同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
明暗を分ける優勝
'19ルーキー特...
’19ルーキー特集:麻生汐...
リベンジ果たし全国4位
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
'19春の展望 : ハンドボール部
'19春の展望「ハンドボール部男子」

勝負の春季リーグ


4月6日に開幕した関西学生ハンドボール春季リーグ戦。今年は去年のインカレで大阪体育大が優勝したことにより、上位5チームまでが春季リーグでインカレ出場権を得ることが出来る。攻撃と守備、それぞれの要となる選手がインカレ出場を果たすカギとなってくる。


攻撃の要となるのは、同志社のエース木村(商3)だ。長身から繰り出される力強いシュートは、キーパーの手を弾いてゴールネットを揺らす。ノーモーションから放つため、守備も容易に反応することは出来ない。唯一無二のスタイルで、得点を量産していく。



攻撃陣を引っ張る木村



また守備においては、キーパー石濱(文情2)がチームの要としてプレーする。どんなシュートでも食らいついていき、ゴールを守る。ボールに対する反応速度は関西でも随一と言える。シュートを止めた際には全身で喜びをあらわにし、選手たちの士気を上げる。ムードメーカーとしてもチームに貢献している。



好セーブを連発する石濱



「徐々にチームを完成させていって、一つの形を作り上げたい」(康本・文情4)。現時点では1勝1敗。それぞれの課題は明確となっている。敗北を経験して、同志社はまた強くなる。下を向いてる暇はない。攻撃的守備を武器に、インカレの舞台まで登りつめる。(佐々木太一)


【'19春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について