同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
2019年度秋季リーグ開幕...
悔い残るも課題見えた
2連勝の裏に見えた課題[J...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
‘19ルーキー特集 : ラクロス部
'19ルーキー特集:甲斐雅人、永江亮也


今年から、リーグ戦の舞台に復帰する男子ラクロス部。

現在開幕中の準公式戦であるBリーグでは、二戦中、一勝一分けとまずまずの出だしだ。また今年も、一部リーグに名を連ねる強豪校との仮想リーグが行われる予定で、日々の練習にも熱が入る。

そんな男子ラクロス部に今年も大勢の新入生が加わった。

今日はその中でも異色を放つ2人の選手、甲斐雅人(経1)と永江亮也(経1)を紹介する。


左から甲斐、永江



1人目は甲斐雅人だ。

学生主体で部活を運営しているという点に魅力を感じ、ラクロス部に入部を決めた。また「新歓時期に同立戦を見て、先輩のプレーに魅了された」のも、入部のきっかけになったと話す。高校時代は、バスケットボール部に所属していた。バスケットボール部で、たくさん走り込んだことが今の基礎体力につながっていると感じている。攻守のどちらにも対応できる選手が集まるMF(ミッドフィルダー)というポジションについた甲斐。持ち前の俊足で、相手を圧倒する存在になってほしい。

ルーキーに選ばれて「期待に応えられるように頑張りたい」と謙虚に話す。一見真面目で大人しそうな青年が、フィールドではどのようなプレーを見せてくれるのか楽しみだ。


同志社国際高等学校出身の2人



二人目は永江亮也だ。

大学で何か打ち込めることが欲しいと考えていた時に、同立戦を見てかっこいいなと思ったことが入部の決め手となった。高校時代の部活は野球部。野球部時代、重点的に強化した腕を振る力のおかげで、ショットが速く打てていると話す。ポジションはAT(アタック)だ。ATはチームの得点源となる選手が集まるポジションである。永江自慢の腕で、チーム唯一無二の選手になってほしい。

ルーキーに選ばれて「誇りに思う部分もあるが、今後も努力して頑張りたい」と意気込んだ。大学1年生とは思えないほど、落ち着きのある永江。回生リーダーとして、今後もチームをけん引する存在となるだろう。



甲斐と永江は、出身高校も学部も共通しており、一緒に授業を受けるほど仲が良い。9月に開催される新人戦サマーステージでは、息の合ったプレーを見せてくれるだろう。今年こそ、サマーの舞台で優勝トロフィーを持って笑顔を浮かべる彼らの姿が見たいーー。(小野真央)


◯プロフィール

甲斐雅人(かい まさと)

(経済学部1/17463/同志社国際高等学校出身)

ポジションはMF。高校時代はバスケットボール部に所属していた。



永江亮也(ながえ りょうや)

 (経済学部1/17676/同志社国際高等学校出身)

ポジションはAT。1年生の回生リーダーを務める。高校時代は野球部に所属していた。

<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; color: #454545; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'}

【‘19ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について