同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
3位入賞も、関東の壁を痛感
7年ぶりベスト16!!
近畿男子の日常~シーズン編...
北澤秀太・西村さくら・日下紗
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
'19春の展望 : 女子バスケットボール部
'19春の展望「女子バスケットボール部」


‟全員バスケ”で勝利をつかめ


冬の冷たい空気を残しながらも、体育館の中は選手たちの熱気に包まれていた。試合直前のアップ、そして試合中のベンチ。同女バスケ部の大きな声は、会場1の盛り上がりをみせる。


アップ開始時、気合入れの円陣

盛り上げ隊長の管沼(経4)。シュートが入ればみんなで喜ぶ


4月13日から行われている全関西女子学生バスケットボール選手権記念大会では、1、2戦ともに100点ゲーム。また、第3戦も昨季負けを喫した神親和大相手にリベンジを果たし、好調な滑り出しを見せている。


昨年チームの司令塔として活躍を果たした小根澤(スポ卒)が卒業した今、チーム全体でのボール運び、また協力プレーが求められる。今大会は、誰かが1人活躍するのではなくチーム全員でパスを回し攻める、まさに“全員バスケ”を彷彿させる試合展開だ。シュート後はチーム全員がリバウンドルーズを徹底。粘り強く攻め続け得点を重ねた。ディフェンス面でも、当たりの強いマンツーマンディフェンスで相手を圧倒。常にカットを狙う攻めのディフェンスは、その後のオフェンスにも好影響を及ぼす。実際に3戦とも速攻での得点が多く、チームを大いに盛り上げた。


昨年からチームの主力として活躍していた選手も多く、経験を生かしたコンビネーションプレーにも注目したい。

高身長を活かし、同女の得点源ともいえる河合(同女4)は今チーム副将としてチームを支える。「チャム(主将・後藤/社4)をしっかり支えるということと、プレイ面でも精神面でもチームの柱として自分が走り回りたいです。そうやって勢い付けたい。」と力強く語った。


副将・河合


昨季は5勝6敗、2部で6位と悔しい結果に終わったが、現在3連勝中・ベスト16進出を決めている。続く相手は、昨季まで1部リーグで戦ってきた関外大。厳しい戦いが予想される。しかし、2部優勝1部昇格を目指す彼女たちにとっては鍵となる一戦だ。こだわり続ける“全員バスケ”で勝利を収めてほしい。(福田千乃)

【'19春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について