同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
'19ルーキー特...
3年ぶり、関西王者奪還!
'19ルーキー特...
全日本大会、東の壁破れず
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
第109代 同志社ラグビー部特集 : ラグビー部
109代目主将 山本雄貴
第109代 同志社ラグビー部特集

109周年目を迎えた同志社大学ラグビー部。伝統を繋いでいく選手たちを独自に取材し、それぞれの魅力や思いについて特集する企画です。関西復権へ、最前線で戦う戦士たちに迫ります。
1人目は、今年度主将を務める山本雄貴(商4)です。


創部109年を迎えた同志社大学ラグビー部。「関西の雄」として長く君臨していたが、関西リーグにおいて2017年は6位、2018年は5位と低迷、史上初2年連続で選手権出場を逃した。厳しい現状を打破すべく新主将に山本雄貴が選出、再建を託された。

「同志社大学でラグビーがしたかった」。小学校からラグビーを始め、同志社中学に入学。夢を叶えるため、同志社高校へ進学し進路を進めた。もちろん同志社大学への入学を希望し、念願の紺グレの一員となった。

高校時代では1年生の頃から試合に出場、2年生では京都府予選の決勝へ進出。花園をかけて戦った大一番で敗北。3年では中学に続いて主将を務めるも、京都ベスト4で高校ラグビーは幕を閉じた。

憧れの同志社大学に入学してからは険しい道のりを辿った。伝統のある同志社には全国から猛者が集う。1年時はDチームで出られるかぐらいの選手であり、悔しい日々を経験。しかし強みであるハードワークを継続、努力を積み重ね、2年時に関西セブンズのメンバーに選出された。その後には追加招集という形でU20日本代表のメンバーに選ばれた。明大、早大、天理大などの強豪校において、下級生の頃からスタメンを張り続け、現在では主力として活躍する選手らと共にプレーをした。

3年の秋、初戦の京産大戦でWTBとしてスタメンを掴み取り、チームに貢献。コンバージョンも確実に決め、キッカーとしての活躍もアピール。しかし怪我から復帰した高野(社卒)にスタメンを奪還され、リザーブに甘受した。

昨年の京産大戦では14番を背負い出場

ハイタッチを交わす選手たち 左から江金(経4)、安田(商卒)、元主将・山口(商卒)、山本

109周年目を迎えた今、山本が新主将となりチームをけん引する。「中高と主将を務めた身だが、やはりこの人数で主将を務めるという不安が大きかった」。だが、トップとしてチームを引っ張ってきた経験が彼にはあり、心がけていることがある。
まず山本は自分の発言の重みを増させるために、自分が行動を起こす。「やれ」と言わず山本自らが行動で示すことを意識している。また山本のスタイルとして言葉でチームを鼓舞する。チームとのコミュニケーションの重要性を認識しており、自分自身が発する言葉は大切にしている。

「目指しているキャプテン像は、日本一のチームのキャプテンです。本当にそれだけです。」山本は率直にこう答えた。「日本一という結果になるために、日本一のチームになろう」。新体制が始まって一番最初に放った言葉だ。それは挨拶、態度や整理整頓の部分であったり様々である。自分たちの持ち味を存分に活かし、弱みがあるならそれらを克服する。言葉だけでなく、1つ1つを形にし、実際に行動へ移せるチームを築き上げていくと力強く語った。

主将としてチームを引っ張る

2019年度のスローガンは「GO!GO!GO!」。込める意味としては常にチャレンジャーであり、その精神を持ち続けること。そして、1人1人が主体性を持ち、自発的に行動するという意味も含んでいる。常に前に進み続ける、極めて勢いのあるスローガンだ。
また「GO!GO!GO!」は同志社の創設者、新島襄の言葉でもある。これには続きがあり、「Go, go, go in peace. Be strong! Mysterious Hand guide you!」直訳すると、「平和のうちに進め。強くあれ。進み続ける者は神の見えざる手が助けてくれる」。そのため安心して進みなさいという意味だ。進み続けることで進んだ先に必ず良いことが訪れる。日本一という目標に向かって、歩みを止めることはない。

今年度のスローガンは「GO!GO!GO!」

間も無く春シーズンも開幕を迎える。とにかく1つでも多くの勝利を掴み取り、流れに乗りたいところだ。「どきどきです。でも1つ言えるのはプレーの面でもチーム作りの面でも「GO!GO!GO!」し続けてる。いい準備ができていると自信を持って言えます」。勝利にはWTBとしての山本の力強いプレー、ハードワーク、そしてキャプテンシーが必要不可欠。今年はこの男がチームをけん引し、同志社大学ラグビー部の復活の狼煙をあげたい。(文責:川田翼、レイアウト:川中真那)


○プロフィール
山本雄貴(商学部4年/177㌢/88㌔/同志社高校)
趣味は音楽鑑賞。好きな食べ物はカレーライス。

【第109代 同志社ラグビー部特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について