同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
油断が生んだ、ミス痛手に
笑顔で秋季リーグ戦締めくくる
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
出身特集 : バスケットボール部
「男子バスケットボール部」北陸地方・石川県

[加賀の星、古都で燦然(さんぜん)と輝く。]



石川出身の同志社の救世主、古村(商4)。地元の公立中学のバスケ部に入り、彼のバスケ人生がスタートした。

中学3年生の時、石川県選抜に選出された。それが古村の転機となる。県選抜で、全国中学校バスケットボール大会の常連、布水中のメンバーと出会った。そのメンバーから「石川県のバスケを強くしよう」という誘いを受け、北陸学院高に進学。バスケ部の創部から関わり、高校3年間の厳しい練習を耐え抜き、メンタル面でも成長できた。現在のチームメイトである、主将・田邉(商4)とは、それぞれの県の選抜として高校時代に出会っていた。

そして、同志社のバスケ部の監督・コーチの熱心な説得を受け、入部を決意した。

熱烈な期待を背負って、京都に来た彼は、大学生活の自由さに一番驚いた。高校時代にバスケ部で、私生活においても厳しい指導を受けていた彼にとっては、違和感があった。だが自由度が高い分、「やればやるほど力になる」と思い、全力で挑んだ。

また、京都に来る前に持っていた、関西人の「ボケたら、ツッコんでくれる」というイメージが、チームメイトの「全部のボケを拾うと思うなよ」という言葉に覆された。

昨年のインカレ出場の立役者で、リーグ戦では優秀選手賞を受賞するなど、誰もが認める絶対的エースは、大学卒業後に関西を離れることを決意している。

東京で就職し、関東の実業団のバスケリーグに挑戦する。


プレッシャーを圧倒的な力で跳ね返し、スーパースターとなった、古村から目が離せない。(藤田航輔)


〇プロフィール

古村健一(ふるむら・けんいち)

石川県・北陸学院高校出身。190㌢。商学部4年。インサイドでのパワープレーを得意とし、チームの主軸を担う。

【出身特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について