同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
'19ルーキー特...
3年ぶり、関西王者奪還!
'19ルーキー特...
全日本大会、東の壁破れず
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
‘19ルーキー特集 : バレーボール部
'19ルーキー特集:中川香梨、今川愛優奈

 バレーボール部に新しい風が吹き込んだ。4月、5月の2ヶ月にわたって行われた春リーグでは早くも新入生の活躍を見られた。その中でもひときわ輝きを放ったのがアタッカーの中川(商1)とセッターの今川(スポ1)だ。


 1人目の中川香梨は小学3年生からバレーを始め、バレー歴約10年にのぼる。身長164センチと小柄ながらも高い身体能力を生かし、鋭いスパイクを放つのが特徴だ。「1年生らしく思いっきりプレーしたい」と語った中川は、この言葉通りリーグでも思い切ったプレーを見せた。さらに、サーブでも正確なコントロールで得点へとつなげた。早くも攻撃の軸としてチームに欠かせない存在になっている。


サーブを放つ中川


 2人目の今川歩優奈は、高校時代は厳しい環境で大学ではバレーを続けないことも考えたという。しかし、今の同志社のチームの明るい雰囲気に惹かれ入部を決めた。春リーグでは入部してわずかな期間で、アタッカー陣と息を合わせスタメンに抜擢された。1年生ながらチームの司令塔として、抜群の安定感を見せている今川の今後の成長から目が離せない。


アタッカーにボールをトスする今川


 人数不足に悩まされていたバレーボール部女子。今年度はマネージャーを含め10人もの新入生が入部した。春リーグ3部降格と思うような結果は残すことができなかったが、新戦力を獲得したチームはさらなる成長を遂げるに違いない。【平野紗有里】


○プロフィール

中川香梨(なかがわ・かりん)

大阪府・東海大仰星高校出身。164センチ。ポジションはアタッカー。商学部1年。



今川歩優奈(いまがわ・あゆな)

京都府・洛北高校出身。159センチ。ポジションはセッター。スポーツ健康科学部1年。

【‘19ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について