同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
新たに見えた課題
実力差見せつけられ2連敗
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'19秋の展望 : ラグビー部
'19秋の展望「ラグビー部」

ー 間もなく後半戦突入 ー


例年10月上旬から11月下旬にかけて行われる関西大学ラグビーAリーグだが、今年は一ヶ月の前倒しの開幕となった。全国選手権への出場を懸けた本リーグは、1戦1戦の結果が重要となる。夏合宿終了から開幕までわずか2週間足らずということで苦戦を懸念されたものの、山本(商4)率いる紺グレは秋リーグ通算成績3戦3勝と面目躍如な活躍ぶりで前半戦を折り返した。


 試合前に円陣を組む様子


 8月31日に同志社の開幕戦は行われた。初戦の相手は、昨年入れ替え戦にて関大を下し見事Aリーグに昇格した摂南大。勢いに乗る新興校を相手に同志社は52-403季ぶり開幕戦にて勝利を収めた。「今まで取り組んできたFWの頑張ってきた成果がでた」(萩井監督)。夏合宿で重点的に強化したフォワード陣によるゴール前でのアタックが機能し、モールからのトライを量産した。今季の同志社は、近場での攻撃が大きな強みとなるだろう。一方で、失点を免れることができず、メンタル面での問題が明確となった。

 

夏合宿時に行われた定期戦にてモールをする様子


続く、第2節対近大。激動のシーソーゲームを制し49-42で白星を掴み取った。前戦に引き続き、フォワード陣が粘りを見せた。崖っぷちからの逆転トライを奪い、前戦で見つかったメンタル面での克服を見せつけた。だが、「簡単に抜かれてしまい多くの点数を取られてしまっている部分に対して、選手一人一人のタックルから組織全体のアタックまで見直す点があると思います。」(主務・岩本)と、新たにディフェンス面での課題が浮き彫りとなった。



 フォワード陣の活躍で決めたサヨナラトライに喜ぶ選手たち


そして、前半最終戦となる第3節対大体大。62-17で快勝を収め、開幕3連勝を飾った。前半こそ、ディフェンスで相手に気圧され失点を許すも徐々に息を吹き返し同志社の伝統である「展開ラグビー」を体現した。フォワードとバックスが一体となり紡ぎ出す多種多様なプレースタイルは、今季構築した最大の武器ともいえるだろう。

 

客席に向かって校歌を歌う選手たち


まもなく長期にわたるワールドカップシーズンが終わり、後半戦が幕開ける。この休戦期間に行われた関東勢との定期戦を経て、同志社はより一層強くなった。ただし、それは他校にも言えることだ。次戦の相手は今年度の春季トーナメントにてスクラムで圧倒し、完封勝利を収めた関学大だ。今後は、これまで以上に熾烈を極めた戦いが予想される。激戦を制し、日本一の称号を掴み取る。【文責・川中真那】

【'19秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について