同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
油断が生んだ、ミス痛手に
笑顔で秋季リーグ戦締めくくる
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
準硬式野球部 人物語 : 準硬式野球部
2019年度秋季リーグ開幕前キーマン特集 「前田遼太朗・菅野豪琉」

関西選手権での敗戦から数か月。新主将・佐藤大晟(社3)率いる新チームが始動し、ついに9月19日から秋季リーグが開幕する。それに先立ち、本企画では今日から3日間注目選手のインタビューを公開します!


第1回は、チームから様々な面で期待されている前田選手と菅野選手の下級生コンビです!


〇前田遼太朗

笑顔の前田(右から2番目)


――この夏成長したと思うポイント

前田「今までは結果にこだわってたところを、エラーでもいいから出塁できるように考えるようにしたりとか。自分は2番バッターで、後が小松(社3)さん、(佐藤)大晟(社3)さんと続いていくので、その2人で1点でも多く点が取れるように。そのために自分が出塁しようと心がけるようになりました」


――小松が成長してると言っているが

前田「去年のフレッシュリーグの時からこの代と野球をするのが楽しかったので、照準を秋リーグに合わせて練習しました。素振りとかはもともとしていたんですけど、力負けしたくなかったので筋トレのグッズを買って自宅でしたのが成長につながったのかなと思います」


――自分の持ち味

前田「脚、盗塁です。1番バッターが塁に出れなくても、自分が出て、すぐ盗塁してチャンスを作ったりしてたことで2番に抜てきされたのかなと思います」


――春から意識して取り組んだ練習

前田「2番になってからバントする機会も多くなってきたので、自分からプレッシャーをかけて失敗しないよう練習してきました。あとは内野フライでアウトになると試合の流れとか悪くなるので、フライが上がらないように上から打つことを心がけてきました」


――チームで切磋琢磨してる選手

前田「外野陣はポジション関係なく上から良い3人が選ばれると思うので、その3人に残れるように外野手全員刺激を受けてるって感じです」


――2年生の雰囲気

前田「春リーグの時から比較的2回生がベンチに入ることが多くなって責任感とかも出てきたので、自主練とか朝練を2回生が積極的にするようになりました。そういう姿を1回生に見せて真似してもらったり、3回生にもそういう姿を見せていくようになったと思います」


――秋季リーグへの意気込み

前田「最終的な目標が日本一なので、まずは全勝でリーグ優勝したいと思ってます」


〇プロフィール

前田遼太朗(まえだ・りょうたろう)

神奈川県立弥栄高校出身。

166㌢・63㌔。

ポジションは外野手。

右投げ右打ち。

スポーツ健康科学部2年。


〇菅野豪琉

走る菅野


――この夏成長したと思うポイント

菅野「打撃が成長したなと思って、前回の春のリーグ戦で充分な結果を残せなかったので、そういった意味で自分なりにバッティングも工夫して、結果を残しやすいというか、打率残せるようなバッティングができるようになってきたかなと思います」


――守備について

菅野「春怪我してDHで試合出てたんですけど、今は肘も投げれるようになったので。守備も元々そんなに苦手じゃないので、ちゃんとチームのピンチとかを救える守備をしてあとは打撃専念していきたいと思います」


――以前、練習がきつくなったと言っていましたが

菅野「1個のプレーに対する声がけとかが厳しくなって、1つのミスに対して「負けるぞ!」とか、「それで負けるぞ」みたいな集中力の高さは、練習量もそうですけど強くなったと思います」


――それによってチームの雰囲気が変わったところ

菅野「最近練習試合で負け越しているというか、勝ちきれてないんですけど。そういったところだと、まだ練習にももっと覇気だったり勝つ気持ちとかが足りてないと思うんです。チーム全体としては声がけから勝ちを意識してやっているので、勝ちたいという思いは練習から出ていると思います」


――意識して取り組んだ練習

菅野「バッティングです。バッティングで、甘いボールを捉えれるようにとか。練習後に素振りをするときに、ちゃんとピッチャーを全部意識して、どういうボールくるとか、考えて打ったりして、イメージの世界ですけど、そういうの大切にして練習しています」


――秋季リーグではどう活躍したいか

菅野「打撃で活躍したいなと思います」


――秋季リーグへの意気込み

菅野「先輩たちのなかで試合させてもらえてるんで、自分が小さいプレーしてもしょうがないので、どんどん前に出して覇気あるプレーでチームを鼓舞していきたいなと思います」


〇プロフィール

菅野豪琉(かんの・たける)

岩手県・花巻東高校出身。

172㌢・68㌔。

ポジションは外野手。

右投げ右打ち。

商学部1年。



【準硬式野球部 人物語バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について