同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
ベスト8で悔しい幕切れ
'19ルーキー特...
強風の中で
近畿男子の日常~シーズン編...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
主将セレクション2019 : テニス部
主将セレクション「テニス部」

テニス部主将セレクション 2019年を語る

折井太×今井×杉原

「 チーム一体となって」




左から折井(法4)、杉原(法3)、今井(心理4)


他己紹介をーー。

今井:主将の折井は、同期なんでね。

折井:(笑)

今井:なんでそんな恥ずかしがっとん(笑) 僕らの代では1番テニスが強くて、リーグも経験してるんで1番説得力があるのが折井なのかなってやっぱり思いますね。いつも。僕が結構ふざけちゃうとこがあるんで(笑) それを一歩引いて見てくれているんで、頼もしいです。安心してふざけられるではないですけど、ふざけるという役をもらってるなって(笑) ありがたいことです。杉原は1個下の後輩で、副務か?やったよな?

杉原:はい。

今井:まあそんな感じで。こいつは同志社のテニス部の中で1番喋りがうまいんで(笑) 1番面白くて、とりあえず何か困ったことがあれば杉原に回しとけばそれでなんか丸く収まってしまうんで。ほんとに魔法使いみたいな存在です。

一同 (笑)

今井:何かあった時はいつも助けられてて。いつもゴール決めてくれるんで(笑) 会話の中ではトップフォワードです(笑) 得点を絶対に決めてくれる。安心感がある。杉原は杉原なりのいい立ち位置があると思ってます。それが他己紹介です、僕の。

一同 (笑)

折井:そうですね、今井ー。僕らの代がなかなかキャラが薄いというか、そういう方が多いんで1人こういう人がいたおかげでなんとか(笑) いい感じでバランスとれてるかなあと今すごい思ってますね。チームに対して熱い想いを持ってるんで、すごく頼もしいですね。すごい助けてもらってます。

今井:そんなことないけどな(笑)

折井:そうですね。杉原ー。んー、まあ確かに面白いなあ。

一同 (笑)

折井:喋っててもなんかね、万人ウケする。

今井:そう!なんか違うんよね。

折井:他の3回生はね、ちょっと身内ネタに走ってる感じがあって。

今井:ほんとにこれ民放で放送したとしても、杉原は大人までテレビ変えないと思うんだよね(笑)

折井:そうそうそう(笑) ほんとに、身内ネタじゃなくて誰もが面白い感じで。杉原が喋ると大概笑ってしまうんで(笑) あとは、すごいテニス真面目で、頑張ってくれてて。ガッツもあるんで。もっと頑張ってほしいですね。

今井:あのー、(杉原の)テニスについて補足すると、やる気すごいっす!(笑)

杉原:じゃあ、折井さんの方から。折井さんは、今井さんもおっしゃってたように1番テニスが強くて。でもその1番テニスが強いっていうのは、影で努力されてるからで。去年リーグ出られたんですけど、それも2回生の冬にしっかりランニングとかを影でされてて。結果があるから折井さんの言うことをみんな聞くっていうのもあるんですけど、影で努力されてるっていうのも正直ちょっと見えるからみんなが言うこと聞くっていうのは結構僕たち後輩は感じてて。でも、折井さんは優しすぎる面も正直後輩の僕たちからはあります。

今井:否めんな。

杉原:はい。正直3回生はキャラ薄いって折井さんがおっしゃってましたけど、僕たちから見たらだいぶキャラ濃いんで(笑)

一同 (笑)

今井:そういうこと!わかるわかるわかる(笑)

折井:それはそうやな(笑)

杉原:その役割分担がある中で、折井さんがしっかりと意見を言う時は、僕たちもしっかりとその意見を受け入れようって思いますし、やっぱり結果と影での努力というのがあるからという風に感じてます。今井さんは、やっぱりだいぶ熱い人で(笑) テニスも、僕は結構一緒に練習させていただくことが多くて。あまり戦績が出てない僕たちにも、底上げみたいなように盛り上げてくださるような働きかけがあって。上の人たちばかりが強くなっても、部活としては伸びないと思うんで、下からの底上げということを考えてくださっているなという風にいつも感じてます。

今井:(笑)

杉原:テニスの面でも、すごくガッツあるプレーで。大学入って、レベルについていけないなって思った時に今井さんのプレーを見てて、声とかガッツとか、相手が強くても拾い続けてたら何とかなるって僕も思えるようになりました。そういう部分でも勉強させてもらってます。以上です。

今井:総じて熱い(笑) ありがとうございます。


新体制になってーー。

折井:まあ、雰囲気としては前よりいい意味でゆるくなったというか。いい意味で楽しくやれてるのかなあという感じはありますね。

今井:後輩的にはどう?

杉原:去年よりかは、いい意味でゆるくなったとは思いますけど。悪い意味で言うと正直ちょけてしまう部分もあることはあるんで、それをどうしていくかが今後の課題かなとは思います。

今井:確かに。

杉原:夏だけ頑張ってたらいけないんで、それを今あんまり試合がない期間でどういう風に雰囲気を作っていくかが課題ですね。新しい1回生も入ってくるので。

今井:コーチにも言われたもん、それ。吉備さんにも。俺がパッと思うのは、もうちょっと試合を頭に置いた方がいいのかなっていうのはたまに思って。部活楽しいし、練習するの楽しいし、わーってなるけど、どこかこう、春関あと1週間なんだよなって思うとまたプレー変わると思うし。その広がったちょけりっていうのは、どこかその試合っていうものがあるの1つで1つにまとまったりだとか、緊張感が若干生まれてくるって思ったから。比較的そういうところをこれからの練習でもそうだし、言ったりだとか。っていうのを目指していけばまあその改善点みたいな。問題点だった広がりすぎて逆にそれがまとまってないというところが少しは解消されていくのかなっていうのは考えてはいるし。まあ確かにそのちょけた時に、楽しいもんね?(笑) 楽しいな?(笑)

杉原:はい。

一同 (笑)

今井:まとめたら、雰囲気自体は結構わいわいして盛り上がっててよくなってると。でもそこからくる問題点としてまとまりがちょっと無かったりとか、それがちょっと悪い方向にいったりしてて。なにかその試合ということに重きを置いたりすることで少しは改善していければいいなと。


新1年生での注目選手はーー。

折井:俺みたことないしな(笑) 名前しか知らん(笑)

今井:名前でいいよ!戦績とか見て。

折井:戦績見て?ああ、あの山岸くんという人がいまして。1個上の山岸さんという先輩の弟なんですけど、インターハイとか全国選抜とかで上位に入ってて。そのチームの中でも主力なんで、すごい期待できますね。リーグ戦ではもちろん、活躍してほしいですね。

今井:結果だけで見て、即戦力間違いなしです。次のルーキー特集は、山岸くんに決まりです(笑) 言っちゃった!

一同 (笑)

今井:ぼくはまあ、岩田真優ですかねえ。結果だけ見たらほんとに岩田山岸っていうのが。全国大会出てるのあの2人だけだっけ?鈴木くんはでも団体戦で出たか?

杉原:はい。

今井:個人で出てるのは多分その2人しかいなくて。で、身長が185近い!

折井:そんなあんの?

杉原:ほぼ足(笑)

今井:そう!ほんとに。めちゃくちゃでかい子がいて、サーブもあるし、しかも球も速いしっていうので、大学に入って伸びてほしいなって思いますね。個人の期待として。今までの戦績もありますし、それプラスでこれからもっと伸びていってほしいなっていうのがあるんで。1回生のうちから、たくさん練習して活躍してほしいなって。強くなってほしいっていう希望です(笑)


新2回生はーー。

今井:新2回生ねえ、5人おるよね?笑

折井:うん(笑)

杉原:じゃあ今井さんから(笑)

今井:いやいやいやいや折井。1人ずつ言っていこう(笑)

折井:僕は、あのー、木本(笑)

今井:(笑) まあまあまあまあ。確かにね。

折井:ぶっとんだやる気があって(笑) 恐ろしいほどやる気があって、なんかもう練習中も人一倍声出して頑張ってて。試合中もすごいガッツあって。

今井:ガッツあるね。

折井:パフォーマンスというか、試合中にコートで自分を表現できるし、そういうメンタルの強さもあるんで。あとは課題として、体力がちょっと少ないかなっていうぐらいですね。

今井:フィジカル面。

折井:はい。そこをしっかり頑張ってくれれば、今年はちょっと大活躍しそうな雰囲気がありますね。 

今井:リーグでね。

折井:すごい団体戦も盛り上がりそうだよね。

今井:団体戦向きだよね!あいつ。

折井:うん。すごく期待してます。どうぞ。

今井:杉原いいよ。俺言っていいの?(笑) 俺言っていいの?

杉原:はい。

今井:僕が期待してるのはですねえ、笹渕って子がいて。元々大分県の舞鶴高校っていう強豪校にいて、同志社に来たんですけどなんか伸び悩んでるみたいな印象が自分にはあって。1番最初の試合では惜しいとこまで行ったんですけど、春がそれで夏から結果がイマイチ出せてなくて。でもプレー自体はなんかこう勝てるものはあるのかなあと。だからこそあとは結果というものが付いてきたら、もっと自信持ってできるのではないかなあと。今強いのが2人いて、笹渕はその次に来るっていう形で。中間層なので、そこが1つ結果出すっていうのは2回生の中でもいい影響にはなってくるのかなと思うので。そういう期待とかも込めて。結果だけ出ればあいつ自身もスッキリすると思うし。今この時期に頑張ってもらって、1回でも結果残したらチームにもいい影響が出るし、あいつ自身もなんかいいのかなって思うんで。勝ってほしいなって思います。はい、どうぞ。

杉原:僕が注目しているプレイヤーは、三上で。正直おっしゃってたように、新2回生の中で強い2人は三上と木本で。三上は、1回の時にもうリーグ経験してて、ダブルスのめちゃめちゃ上手いプレイヤーなんですけど。ダブルスだけじゃなくて、最近シングルスも伸びてきてて。名古屋高校の時はシングルスは不安定なイメージがあったそうなんですけど、大学入ってからは、やっぱり折井さんとか大窪とかの直属の先輩の背中を追いながらシングルスも頑張ろうという姿が最近見えてて。ダブルスもこの間の新進でもベスト16で。今後も春関、夏関で上位進出できそうなプレイヤーだなあと思います。

今井:確かにね。名古屋に助けられてますね、我々は。

杉原:はい。

今井:名古屋に助けられてます。ほんとにお世話になってます!(笑)

折井:全然だよ。

今井:(杉原の)手がゴマ擦ってるよ(笑)


今年も名古屋高校から新1年生が入られるんですかーー。

折井:そうです。鈴木くんっていう。

今井:その子も戦績で言えばどれくらいなんだろう?

折井:んー、結構戦績は残ってるね。岩田くんと山岸くんに比べるとちょっと劣るんですけど。全然リーグ戦出れる実力があるんで。

杉原:サーブは大窪より速いって聞くんで。

折井:期待できますね。 

今井:鈴木くんね。活躍してほしいね。みんなサーブがいいよね、名古屋って。総じて。

折井:(笑)

杉原:リーグの速い江坂のコートでも活躍できるような速いサーブ持ってるんで。ものすごく戦力としては。

今井:男子校は熱いよね(笑)

一同 (笑)


今年の目標ーー。

折井:チームとしては王座出場ということを目標にやってますね。それに向けてチーム作りをしっかりやっていこうと思ってます。個人としては、リーグ戦にシングルスで出場することを目標に頑張ってます。

今井:僕はとにかく本戦に出ることは目標です、それは。やっぱり副主将として組織を引っ張っていくってなった時に絶対に戦績というのは1つの要因としていると思うので。とにかく本戦に出場し続けることっていうのは1つ目標として掲げてます。なおかつ結果が出てくれればうれしいです。

杉原:部としての目標は、王座出場です。そのために個人としても各々がしっかりと目標を持っていかないといけないと思います。


新体制になり、新たな雰囲気になった同志社テニス部。頼もしい幹部と注目選手を筆頭に部全体が一体となり、今年はさらなる飛躍を目指したい。(聞き手:鈴木葉、川田翼、和田尚人)


折井勇太(法学部4回生/名古屋高校出身)

優しくチームを見守る今年度主将。


今井翼(心理学部4回生/修道高校出身)

主将セレクション3年連続登場!絶対的ムードメーカー。


杉原史宇(法学部3回生/同志社高校出身)

副務として部を支える。今年は本戦出場を目指す。

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について