同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
岡山大に6点差で圧勝
ベスト16の壁破れず
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
出身特集 : 準硬式野球部
「準硬式野球部」東北地方・岩手県

[みちのくの切り込み隊長]


昨季は打率リーグ3位でベストナインに選出された


岩手県から同志社に来て、準硬式野球部に所属する小松。小学校三年生の時に少年野球の監督の家が近かったことがきっかけで野球を始め、岩手の自然の中でのびのびと過ごした。高校は岩手の強豪・花巻東高で3年間野球をし、現在は準硬式野球部の1番打者として活躍中だ。


試合前にはリラックスした表情を見せる


彼の地元、宮古市も震災の被害を大きく受けた。津波はすぐ近くまでやってきて、食べ物や飲み物が不足。さらにはガスも止まってしまい、辛い状況が続いた。この震災で命の大切さに気付かされ、そこからは楽しんで野球ができるありがたさを感じながら日々練習している。


関西にやってきて初めのころは言葉の違いに戸惑った。高校まで岩手から出たことのない彼にとって関西弁は憧れであると同時に、コミュニケーションの壁となった。言いたいことが上手く伝えられない、そのもどかしさから方言を使わないことが増えた。だが関西の交通の便のよさ、すべてがそろった大都会は新鮮そのものだった。今ではその生活にも慣れて充実した生活を送っている。


4年生たちが引退し、最高学年となった今。プレー面と精神面の両方でチームを引っ張っていく。岩手のヒーローが京都の舞台で輝き続ける。(杉山友基)


〇プロフィール

小松悠哉(こまつ・ゆうや)

岩手県・花巻東高校出身。174㌢・70㌔。最高学年だが「自由に」との理由で役職にはつかなかった。右投げ左打ち。ポジションはセカンド。社会学部3年。


【出身特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について