同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
大学アイスホッケー交流戦
主戦力欠けて厳しい大会に
勝てぬ夏学、日本一に暗雲
'18夏の展望「...
'18夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
'18ルーキー特集 : ソフトテニス部
'18ルーキー特集「ソフトテニス部」

1年生ながら大きな存在感を示すのが上岡だ。入学前から華々しい成績を残していた彼が、チームの新しい追い風となっている。<o:p>


フォアを打つ上岡


チームからの期待は裏切らない。安定した強さで危なげなく勝利を引き寄せてきた。先日行われた関西学生春季リーグ戦では、シングルスメンバーとして選ばれただけではない。「初戦は緊張したが、初戦が終わってからは吹っ切れて自分のテニスができた」。そう語った上岡は、5対戦全てで勝ち星を挙げ、チームの主軸として優勝へ導いた。その活躍は、主将である新子からも、大会中のMVPのうちの1人として挙げられるほどだった。その後行われた関西学生ソフトテニス選手権大会では足を負傷し、思い通りのテニスが出来なかったが、上岡の活躍は目覚しい。<o:p>


得点しガッツポーズを見せる上岡


彼のテニス人生が始まったのは小学1年生だった。兄がテニススクールに通う姿を追って自らもスクールへ。その後実力を着実に上げ、上宮中学に進むと全中団体を2度制覇。さらに上宮高校でも全国の頂点に登りつめた。ターニングポイントは、高校2年生の時だった。「ちゃんとしないと勝てないと思いだした」。そう感じ、練習に対してより真剣に向き合うようになった。勝つためには淡々とメニューをこなすだけではなく頭を使うことが必要だと思い、自主練習も行った。彼の強さに、更に磨きがかけられたのだった。<o:p>


技術面での課題は、既にあまりない。今は、パワーとメンタルの強化が課題だと語った。上岡の選んだ同志社というチームで、今後どれだけの活躍を見せてくれるのか。4年後、どれだけの成長を遂げているのか。まさにスーパールーキーである上岡から、目が離せない。(泉 美咲)<o:p>

 

○プロフィール

上岡 俊介。スポーツ健康科学部1年。17968㌔。好きな女優は山崎紘菜。<o:p>

【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について