同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第96回関西学生サッカーリ...
関大に惜しくも敗北
10得点で大勝。秋季リーグ...
月1座談会 第6弾「幹部が...
選手コメント
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
'18夏の展望 : 体操競技部
'18夏の展望「体操競技部」

関西、西日本の頂点へ上り詰めた堀(スポ2)。次の大会は8月18日、19日に高崎アリーナ(群馬県)に行われる全日本学生新体操選手権大会だ。今夏、全日本の頂へと堀が挑む。<o:p>



スティックの演技を披露する堀


5月に行われた西日本インカレでは4種目中、3種目で1位。個人総合でも優勝を飾った。しかし、課題も見つかった。顕著な種目はリング。関西インカレでも、課題となった種目だ。その後、体の微妙な動き、曲調に合う踊りの部分を綿密に練習した。迎えた西日本インカレ、まさかの事態が起きた。演技終盤で手具のキャッチに失敗した。<o:p>


課題となるリング


原因は練習から試合への運び方だ。練習では出来ている。しかし、試合になると動きが堅くなる。「試合でベストパフォーマンスが出せるように、試合の当日まで計画してやらないといけない」。更なる取り組みの必要性を感じる大会となった。<o:p>

東日本は西日本と比べ、レベルが高い。そのため、1つのミスが命取りとなる。優勝へ照準さだめ、一皮むけた堀の演技に期待大だ。(宇佐美義人)<o:p>

<o:p>

<o:p>

【'18夏の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について