同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第96回関西学生サッカーリ...
関大に惜しくも敗北
10得点で大勝。秋季リーグ...
月1座談会 第6弾「幹部が...
選手コメント
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
'18ルーキー特集 : カヌー部
'18ルーキー特集「カヌー部」

熱く、暑い!カヌーの季節がやってきた。家族のように笑顔の絶えない同志社カヌー部に今年もフレッシュなニューカマーが仲間入りした。今年のルーキーは5名。全員大学入学前からカヌー経験のある名実共に偉大な選手だ。ルーキーながらも6/23.24に行われた京都府カヌースプリント選手権でも多くの優秀な成績を残した。

決勝レース時の鈴木

一人目は鈴木海渡。海を渡ると書いて「海渡」。この名を付けたご両親もカヌーをやっており、カヌーを行うために生まれてきたといっても過言ではない。名門山形県谷地高校出身でインターハイ4人乗りの部門で優勝の経験もある折り紙付きの選手だ。同志社大学を選んだのは昨年ルーキーであった木村大翔(スポ2)が中学・高校の直属の先輩であるということもあり、大学の環境なども早くに知ることができたことが決め手となった。今大会でも先輩を押しのけ、カヤック一人乗りのB部門で3位。1000mのレースでも疲れを見せることなくしっかり漕ぎ切った。次に控える関カレ・インカレでは特異な種目もできるようになるため自分の力をすべて開放して頑張りたいと照れながらもしっかり思いをぶつけた。

格上とのし烈なレースを繰り広げる山田

二人目は山田和沙。149.8㌢と小柄ながらも艇をこぐ姿は誰よりも力強い。出身校兵庫県立国際高等学校でカヌーが盛んであったということ、他の人がやっていないものをやりたいという好奇心がきっかけで始めた。大学は先輩が誘ってくれたことが契機であった。インターハイ8位入賞の経験もあり、今大会では女子カヤック二人乗りの部門で4位、一人乗りA部門で8位と格上の選手にも全身全霊で戦い抜き、しっかり好成績を残した。人生いつ何が起こるかわからないただ今を全力で生きるという意味の「只今」を座右の銘にしている山田。シングルでは2回生の先輩に勝つことを目標としていおり、かわいらしい笑顔の奥の真剣な眼差しは「只今」を全力で駆け抜け前に向かっている野心の賜物である。得意の波の扱い方で勝利を掴んでいくだろう。

笑顔でレースを終えた中村

三人目は中村天音。2人目の山形県谷地高校出身者だ。兄の影響で始めたカヌー。抜群のセンスで同期の佐藤とインターハイペア優勝の経験がある。勝つことだけではなくちゃんと自分の漕ぎを魅せることも視野に入れて競技に挑む中村。真面目で寡黙な印象を受けるが常に向上心を抱いている。今大会でも後半の失速をおさえ、カヤック二人乗りの部門で大学で出会った山田との息の合った漕ぎを魅せ4位に躍り出た。関カレまでの残りの期間で波に強くなるという新たな目標を掲げた。

後半に追い上げを見せる上田

四人目は上田大賀。195㌢82㌔という抜群のプロポーションは湖の上でも会場でも一際目立つ存在だ。京都府立綾部高等学校時代に全日本ジュニア優勝の経歴がある。大人っぽい見た目とは裏腹にカヌーを始めたきっかけは祖父母が始めていたと可愛らしいきっかけ。持ち前の体格の大きさで艇を1漕ぎした時の距離は誰よりも早いのが特徴だ。その特徴を活かし、今大会ではカナディアンB部門で6位に輝いた。自身の座右の銘として「take it easy」(気楽にいく)を掲げている。しかし、今後の目標は自身の目標だけでなくフォアで先輩方を表彰台に乗せると答え、責任感の強さも感じる。

怪我を乗り越えレースに挑む佐藤

五人目は佐藤友香。マネージャーに今年の期待の新人は?と聞くと多くが彼女の名を挙げた。3人目の山形県谷地高校出身者だ。幼稚園の時にカヌーを見てからそこからカヌー競技生活を続けている。同志社には宍戸・渡邊と早い選手がいるのが入る決め手になった。三人目に紹介した中村と高校時代にペアを組んでおり、世界ジュニア出場、インターハイペア優勝の経験者だ。しかし、今大会の1週間前に足の付け根の筋肉が炎症してしまう。それでもカヤック一人乗りA部門では三位に輝いた。自己管理をしっかり行い、次の舞台でエントリーしたもの全種目で決勝に行き、好成績を残すと約束する。 (川瀬 蒼)


〇プロフィール

鈴木海渡(スズキカイト)

スポーツ健康科学部1年

山形県谷地高校

177㌢・78㌔

趣味:プロレス観戦


山田和沙(ヤマダカズサ)

グローバル地域学部1年

兵庫県立国際高等学校

149.8㌢・51㌔

趣味:洋画鑑賞


中村天音(ナカムラアマネ)

スポーツ健康科学部1年

山形県谷地高校

150㌢・52㌔

好きなバンド:サカナクション


上田大賀(ウエダタイガ)

スポーツ健康科学部1年

京都府立綾部高等学校

195㌢・82㌔

趣味:YouTube鑑賞


佐藤友香(サトウトモカ)

スポーツ健康科学部1年

山形県谷地高校

164㌢・56.7㌔

趣味:洋楽を聞くこと



【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について