同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
3位入賞も、関東の壁を痛感
7年ぶりベスト16!!
近畿男子の日常~シーズン編...
北澤秀太・西村さくら・日下紗
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
'19春の展望 : バドミントン部
’19春の展望「バドミントン部女子」
’19春の展望「バドミントン部女子」

バドミントン部女子の今年度の目標は、「去年を越える」。
4月から新体制が始まり、この春は新たな門出となる。
関西春季リーグが4月末からから始まり、彼女らの戦いはすでに始まっている。
先輩たちの思いを受け継ぎ、そして新たな1年生も加わり、新しいチームを作っていかなければならない。
去年はリーグ戦を準優勝という惜しい成績で終わった。今年こそは。
主将の長町(商3)は「今年はチームのキャプテンっていう立場ではあるけれども、試合で絶対に勝たなければいけない位置なので、チームをプレーで引っ張っていきたい。チームの中で言い合える関係を作って、みんなで高め合い、強く成長していきたい。目指すは、リーグ戦全勝して、ベスト4になって去年を越えます。インカレでもベスト8。」と決意を表した。
ガッツポーズをする長町(商3)


今年度の注目選手は期待の新人、京都リーグでも強豪相手に対等の試合を繰り広げ、勝ち切ってきた山部日菜子(商1)だ。
強力なパワーもあり、かつ、巧みな技術を誇る。高校時代でも成績を残している。特にシングルスを得意とする。
そして、キャプテン・長町にも目を離せたい。高身長から繰り出されるスマッシュなど、類稀なるポテンシャルで相手を圧倒する姿はまさに同志社のエースだ。彼女たちの今後の成長と活躍に期待したい。
サーブを打つ山部(商1)


昨年に引き続き同志社の前に立ちはだかるのの宿敵・龍谷大学である。
関西、西日本大会で毎年優勝しており、全国でも結果を残している強豪校だ。
因縁のライバル、立命館大学も見逃してはいけない。油断してはいけない相手であり、京都リーグでも彼女の前に立ちはだかった。
目標を果たすためには、強豪がひしめくリーグ戦を突破しなければならない。
決して優しい道のりではないが、怯むことなく全員で立ち向かい、念願の優勝を勝ち取ってほしい。(柳ケ瀬 達彦)

【'19春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について