同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
2019年度秋季リーグ開幕...
悔い残るも課題見えた
2連勝の裏に見えた課題[J...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
‘19ルーキー特集 : 卓球部
’19ルーキー特集:近藤怜央

春季リーグでは7位と、思うような成績とならなかった卓球部男子。目標とする関西制覇へ向け、厳しい状況だが新たな戦力となるルーキーも台頭した。期待の新人の名は近藤(文情1)。持ち味のサーブを武器に勝利を重ねる。



サーブを放つ



新人戦でベスト16入りを決めると、春季リーグ第2戦の関学大戦でリーグ戦初出場を果たす。デビュー戦の相手となったのは新人戦で敗れた中村。拮抗した展開にも堂々としたプレーを披露した。3ゲームを連続で奪い、ストレート勝利。「勝利することができてよかった」と笑顔を見せた。初のリーグ戦を白星で飾った。



ガッツポーズを見せる



兄の影響で卓球を始めた。練習を重ね、長野県の強豪・松商学園高に進学。実力者揃いの高校でも仲間たちと切磋琢磨した。最終学年では主将も務め、悲願の県大会10連覇を達成。「OBや親御さんたちなど、たくさんの人の応援と期待に応えられて、大きな達成感を感じた」と快挙の瞬間を語った。


同志社に入学した理由は「文武両道に頑張れるところに魅力を感じたから」。卓球という「武」のみならず、様々な分野を学ぶことができる文化情報学部で勉学に励み、「文」にも努力を怠らない。



デビュー以降も活躍を見せた(撮影・内藤界)



華々しいデビューを飾り、以降のリーグ戦では何度も起用され、大きな活躍を見せた。6月の関西学生選手権ではランク入りを逃したが、8月に行われるインカレ予選(個人の部)の通過、本選出場を目指す。大型左腕ルーキーの躍進から、目が離せない。【上野孝輔】



〇プロフィール

近藤怜央(こんどう・れお)。長野県・松商学園高校出身。普段は右利きだが、卓球のプレー時は左利き。170㌢・60㌔。文化情報学部1年。


【‘19ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について