同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生デュアスロン選手権
第19回全日本学生室内アー...
ヒューマンヒストリー片岡樹...
ヒューマンヒストリー今井栞...
同志社のフィギュアスケート
インカレ開幕!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ヒューマンヒストリー : アーチェリー部
ヒューマンストリー 平子可織「違う道を歩む双子」

高校選抜(JOC:ジュニアオリンピック)で優勝を経験し、現在同志社大学アーチェリー部の一員として活動する平子可織(スポ2)。そんな彼女には食の好みもスポーツの好みも違う双子の妹がいる。


的を狙う平子


中学からアーチェリーを始め、8年間競技を続けている可織。大学でも実力を発揮するため、日々奮闘している。一方、妹の詩織はソフトボールや卓球、バドミントンなど様々なスポーツに携わってきた。現在は地元の大学に通い、他大学の陸上サークルに所属している。

双子ではあるものの似ている部分は少ないようだ。そのため喧嘩は日々絶えない。服を貸し借りするときは、度々言い争いが起きてしまう。

また、誕生日にはケーキの好みも違うため毎年自分の好きなケーキを選ぶことができない。

そこで平子家では1つのルールが設けられている。毎年交互に自分の好きなケーキを選ぶことができるといったルールだ。


チームの一員として活躍する平子


幼い頃からともに過ごしてきた二人だが、現在は別々の道を進んでいる。

喧嘩は絶えない二人だが、刺激を与え合い、心のどこかで互いに大きな存在となっている。同志社大学でアーチェリー人生を全うする可織と大学で勉強とサークルに励む妹。違う道を歩む二人は切磋琢磨して、今それぞれの道を歩んでいる。(大石きらり)


【ヒューマンヒストリーバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について