同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
やったで!!!劇的勝利や!!!
’19春の展望「バドミント...
打線振るわず、勝ち点持ち越し
主将セレクション「バドミン...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
主将セレクション2019 : 弓道部
主将セレクション「弓道部」
弓道部主将セレクション2019年を語る
浩幸×武祐貴×土井璃奈
「古い伝統にとらわれない」

左から土井恵璃奈(スポ2)、武石祐貴(文2)、主将・松本浩幸(商4)


ーなぜこのメンバーを選ばれましたか?

松本:去年の主将が、活躍してる人よりもこれから活躍してほしい人を選んでいたので、今年は去年この子(武石)はリーグで1番的中が高かったのと、この子(土井)は関西選手権で10位だったので、去年活躍してくれた子達を選びました。

ー選ばれた気持ちはどうですか?

土井:え、選ばれて?(笑)緊張しかしてない(笑)
松本:なんで(笑)会話したらええやん。
土井:素直に嬉しいんですけど。今年も去年以上の結果をしっかり出せるように頑張ろうと思いました。去年よりも部活に慣れて、仕事にも慣れてきて、自分の射について考える時間が増えたので、射としっかり向き合って強くなっていきたいなと思います。
武石:僕は、多少期待されているというか、そういうのが感じられて身が引き締まる思いです。今年、去年以上の結果を出せるように頑張っていきたいと思います。

ーお互いのイメージはどうですか?

松本:武石はかなり真面目な子なので、ちょっと肩の力を抜いていいんじゃないかと思うところもあるんですけど、その真面目さを持って自分達の代をまとめてくれたら嬉しいなと思います。土井はムードメーカーというか、結構うるさいところが目立ちますけど(笑)ピリッとした所が多い競技なので、そういうところでオンオフの切り替えをやってくれればいいかなと思います。ちょっと今怪しいので(笑)
一同:(笑)
松本:その辺は今後の期待というか、そういう所ですね。みんなを明るくしてくれるので。

ー主将さんに対してどうですか?

武石:主将でありますし、2つ歳が上なので、肩書きとか壁とかいうものって普通はありそうなんですけど、そういうのが全然なくて、主将としても頼りにしてますし先輩としても近い存在というか。とても意見も言いやすいですし、逆に上からの指導も聞き入れやすい
ので男子としても(松本のおかげで)まとまりやすい環境ができているかなと思います。
松本:なんか恥ずかしいな(笑)
一同:(笑)
土井:普通に休み時間とかお話しさせていただいてめちゃくちゃ楽しいんですけど。部活の時間になって、私は女子の先輩に聞くことが多いんですけど、男子の同期とかが松本さんにここどうしたらいいですか?って聞いたらすぐに答えられてて。知識量もすごいし、実際弓引いてる時もすごいし、尊敬してます(笑) 
松本:ありがとう。
一同:(笑)

ー今年のチームの雰囲気はどうですか?

松本:僕が1年生の時から「改革」といいますか、「伝統」って言われ続けてきたんですけど、ここおかしいかなって思う部分があって。伝統の中にも。そういう所を変えて色々やりやすくした上での「伝統」を繋げていくっていう気持ちを持って、ここおかしいっていう部分をちゃんと変えれるようにしたいですね。僕のイメージとしては先輩は意味あるない関係なしに「とりあえずやっといて」って感じなんですけど。意見を言い合える場を設けられたらなと思います。でもただ文句を言い合うだけじゃないっていう雰囲気作りとかをやれていけたらいいなと思います。

ー注目選手はいますか?

松本:関かな。関君っていうセレクションの子がいるんですけど。男子(2年生の中で)5人中1人その子がセレクションで、ちょっとプレッシャーも感じているかもしれないんですけど、伸び伸びと楽しく引いて、的中が出てくれればなと思います。
土井:女子ですか?
松本:誰でもいいよな(笑)
一同:(笑)
松本:みんな期待っていうことで。
武石:男子から見ても女子は結構選手層厚い方なので、羨ましいなと思っています。

ー突然なんですが、オフって何されてますか?

松本:僕自身、疲れを癒すとかストレス解消自体が何もしないことなので。正直時計の秒針をずっと目で追うだけでもいいぐらいなので(笑)あんまりアウトドアなタイプではないですね。誘われたら全然行くんですけど、自分から誘うのも少しめんどくさいですし。誘われて行こうってなっても、当日になってめんどくさくなるっていうタイプなので(笑)行ったら楽しいのは分かってるんですけど、家出るのがめんどくさいので、家で作業できるのが1番楽です。自分の家もここまで遠くて、平日が登山みたいな感じなので、休日は家でゆっくりしたいです。 
武石:僕も部活以外で活発に動くタイプではないので、部活の疲れを癒す時間として使ってます。
土井:フットワークすごく軽くて、学校帰りに1人でも梅田行ったりするようなタイプなんですけど(笑)家でテレビをぼやっと見たりする時間が嫌いで、1時間空いたらお菓子作ろうとか。お菓子作ってるか外出て遊びに行ってるかどっちかなんで。疲れを癒すっていうよりかは、溜まったストレスを外で爆発させるっていう(笑)

ー最後に今年の目標を教えていただきたいです。

一同:1部昇格。
土井:去年のリーグは個人としても団体としても、波があったので安定して高的中を出せるチームを作り出していけたらなと思います。個人は去年初めて出た関西選手権で10位を獲ることができたので、今年は10位以上を獲れるようにしていきたいです。後、去年リーグ戦で納得のいった試合が1試合しかなかったので、インカレとかでも悔いを残さないように今まで以上に一本一本大切に引いていけたらなと思います。
武石:個人としては、大学に入って高校よりも周りにレベルの高い人がいたり、練習量が増えたりして進歩できたかなと思うんですけど、まだ粗い部分があるので、今年は去年以上の結果を出して的中面でチームを引っ張れたらなと思います。周りにも良い影響を与えられるぐらいの的中を出せるように成長したいと思っています。
松本:男子としても、リーグは2部なので1部昇格っていう所なんですけど。周りの大学が強い学校が多く揃ってるのでその辺にも善戦できるように。結局コンセプトとしては、楽しく引けたらいいなと思うんですけど。試合を見てても、守りの姿勢より攻めの姿勢が必要なんじゃないかなって思います。強い相手でも怖気付かず、勝つつもりで。勝敗自体は正直どっちでもいいんですけど、勝つつもりで負けたら仕方ない、勝ったら嬉しいっていう感じでやっていけたら男子団体としてはいいかなと思います。個人としては、去年3年生までやってて目立った成績とかなかったんですけど、今年最後ですし主将でもありますし、何かしら残していきたいなとは思っています。自分ばっかりじゃなく、周りも見て導いていかないといけない立場なので。背中で語るといいますか、力をつけつつ周りを見つつ引っ張っていくっていう全体を総括するところが一番重要かなと思っているので、その辺をしっかりしていきたいですね。

昨年は男女共に2部リーグ残留で終わった。今年こそ悲願の「1部昇格」を達成すべく、一本一本を大切にするという姿勢で各々が稽古に励んでいる。
また、今年度主将・松本がしきりに強調した伝統の変革。従来の上下関係を重んじるやり方から、上級生から下級生まで伸び伸びと弓道に打ちこめる環境へ。2019年、弓道部は新たに再スタートを切ったばかりだ。(聞き手 小野真央)


○プロフィール
松本 浩幸(まつもと ひろゆき/商学部4年/橿原高校出身)
高校時代は弓道部だった。今年度主将を務める。
武石 祐貴(たけいし ゆうき/文学部2年/福岡県立小蔵高校出身)
高校時代は弓道部だった。今年度男子副将を務める。
土井 恵璃奈(どい えりな/スポーツ健康科学部2年/甲南女子高等学校出身)
高校時代は弓道部だった。

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について