同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
主将セレクション「バドミン...
強豪・龍谷大に敗戦。勝ち切...
フルセット制せず
主将セレクション「自動車部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
主将セレクション2019 : フィギュアスケート部
主将セレクション「フィギュアスケート部」
フィギュアスケート部主将セレクション2019年を語る
中村希×吉川紅×島田
「個人競技だからこそ、絆を深める」

左から、島田(社3)、中村(文3)、吉川(商2)

――まず、対談相手として中村さんがお2人を選んだ理由は
中村「2019年度の主務と副将です。普段から仲が良いというのもあるんですけど、2019年度にたくさん仕事をする仲になるなと思ったので選びました。」

――役職はどのように決められたのですか
中村「2回生はどのように決めた?」
吉川「2回生は…立候補ですね」
島田「素敵や(笑)」
一同「(笑)」
中村「主務は?」
島田「私はマネージャーで2回生の時に副務をやっていて、主務になる前提の副務だったので…そのままって感じです。主将は、監督と同期と話し合って…」
中村「相談して決めたかな」

――お互いの性格や印象などを教えてください
中村「じゃあ私から!(笑) 美紅ちゃんは、すごく話しやすくてフレンドリーなんですけど、指導する時とかはすごく真剣で細かく熱心に教えてくれているので頼りがいのある後輩やなぁと思って私は見ています。」

――2回生の中でも指導しあったりなどされるのですか?
吉川「2回生の学生初めの選手たちに教えていますね。」
中村「吉川は7級で、スポーツ推薦で入ったので、部の構成としては7級とか小さいころからスケートをやってる子は学生初めの子に教えることになっているので、2回生でも教える側に回ってもらうことはたくさんあります。」

中村「島田は去年副務をやっていたということもあって、1年間幹部の動きがすごく分かっているので、小さなことでもちゃんと気づくし誰よりも周りを見ていて。私が気づいていないところでもすぐに気づいて早く挨拶に行ったりとか、気配りがすごく上手いですね。だから、私は幹部が初めてなので頼りがいのある主務を横において頑張ろうという感じです(笑)」

吉川「中村先輩は、学生初めなんですけど、とても自分を持っているというか…何事に対しても真面目に一生懸命取り組む先輩で、言わないといけないことはしっかり言うので、とても主将に向いていると思います」
中村「あら…(笑)泣いちゃうもうそんなん!嬉しい(笑)」
島田「ニヤニヤが止まってなかったね(笑)」
吉川「話していても、小さいころからスケートをやっている身として、新しい感覚を受けてとても良い刺激になっています。」
中村「ありがとう!」
吉川「島田先輩は入ったころからマネージャーとして先輩だけどマネージャーで裏側を担ってくれているというか…最初は少し変な感じだったんですが、どんな時でも頼れる先輩です。皆さんのことをとても見ているので、空気を読むのも上手いし」
中村「上手いね。」
吉川「気配りも出来て、学生初めの人たちも、経験者の人たちも練習している人たちが気持ちよく練習できる環境を作ってくださっていつも助けてもらってます。」
島田「やったー(笑)」
中村「べた褒めですよ唯ちゃん(笑)」
一同「(笑)」

島田「中村さんは、すごく頑張り屋さんで…」
中村「そうかな?(笑)」
島田「そうやで(笑) あと後輩思い…あんまり人を褒めたことないから言うの難しいねんけど…(笑)」
一同「(笑)」
島田「この部活って、大学初めと経験者と混在しているんですけど、経験者の人が上に立つことで良いことももちろんいっぱいあるんですけど、そこで大学初めの人のことが分からなかったり…その気持ちもすごく分かるんですけど。最近はずっと経験者の方が主将だったので、学生初めの人が主将になることで、新2回生も新しい大学初めの子の指導に力を入れられるように今計画を練ってくれていて。すごく期待しています(笑)」
中村「頑張ります(笑)」
島田「吉川さんは、うーん…(笑)なんて言ったらいいんやろう(笑)」
中村「まさかの?(笑)」
吉川「(笑)」
島田「違うねん!(笑)いっぱい好きやねんけどな、こういう時言えへんタイプやねん!(笑)」
中村「いっぱいありすぎて逆に浮かばへんねんな!(笑)」
島田「そやねん!(笑)うーん…誰とでも馴染めるタイプだなって思っていて。だからこそ先輩でも気軽に話してくれるし、それがすごく嬉しいし…2回生の子の中で、技術面も声かけて指導してくれているなと思うし、しっかりしているなと…なんかもっと特別なこと言いたいねんけどなぁ(笑)」
中村「言いたいって思ったらこんがらがっちゃうから、シンプルにやな(笑)」
島田「そやな(笑)…好きです!(笑)」
吉川「私も好きです(笑)」
中村「告白大会になっちゃってる(笑)それに詰まってるね、全てが(笑)」
島田「これ…記事にできる?(笑)」
一同「(笑)」
中村「危ない危ない!(笑)」

――応援の際にも同志社勢の仲の良さが際立っているように思いますが
中村「そうですね。他の部活に比べたら、すごくフレンドリーにやっていると思います。しっかり敬語などのマナーも守りつつ、仲は良く応援もまとまって出来る団体に…今もなっているんですけど、さらにしていきたいです。」

対談中にも、3人の仲の良さが見て取れた


――来シーズンに向けて、個人での目標と部での目標を教えてください
中村「個人的には、オフシーズン中に2級を絶対取ることと、試合でシングルアクセルを決めることです。部としては…久しぶりの大学初めの主将なので、スケート長年やってきた人の方がスケートに関してはたくさん知っていると思うんですが、大学初めの感覚や不安な気持ちは私の方が分かる部分もあるので、私にしかできない指導をこなしていけるように頑張ります!…あれ、これ個人としての目標かな(笑)」
島田「大丈夫、いけてるいけてる(笑)」

――吉川さんは、怪我から復帰されたんですよね
吉川「そうですね、私は怪我した分人よりスケートがしたいという気持ち、スケートが好きという気持ちが強まったと思うし、怪我も良い経験だったかなと思いますし…完全には前みたいにジャンプしていいとか許可は下りていないんですけど、焦らずに自分のできることを1つ1つやっていって、来シーズンは復帰で間に合うか分からないんですけど、その次のシーズンは近畿通って西日本通ってインカレも出て国体も出て…って頑張っていきたいと思います。」
中村島田「頑張れ―!」
吉川「副将としては…2回生をまとめるのは当たり前なんですけど、中村先輩が学生初めとしての主将で私が経験者なので、バランスが取れるかなと…」
中村「補い合えるな!(笑)」
吉川「はい!サポートできるように頑張りたいです。」

島田「私の主務としての目標は、監督やOBさんとの連絡を細やかなものにして、部の運営をもっと円滑にして、これまで通りみんなをしっかり見て、サポートできたらと思っています!」

今回の対談で、大学初めの人もスケート経験のある人もお互いに刺激を受けながら練習を重ねていることが感じられた。新しい価値観を共有しながら1人1人が成長していけるように。新体制となったフィギュアスケート部の未来に期待が高まる。(聞き手:井代奈那子)

♢プロフィール
中村咲希(文学部3年/161㌢/大阪府立住吉高校/趣味:フィルムカメラ・旅行)

吉川美紅(商学部2年/155.5㌢/京都外大西高校/趣味:サイクリング)

島田唯(社会学部3年/154㌢/同志社女子高校/趣味:音楽鑑賞・スケート観戦・ラテアート)

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について