同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
課題見つかった新体制
インカレベスト16で今季終...
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'19春の展望 : 体操競技部
'19春の展望「体操競技部」

目標に向けて

体操のシーズンが幕を開けた。同志社は新体操と器械体操が一緒になって練習している。お互いに良いところを取り合って切磋琢磨している。

明日、和歌山県立体育館に行なわれる関西学生体操選手権大会(器械体操の部)で器械体操のシーズンは始まる。男子団体の目標は300点を越えることだ。カギとなるのは谷(理工4)、玉井(理工4)、水野(生命3)の3人だ。全日本インカレ出場に手の届く範囲まで来ている実力者だ。彼らがどこまで点を伸ばせるかが、目標の実現に大きくつながる。


つり輪の演技をする玉井


今季の主将・谷


副将を務める水野


4月28日には花園大学(京都府)で関西学生選手権大会(新体操の部)が行なわれる。注目選手は今大会2連覇中の堀(スポ3)だ。去年の今大会、優勝は果たしたものの、本人が納得いくような演技をすることができなかった。今大会、結果と内容伴う演技をし、幸先の良いスタートを切りたいところだ。


連覇に期待がかかる堀


個人個人の目標は器械体操と新体操で違う。しかし、目標の実現のためにそれぞれの練習の良いところを取り入れるのが強みだ。目標の実現へ、最高のスタートを切りたい。(宇佐美義人)

【'19春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について