同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
3位入賞も、関東の壁を痛感
7年ぶりベスト16!!
近畿男子の日常~シーズン編...
北澤秀太・西村さくら・日下紗
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
主将セレクション2019 : 卓球部
主将セレクション「卓球部女子」


卓球部女子主将セレクション

2019年を語る

朝田依×塩見

「切磋琢磨しあえるよきライバル」


右:塩見紗希(商3) 左:朝田茉依(商4)


ーー他己紹介からお願いします。


朝田「塩見紗希、商学部何回?2回?3回か、3回生で、卓球部のエースです。(笑)高校の時に全国優勝を経験してて無茶苦茶頼りになる後輩です。」


塩見「朝田茉依、4年生、強い選手です。カットマンです。」


聞き手「カットマン?」


朝田「攻撃型と守備型があるんですけど、こっちが攻撃型で私が守備型でダブルス組んでます。結構マイペースですね、この子は。やっぱ強豪校に揉まれてきたんですごいしっかりしてます。」


塩見「朝田選手は本番にすごく強くて試合で団体組んでると負ける気しない、心強いです。」


ーー卓球を始めたきっかけとあと何歳頃から始められました?


朝田「小学校1年生の時におばあちゃんの家に卓球台があってそれで遊んでみたのがきっかけですね。」


塩見「私も小学校1年生からしてるんですけど、柔道してて勝てなくて卓球を始めました。」


聞き手「柔道されてたのですか?」


朝田「柔道?そっちの方がいいんちゃう(笑)」


聞き手「柔道は小さいころから?」


塩見「そうですね、小っちゃい頃から。」


対談する2人


ーー今日対談相手を選ばれた理由教えてください。


朝田「ダブルスを組んでいて、私たちが卒業して後にもうほんとに主軸となる選手なんで、今も主軸なんですけど。」


塩見「インキャ?」


朝田「それはいらないな(笑)」


ーー去年のシーズンの振り返り、反省点お願いします。


朝田「春季リーグでは優勝したんですけど秋リーグ3位って落ちてしまって、その原因に私が最後二敗してしまったのが原因なので、今年こそは負けないように出た試合全部勝つように頑張ります。」


塩見「リーグ戦は今言ってもらったとおりなんですけど、インカレっていう全国の団体戦があってそれで去年はすぐ負けてしまったので今年はベスト4に入れるように頑張りたいです。」


ーーどういった魅力があって同志社大学卓球部に入られたのですか?


朝田「中学校の時に、同志社練習しにきたときにすごい雰囲気よくてそっから同志社に憧れるようになって、んであとはもう実家丸太町なんですけど、家がめっちゃ近いからですね。」


塩見「関東と迷ってた時に高校の時の監督からおまえはこっちがいいって言われて流されて、、。」


聞き手「流されて?(笑)」


朝田「もうちょっと意志もってきてや(笑)」


塩見「でも今はほんとに同志社でよかったって思います。」


サーブを構える塩見


ーー今のチームの雰囲気教えてください。


朝田「1年生が6人やったけ?」


塩見「7人。」


朝田「え、7人?結局、、」


塩見「7人なるかもしれない。」


朝田「とりあえず6人(笑)6人増えて今まで全員で7人だったんですよ。一気に6人増えたんで、すごいにぎやかになって1年生が新しく入ってくれたことでチームが活性化されました。」


ーーその入ってくられた新入生のなかで注目選手はいますか?


朝田「うーん、誰なんやろ?」


塩見「朝田さんと同じクラブチームだった子が。」


朝田「山本っていうんですけど、商学部の子で。」


塩見「期待の星です!でもみんな強い。」


聞き手「そうですよね。なんか推薦的な感じですよね?」


朝田「あーそうですね、ここ2人とその山本っていうのは推薦ですね。」


ーー注目選手も入ってこられてこれからどういったチームにしていきたいですか?


朝田「どんなチームにしたい?(笑)」


塩見「なんか今まではみんなで頑張ろうって感じでほとんどの選手が試合に出れた部分もあったんですけど、人数が増えた分試合に出れる選手も限られてくるので同志社の中で高めあって、いいライバルとして高めあえたらないいなって思います(笑)」


朝田「そう、切磋琢磨ですね。やっぱ1年生も脅威なんでうちらも試合に今まで出させてもらってたけど、下がいるんで奮い立たされます。」


ーー主将としてどういった責任を感じられますか?


朝田「責任?(笑)」


聞き手「どうやって引っ張ているかとか。」


朝田「あーうーん、背中で見せる。」


聞き手「自らがお手本になって?」


朝田「そうですね。いろんな人に支えてもらってなんとかやってるって感じです。」


ガッツポーズをとる朝田


ーーどういったところ気にかけて練習してますか?


朝田「なんやろ。あ、高校よりも練習の量が大学減ったんで、ただ練習してるだけじゃもう落ちていく一方なんで質を高めようと思って、短期集中。もうほんとにミスしないようにしてます。」


塩見「自分が今何が足りてないかを考えて練習時間短いんですけど、必要なことを探して克服できるように、、あと得意なところをどんどんやってあげていきます(笑)」


ーーご自身のチームでの役割は何だと思いますか?


朝田「うーん、やっぱキャプテンなんで成績を出さないとだめなので、リーグ戦では、、え、貢献してることですよね?」


聞き手「はい。」


朝田「勝ち越してる。」


塩見「だいぶ(笑)」


朝田「何勝いま?38勝ぐらいかな、3敗ぐらいで多分貢献してると言っていいのではないでしょうか(笑)」


塩見「だいぶしてます!私もどちらかというと試合に出させてもらってる、1年生のときから出させてもらってる立場なので、自分の成長よりもなるべく勝ちで貢献できるように。私はまだできてると思えてないので、これからできるように頑張ります(笑)」


朝田「やってきてるやん(笑)めちゃかしこしてるんですよ。自身もって!」


ダブルスプレーでの2人


ーー今年の目標、意気込みお願いします。


朝田「さっき、紗希が言ってくれたインカレベスト4とリーグ戦春秋、、」


塩見「もっと上にしてもいいですよ(笑)」


朝田「んじゃインカレ優勝で。」


聞き手「インカレ優勝で(笑)」


朝田「インカレ、、優勝ねー(笑)まずその前に関西で優勝したいですね、春秋と。」


塩見「はい。春秋リーグ優勝はもちろん、インカレもあと個人戦も全日学シングルスもダブルスも頑張りたいです。」


朝田「卓球試合多いもんな。なんかオフシーズンがなくて、ずっとシーズンなんでずっと試合ある感じで。」


塩見「楽しいです(笑)」


昨年の秋リーグの悔しさをばねに今年はリーグ戦春秋ともに優勝を目指す同志社。それぞれが自分たちの武器をもって、お互い切磋琢磨しあいながら良きライバルとして成長していく。新入生が加わり新体制となった今、これからの彼女たちの活躍に目が離せない。(聞き手 国本夕渚)


主将 朝田茉依(商学部4回生/希望ヶ丘高校)


塩見紗希(商学部3回生/四天王寺高校)


【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について