同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
インカレベスト16で今季終...
予選リーグ突破できず
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'19秋の展望 : バスケットボール部
'19秋の展望「男子バスケットボール部」

リーグ戦2巡目に向けて


9月に開幕した秋リーグ。一巡目を終えた現在の通算成績は1勝8敗と決して満足できるものではない。


今季を通して課題となっているのは、後半戦からの粘りだ。2戦目、対関大戦では前半12点リードで終えるも後半相手が追い上げを見せ、第3Qには56―52の4点差に迫られる。最終Q残り1分、6点リードしていた同志社。しかし徐々に点差は縮まり残り3秒、ファウルでフリースローを与えると1点ビハインドに。最後の攻撃で放ったシュートはリングを通らず、敗北。接戦をものにできなかった。


ベンチの様子。


また、5戦目では現在暫定順位1位につけている京産大を相手に善戦を見せた。前半はインサイドの古村(商4)、田邊(商4)を中心に得点を決め、5点リードで終える。3Qでは長﨑(法2)のアグレッシブな攻撃が光り、一時6点リードに。しかし、連続3Pで1点差に迫られると、最終Q流れをつかんだ相手に連続得点を食らい逆転を許す。奮闘したが強豪には敵わず、またも接戦を落とした。


沸き上がる選手たち。


あと一歩のところで粘れず、最終的に相手に流れを奪われ勝てない状況が続いている同志社。課題が明確となっている今、上位に食い込める可能性はまだ十分にある。1つでも多く勝利を飾るために、彼らはここから再出発を切る。(岡本莉奈)


【'19秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について