同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
明暗を分ける優勝
'19ルーキー特...
’19ルーキー特集:麻生汐...
リベンジ果たし全国4位
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
第109代 同志社ラグビー部特集 : ラグビー部
副将 服部綾

第109代 同志社ラグビー部特集


109周年目を迎えた同志社大学ラグビー部。伝統を繋いでいく選手たちを独自に取材し、それぞれの魅力や思いについて特集する企画です。関西復権へ、最前線で戦う戦士たちに迫ります。


2人目は、今年度副将を務める服部綾(スポ4)です。



学生ラグビーも最終局面を迎えた。東福岡のスターであった服部は109代目副将を務め、古豪復活へ主将山本(商4)、副将古城(スポ4)と共にチームのトップとして突っ走る。


ラグビーとの出会いは小学校の頃。友達に誘われ何気なく楕円球に触れた。小学校の最後の試合で勝利した事が継続するきっかけとなった。その後、常翔啓光学園中学に入学しラグビーとひたむきに向き合った。高校まで上がる事も可能だった。だが服部は「高校は東福岡でしたかった」。九州へ渡り、強豪校の門を叩いた。


高校2年時には日本一、3年時には東海大仰星に競り負けベスト4も輝かしい経歴のを持ち主だ。また高校日本代表にも選出され、現在のポジションであるNO8だけでなくPRやHO、FLなど幅広く経験。何事もそつなくこなす万能ラガーマンだ。


「永富さん(商卒・現クボタスピアーズ)がいたので」。高校時代の先輩であった永富の背中を追いかけ、服部も2016年に同志社大学の入学を希望した。


試合中、コミュニケーションをとる選手たち


1,2年時は怪我に苦しんだ。強靱な肉体を持つもそれらを生かせず、自分の納得のいくプレーができずにいた。

昨年の秋リーグは第4節の立命大戦までフル出場。だが怪我で降板。納得のいくシーズンを未だ送れずにいる。


怪我により途中交代となった


2年時はLOとして試合に出場していた。昨シーズンでは東福岡でプレーしていた時と同様、NO8に戻った。「2年生の時には体重が110キロあった。今は100キロまで絞って筋肉で体重を増やしている」。結果、アジリティーやキレが増し、NO8としてのやっていくための走力を身につけることができた。


「高校の頃から様々なポジションを経験したが、今はNO8を希望している」。現在LOには堀部(社4)や平澤(神4)など服部に引きを取らない肉体を持つ選手がいる。NO8ではボールタッチが増える。どんな状況でもゲインするボールキャリー力が求められるNO8で服部は今年度も勝負をする。


抱擁を交わす服部


タックルの成功率、ボールキャリー力、状況判断能力。NO8としてやっていくために、この3つの技術向上を誓った。

FWの一番最後尾として、相手のアタックをどうディフェンスするのか、またどのようなアタックを繰り出していくか。NO8の指令1つでチームの命運を左右する。そのためにも特に状況判断能力は欠かせないものだ。


アタック、ディフェンスどちらにおいてもチームの中心を担う


新チームの雰囲気について聞いてみると、「かなりいいと思う。俺たちの代は声を出す選手が多い」。頼る先輩たちが居なくなった分、自分たちが進んで行動起こす。そんな中でも同期は特にチームのモチベーションアップのために声出しや、後輩たちへのアドバイスを頻繁におこなっているそうだ。


オフの日について聞いてみた。「冬はスノボー、夏はサーフィン。実家が寿司屋ということもあり、料理が趣味」。基本的にはオフの合うラグビー部と冬にスノーボードをするそうだ。先輩たちにもスノーボードに連れて行ってもらっていたが、引退して一緒に行けなくなり寂しいそうだ。


ゲレンデでの1枚


服部が普段から大事にしている言葉がある。それは「初心忘るべからず」だ。ラグビーを始めようとしたきっかけ、趣味を続ける理由、それは誰もが一番最初に感じる楽しいという感情だ。「初めてラグビーに触れたその瞬間をずっと大事にしている」。

辛い場面に何度も遭遇した。その中でも楽しむことを忘れない。


「初心忘るべからず」


学生最後のラグビー。今年は春の成績が秋シーズンに大きく影響する。例年以上、勝ちにこだわる必要がある。「勝ちを目標にして、内容をそれ以上にする」。FWリーダーである服部は、FWで点を取っていくようにしたいと語った。FWは昨シーズンからスタメンを張っている選手が多く、今年度はまさに集大成といえるだろう。迫りくる敵を食い止め、勢いそのままカウンターを仕掛ける。攻守共に万能である服部が、紺グレを勝利に導いていく。(文責:川田翼、レイアウト:川中真那)



○プロフィール

服部綾(スポーツ健康科学部4年/183㌢/100㌔/東福岡高校)

趣味はスノーボード、サーフィン、料理。好きな食べ物はオムライス。

【第109代 同志社ラグビー部特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について