中田「全然ましよな。俺が来てるからかな(笑い)」

岩本「来てくれた時にしっかり練習するって考えを下級生が持ってるので」

中田「根本的に仲がいいからっす」


――最後に目標をお願いします

中田「私の第1志望は出版社です。あれ、就活の話ですか?」

岩本「やめとけや(笑い)」

中田「チームとしての目標は変わらず2部1位で入れ替え戦に勝って1部昇格。インカレ出場やな」

岩本「それが一番やな」

中田「個人的には部員を増やす。新歓ないんで。ホッケーを嫌いになってもらわないように。で、いっぱい遊ぶ。そしたら仲良くなるんで。そういうところもホッケーにつながってくると思うんで

岩本「練習メニューとか考えるのも大変なんで、3回生が4回生がいないときにどれだけチームの雰囲気をよく練習できるかが大事だと思うんで、チームとしてはそこを大事にしていきたいです。個人的には3年間やってきて最後4回生の人たちといいプレーをしたいです」


〇プロフィール

中田大貴(法学部4年/172㌢・55㌔)

岩本健太郎(スポーツ健康科学部3年/173㌢・65㌔)


【主将セレクション2020バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について