同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
武庫川女大に粘り勝ち!3-...
悔い残る5位
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
'18秋の展望 : バドミントン部
’18秋の展望「バドミントン部女子」


「一戦一戦勝つ」



明日から7日間、京都府にて第69回全日本学生バドミントン選手権大会が開催される。まさにホームでの全日本大会とあって、選手達もより一層力が入る。


春季リーグでは創部史上最高成績を出し、新チームの強さを見せつけていた同志社。しかし、9月に開催された西日本バドミントン選手権大会では、優勝を目標にしていたものの宿敵龍谷大に敗北しベスト4で終わる。直後に行われた秋季リーグ戦でも、前大会で勝利した関学大に敗戦。敗因として「彼女たちは勝てる実力は付いているはずなのに気持ちで負けている」と村尾勉監督は語った。今大会の団体戦でのモットーは「一戦一戦勝つ」。昨年は団体戦で初戦敗退。納得のいかない悔しい結果となった。創部史上初の女子団体ベスト8進出へ向け、部員全員で立ち向かう。

 


さて、インカレ出場の切符を手にした選手達を紹介しよう。


個人戦シングルスには長町夏実(商2)、藤元真美(商4)、貴虎世奈(神3)、辻瑞貴(スポ4)の4名が出場する。

 

まず1人目は、高身長でパワー溢れるプレーが特徴である期待の2年生エース、長町。長い手足をフルに動かしてどんな球でも取りに行く。秋季リーグでは、第1シングルスと第2シングルスに出場するというマルチプレイヤーだ。今大会でも団体戦と個人戦の全てに出場するため活躍に注目である。



シャトルを取りに行く長町

 


続いて、迫力のある力強いプレーが特徴の4年生エース、藤元。彼女と言えば、なんといってもプレー中の相手への威嚇。普段の柔らかい性格から一遍、試合になると獲物を狙うような鋭い目つきと会場に響く大きな声で相手を圧倒。それに加え、ポイントを決めた時のガッツポーズはどんな苦しい戦いでも勇気を与える力がある。彼女のガッツポーズの虜になった者は少なくはないはずだ。引退前最後の大会、同志社のパワフルプレーヤーとして、その迫力を関東勢に見せつけてほしい。

 


ガッツポーズをする藤元



次に、小さな体からは想像のできない熱いプレーでチームを引っ張る前主将、辻。1年時から団体戦メンバーとして活躍してきた。西日本インカレでの活躍が認められ、先日の秋季リーグ戦では自身のバドミントン人生で初の団体戦でシングルスに出場。その熱い姿勢とフレッシュな笑顔で、今大会も同志社バドミントン部の小さな巨人としてチームを照らしてくれるだろう。

 


バックハンドでシャトルを返す辻


そして、安定感のあるフットワークと確かな技術を兼ね備える主将、貴虎。団体戦ではシングルス、ダブルスともに出場するマルチな選手だが、高校時代、全国選抜シングルスベスト8という大きなタイトルを持つ。主将となった今年度、思うような結果を残すことができず苦しんだ時もあった。それでもひたむきな努力は忘れなかった。今回のインカレでは、「個人戦で1人でも多くベスト8以上に入りたい」と意気込んでいる。部の柱となって、着実な勝利を狙う。

 


レシーブをする貴虎



続いては個人戦ダブルスに出場するペアを紹介する。


まずは西日本インカレではベスト16入りを果たした4年生ペアの辻 瑞貴(スポ4)・木村 綾花(文情4)。

前衛を辻、後衛を木村が担当し、息の合ったリズムのよいプレーが特徴だ。フィジカルの強さと確実なラリーで得点を重ねていく。



シャトルを返す木村㊧と構える辻㊨



入部当時から存在感を放っていた3年生ペアの藤村 沙妃(商3)・貴虎 世奈(神3)は、最後まで打ち続ける攻撃力がある。高身長の藤村が繰り出す鋭いショットは紛れもなくこのペアの強い武器である。そして、相手の攻撃を自分たちのものにする球回しなど、貴虎の巧みな頭脳技にも注目だ。



ハイタッチをする藤村㊧と貴虎㊨



最後に2年生ペアの長町 夏実(商2)・長丸 彩由子(文情2)。今後のバドミントン部を背負っていく存在になるであろう2人。とにかく成長が止まらない。最後までシャトルを追う粘り強さとフットワークの軽さが持ち味だ。確かな実力は持っている、どんな敵にも「立ち向かっていく強い気持ち」が彼女たちの勝利の鍵となる。

 

 

構える長町㊧とシャトルの下に入る長丸㊨



「インカレでは、どこが相手になっても弱気にならず、一戦一戦を皆で戦いたい」(貴虎)。初日に行われる団体初戦の相手は札幌大学だ。どこの大学にも劣らない応援を力に、チーム全員で全国の壁に挑む。(嘉藤 奈緒子)

 

 

集合写真



【試合日程】

13日(土) 団体戦1~3回戦 @西山公園体育館

14日(日) 団体戦 準決勝・決勝 @ハンナリーズアリーナ

15日(月) ダブルス1~3回戦 @ハンナリーズアリーナ

16日(火) シングルス1~3回戦 @ハンナリーズアリーナ

17日(水) シングルス・ダブルス4・5回戦 @ハンナリーズアリーナ

18日(木) シングルス・ダブルス 準決勝・決勝 @ハンナリーズアリーナ

 

【出場選手】

○個人戦シングルス

長町 夏実(商2)

藤元 真美(商4)

貴虎 世奈(神3)

辻 瑞貴(スポ4)

 

○個人戦ダブルス

辻 瑞貴(スポ4)・木村 綾花(文情4)

藤村 沙妃(商3)・貴虎 世奈(神3)

長町 夏実(商2)・長丸 彩由子(文情2)


【'18秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について