同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
夢破れた全日本
限界に挑め!超トレーニングレース
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
'19秋の展望 : フェンシング部
’19秋の展望「フェンシング部」

勝負の秋

1016日~20日の5日間で関西学生フェンシング選手権大会が行われる。個人・団体共に全国大会出場をかけた重要な大会だ。特に個人戦では全身を的とするエペ、団体戦では王座3位とチーム力抜群のサーブルに期待がかかる。

エペで注目すべきはこの2人。まずは、二ノ宮(商3)だ。先日行われた全日本選手権ではベスト16入りを果たすなど着実な成長を遂げている。長い手足と素早い突きで相手を翻弄、次々とポイントを奪う。続くは吉村(スポ4)。全日本選手権ではベスト8だったものの、エペ国内ランキング2位を誇る同志社の絶対的エースだ。豪快な突きと巧妙な駆け引きで勝利を掴む。


得点を決め喜ぶ二ノ宮


鋭い突きを見せる吉村


団体戦では6月に行われた王座選手権で男女ともに3位となったサーブルだ。有効面(点数となる的)が上半身のみの種目である。フルーレ、エペとは異なり、「突き」だけでなく「斬り」が加わりダイナミックな攻防戦が繰り広げられる。


個人戦・団体戦共に目指すは優勝だ。若き戦士達の熱いシーズンが始まる。(雄島未来)

<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'}


【'19秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について