同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
伊藤 インカレベスト8!!
帰ってきたリーグ戦の舞台 ...
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
'19春の展望 : 空手道部
’19春の展望「空手道部」

新たなイロ、カタチ


どのチームにも自分たちの色がある。昨年度は主将仲谷がチームをまとめ引っ張ってきた。一人一人が自分に厳しく、緊張感を持った練習を重ねた。そこから生まれた男子団体形部門、日本一。王者として挑む同志社は今年どのような色を描くのか。


全日本の頂点に輝いた男子団体形



 選手たちがまず初めに出場する関西個人戦はもう目前。団体戦とは雰囲気を大きく変え、自分自身の強さを証明する場だ。やはり男子で期待の的となるのは舟久保絢哉(商4)だ。個の成績は去年の関西個人戦、オープン戦シニアクラスでそれぞれ準優勝を飾り、チームでも一二を争う。また団体形部門にて仲谷(スポ卒)、藤田(スポ4)と共に悲願の全日本初制覇を成し遂げるなど、中心となってチームを盛り上げてきた。常に個人と団体の両大会でチームを最前線で引っ張る実力者だ。


昨年関西個人戦での舟久保



 女子の注目選手はこれまで関西個人・全日本個人優勝という結果を残す清水那月(スポ4)。飛躍は日本だけには留まらず、第11回FISU世界学生空手道選手権大会での優勝を果たしている。二年に一度、世界33カ国からトップ選手が集うこの大会で、日本代表として出場し「大学世界一」の称号を手に入れた。今年度出場の大会では彼女が世界に見せたキレのある演舞を武器に、日本王者、世界王者としてのプライドを賭けた試合に期待したい。


全日本制覇をした清水


 「今年は元気が良くて、活気があるチーム。盛り上げて楽しい環境で日本一をとりたい」(福本)。新主将・福本隆稀 (商4)は団体の目標として男女形部門、組手部門での「全日本四冠」を掲げた。男子団体形チームを筆頭に、全員で頂点を目指す。既に新チームは始まっている。全国で名を連ねる凄腕揃いの同志社で、個人でも団体でも表彰台を埋め尽くしてほしい。新たなカタチの同志社空手道部がもう一度歴史に名を刻む日はすぐそこにある。(藤田彩花)


【'19春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について