同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第96回関西学生サッカーリ...
関大に惜しくも敗北
10得点で大勝。秋季リーグ...
選手コメント
西谷監督へのインタビュー
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
'18ルーキー特集 : 水泳部
'18ルーキー特集「水泳部」

最も層が厚いDUS平泳ぎ陣。今年は新たに2人の顔が加わり、関カレ3枠のレギュラー争いは非常に混戦となった。熾烈(しれつ)な争いの末、200㍍の1枠に滑り込んだのが、新顔の1人、下野友寛(商1)だ。


大きなストロークが特徴的


専門種目は平泳ぎ一本。特に200㍍が強い。200が強い選手に多い体重移動型の泳ぎとは違い、体を前に突き出す前傾姿勢の大きなストロークが特徴的。水泳を本格的に始めたのは小学生の頃、岐阜県北方町にある本巣スイミングスクールに通い始めた。リオ五輪代表の今井月(るな)など、全国、そして世界で活躍する選手を輩出してきた名門スクールだ。そこで日々練習に励んだ下野は、中学に入ってから徐々に頭角を現すと、中学3年次に一気に才能が開花。全国中学200㍍平泳ぎで優勝を飾り、全国にその名が知れ渡った。


オフの過ごし方:TWICEの動画を見てゴロゴロすること


下野のような全国レベルの選手はほとんど関東の強豪校に進むのだが、「関東に行く選手が多い中、自分は関西の同志社に進み、同志社で結果を残し関西の水泳を盛り上げていける存在になりたいから同志社を選んだ」と、あえて関西の同志社の門を叩いた。DUSの一員となって約3ヶ月、「競り合える先輩、同期がたくさんいて毎日刺激をもらいながら練習に取り組めている。競技面ではもちろん、人間性の面でも尊敬できる先輩方がたくさんいて様々な面で自分を強くしてくれる」と、充実した競技生活を送る一方、「寮生活は毎日賑やかで楽しいけれど、仕事がとにかく大変。でもこれも一年生の宿命。これを言い訳にせずに頑張ります」と、寮生活ならではの苦悩も口にした。


全国優勝の経験があるだけに一際注目を浴びる下野だが、全国中学以来、200㍍の自己ベスト(2分14秒13)を現在まで更新できていない。ライバルたちが高校に入ってから現在まで、シニアの大会で結果を残す中、遅れをとっていた。今期のシーズンベストは2分16秒66。関西では十分戦える記録ではあるが、やはり全国となるとまだまだ力不足。「今年こそ、中学の自分を超えたい」。そう言わんばかりに今年の下野は燃えている。「インカレで2分13秒台前半を出して、DUSのシード権獲得に貢献する」。”DUSに貢献する” そう、大学水泳はチームスポーツ。高校までの水泳とはまるで違う。個人ではなく、チームで戦うのだ。”チームのために”今まではなかったその熱い思いが、自己べスト更新への起爆剤となるに違いない。中学時代の輝き、いや、それ以上のものを、DUSという最高のチームで放ってほしい。(愛甲純平)


4年ぶりの自己べスト更新へ!


◯プロフィール

下野友寛(しもの・ともひろ)172㌢69㌔

県立岐阜商業高校出身、平泳ぎ専門

ライバル:雲井銀河(スポ1)

自己べスト

100㍍平泳ぎ

短:1分1秒68

長:1分3秒33

200㍍平泳ぎ

短:2分11秒98

長:2分14秒13

【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について