同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
'18秋の展望「...
立命大に敗北 2部残留決定
同立戦、粘りを見せるも2戦...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
主将セレクション2018 : 射撃部
主将セレクション 「射撃部」

射撃部主将セレクション 2018年を語る

山口気×中口×藤野

「お互いを意識し切磋琢磨する」


左から藤野(生命2)、山口(理工4)、中口(スポ3)


ーーこの2人を選ばれた理由

山口「断固とした理由があるわけではないんですけど…中口に関しては去年から結構活躍をしているので、現状居る部員ではやっぱりトップ層に近い、活躍等の場面から中口をチョイスしました」


ーー藤野君を選んだのは

山口「各学年から1人選ぼうと思っていて、新1回生は新入生でまた別に企画があるかなと思ったので2年生3人の中からっていう風に考えていて。どういうチョイスで選ぼうかなとは思いました。活躍っていう面で佐藤(スポ2)かなと思ったんですけどその面では中口がいたので違う側面から。自分もそうなんですけど、大学から射撃を始めて去年の4~5月から部活に居てくれた藤野が2回生としてはある意味面白いんじゃないかと思ってチョイスしました」


ーーでは主将から選んだ中口さん・藤野君の紹介をお願いします。

山口「中口は競技を中学から始めていて、いまは火薬銃・空気銃を両方持っていますけど、空気銃のほうでいろんな活躍をしているのは目に見ています。あとは部活としても会計の仕事を担当していて。例年なかなか会計は大変だと思うんですけど、その大変な中頑張ってくれているんじゃないかなぁと。…普段の生活はあんまり知らないですね…(笑)」


一同 (笑)


山口「たぶんまじめにコツコツやるタイプなので自分とは全然違うタイプだなぁと 準備も早めにいろいろやってくれるので」


ーーあまりコツコツとされないんですか(笑)

山口「(笑) あんまり真面目にコツコツってタイプではないかなと自分とは思うので…中口とはちょっと違うタイプかなと。何かと準備も早めに色々とやってくれて部活としても助かっています」


山口「藤野は今は空気銃しか持ってないですけど、今は同期の小川とわりといい勝負を繰り広げているかなと(笑) 成長はしているかな、と。着実に一歩ずつ成長はしていると思います。いろんなことでモチベーションも保っていますね。この前は新しいコート(※競技の服)を着ていて、デザインは良いなと思ったり(笑)」


藤野「ありがとうございます(笑)」


ーー中口さんから主将・山口さんの紹介をお願いします

中口「山口先輩は…すごい人です。全部要領よくこなされるので。苦手がない、みたいな。完璧人間みたいな…」


山口「そんなことない(笑)」


中口「一般生で入られたのに主将になられるのも何かわかるなっていうか。一人ひとりの部員とコミュニケーションをちゃんととって心配してくださるので、自分たちも相談しやすいし…部をきちんとまとめてくださっているので主将にふさわしい人っていう感じです。」


ーー藤野君に関しては

中口「藤野は……(笑)」


藤野「ひねり出してください(笑)」


中口「(笑) 山口先輩と一緒で一般生で入ってきてくれて…。自分はセレクションとして入学したので部活を続けるのが当たり前みたいな感じなんですけど…自分がもし一般生で入ったら絶対続けられていない中で、大変なこともたくさんあるのに部にきちんといてくれて。藤野も要領が本当にいいので、気遣いとかもしてくれるし射撃をする準備もしてくれる面に関してはすごく助かってます。練習も平日ちゃんとしっかり来てちゃんと射撃に向き合っているところはすごいなと思っています。…これからに期待、の存在です」


ーー最後に藤野君から山口さん・中口さん先輩2人の紹介を

藤野「恐れ多いです(笑)」


山口「別に普通にしゃべってくれたらいいし(笑)」


藤野「山口先輩は…何というか、生活すべてがバグってる」


一同 (笑)


藤野「なんかあんまり寝ないし、寝る時間削ってなんか人の2倍人生楽しんでるみたいな生活をされているのでそれはもうすごいなと思いますね。やっぱりそうできるのも要領良く、効率良くできる人だなぁって感じですね。さすがです」


藤野「中口先輩はすごく上手い。ですね」

 

一同(笑)


藤野「本当に…(射撃を)やっていない人から見ると分からないとは思うんですけど、本当になんでこんなに撃てるんだ!っていう。アドバイスとか盗みたいんですけど。『撃ってる時何も考えてない』って…」


中口(笑)


藤野「すごいレベルに達してるんで射撃に対してはすごく熱心に向き合っているんだなっていう。研究に研究を重ねてここまでたどり着いたんだなって。ただただすごいです。」



ーー新体制になってからの雰囲気

山口「上の人数が多かったのもあるので、人数が少なくなってちょっと寂しい感じは最初はしましたね。やっぱり全員で集まる練習もそうですけど、試合等が重なると、上位層が抜けてしまって全員揃う練習とかが少なくて。大学から始めた組であったり、2回の子たちだったり、どうしても試合等の関係で大体取り残されるメンバーとかは一緒なんですけど。でも人数が少ないからこそできる練習…男子が特にライフルがセレクションいなくなったっていうのもあるので、去年と同じスタイルでは上位を目指せないっていうのもやっぱりあると思うので、できることをうまく知恵絞ってやろうかなぁという段階ですね。それにみんなが一生懸命ついてきてくれている感じです。試行錯誤の段階ではあるんですけど。」


ーー1人ひとりで変えてみたところは

山口「一番大きく変わっているのは練習のスタイルかなと。日曜日集まってやる練習は今までどおり変わっていないんですけど、ひとりひとりが射撃に向き合うというか、ひとりの世界で完結していたものをお互い見合ったり、ゲーム練習を増やしたり。人数が少ないからこその交流が少し増えたかなという感じです」


藤野「新しくなって模擬の試合の記録をはかったあとに、一人ひとり『ここがよかった』と競技が終わった後のミーティングがあるんですけど、今まで試行錯誤して『これ何で当たらないんだろう』っていうのも気軽に相談できる状況になったので」


ーーそれでさっき中口さんに聞いたみたいなことを言われたり?

藤野「そうですね(笑)『ええ分かんない…』とかいわれて(笑) まあそれで今さらに切磋琢磨できるというか…。一番のライバルは小川なんですけど」


山口「もっと上じゃないの?(笑)」


藤野「まあ、段階的に競争していって…(笑)」


ーー今はどちらのほうが

山口「小川と藤野は…正直…本当にいい勝負というか。それぞれの得意不得意があるので…。落ち着いている時は藤野のほうが」


藤野「そう…ですね(笑)」


山口「多分技術的には藤野のほうが上なんですけど、この競技技術だけじゃないので、メンタル的なところでは小川にちょっとアドバンテージがあるんじゃないかなと」


ーー雰囲気に押されると緊張したり?

藤野「緊張するんですよね」


山口「俺と川島もそんな感じ。俺は普通だったら撃ててるけどファイナルとか春合宿とかもう一人でめっちゃ足震えてたり(笑)」


ーーやはりたくさん撃っていても緊張とかされるんですか

山口「中口はどうなん、ファイナルの緊張。もう慣れた?」


中口「いや、慣れはしてないです。ファイナルでの自分の射撃の仕方を見つけられてない、から…。ファイナル練習しましょう…」


山口「中口はあせるとちょっとね…。得意・不得意がそれぞれみんなちょっと…って感じですね」


ーー今後の課題は

山口「男子と女子で課題は圧倒的に違いますね…。男子に関しては全体的なレベルアップが必要ですね(笑)やっぱり経験者の先輩がいなくなって大学から始めた4回生2人がライフルを現状引っ張っていってるって形にはなるんですけど。やっぱり去年までは高校から始めていた先輩とかに頼ってた部分はあるんですけど、柱がなくなったというか。一つ上の先輩が抜けられたっていうのは男子にとってはかなり大きいので。やっぱりそこをちょっとずつ、誰か一人が埋めるとかじゃなくて皆でちょっとずつ埋めていかなくちゃいけないかな、というのが課題です」


山口「女子に関しては、やっぱり一つ上の先輩が抜けられたのは大きいんですけど、そのぶん新入生も入ってきてはいるので。その新入生がうまく部活に馴染みつつ大学の雰囲気の中で結果を残してくれるというのが1つの課題にはなってくるんじゃないかなぁと。去年にひきつづいて優勝しようと思うと、去年わりといい勝負を繰り広げた明治・日大・法政もメンバーをそろえて去年のメンバーのままで上がって来ているという感じなんですけど、同志社はそうではないので。今年入った部員とともにどこまでそういう人達と戦って優勝に繋げられるかというところですね。ひとりひとりの得意を伸ばしながら上げていくことが大事なのではないかと思っています」


ーー新入生の方は経験者ですか

中口「はい、2人入ってくれています」


ーーどうですか新入生は

中口「…(笑)」


ーーまだまだ及ばないという感じですか?

中口「いやいやいや!(笑)」


一同 (笑)


中口「有力です。今のところ女子は全員経験者が揃ったので、そこをうまくいい方向にどれだけ試合に持っていけるかってところだと思うので…しっかり頑張ります」


ーー前年度と変わったところは

山口「やっぱりさっき藤野が言ったように、1人で競技をやっているという感覚がちょっと薄くなったのはいいんじゃないかと思っていて。今年から競技の形がちょっと変わったっていうのもあるんですけど。発射弾数の変更や男女ミックスマッチの導入とかがあって、今まで以上にお互いを意識するというか。あとは大学に入ってから(射撃をする)だと何をしていいか分からないということもそういう経験をしている人達により聞きやすなった雰囲気はあると思います」


中口「二人とも言ってたんですけど去年は1人で個人個人練習するみたいな感じだったのが、皆で上を目指す、じゃないですけど意見交換とか試合形式の練習の回数が増えたりとか。トレーニングの面でもデイヴィスに行ってチームに分かれてもそれぞれがやりたいことをやるみたいな。今はみんなでシャトルランしたりとか部でまとまって練習できてるのが良いかなぁって思います」


ーー今までシャトルランとかはなかったんですか?

山口「シャトルランは初めてやりましたね。やっぱりやりたくない部員等もいると思うんですよ」


一同 (笑)


藤野「自分じゃないみたいな顔してますけど(笑)」


山口「(笑) でもそういうトレーニングって一人ではなかなかできないところとかがあって…去年もある程度のグループではまとまってやっていたり、でもその中でバラバラにやってたいうのは聞いてるんですけど、やっぱりきついことは皆でやるしかないかなぁと。まぁみんながやれば自分もやるかみたいな雰囲気にもなりますし。やっぱり今の部員見ていてもガッツリひとりで筋トレやるって部員は数名しかいなくて(笑)」


藤野「確かに(笑)一人…佐藤が」


山口「でも工藤もわりとやるけどね。ひとりでは上手く保てないモチベーションを中口がいってくれたように保てているのかなって…」


ーー個人の当面の目標は

藤野「この1年間で…………」


山口「めっちゃ迷ってるやん(笑)」


中口「(小声で)630?」


ーー先輩が何か囁いていますが(笑)

藤野「(笑) そうですね…600点の大台は今年で狙いたいですね。あとはSB、火薬のほうも夏までには持てる予定…」


山口「(申請のための)書類…ですね」


藤野「ちょっと書類なくしちゃったんですけど…(笑)まあもう一回申請してるんですけどそちらで9月くらいに持てる予定で。まずは3×40に出る。出るところからですかね。」


ーーそして小川君に勝つ、と

藤野「そうですね。まぁ気がつけばもうレギュラーっていうのを目指して…(笑)」


ーー中口さんはいかがですか

中口「個人としては海外遠征が控えてきているのでそこでもしっかり自分の結果を出して、海外遠征にコンスタントに呼ばれるような1年にしたいっていうのと、部活としては学連試合が5回控えているのでその中でどうやったら去年に続いてインカレ優勝に自分が貢献できるのかっていうのを考えながら、しっかり4回生をサポートしながら、自分も今はエアがメインになってきていますけど火薬銃のほうでもしっかり点数を出していける1年にしていきたいと思っています」


ーーでは最後に主将の目標を

山口「まず競技面としては男子のレギュラーを火薬銃・空気銃の両方で務めると思うので、他の部員に負けていたら意味は無いと思うので…やっぱり上位層はたくさんいますから、部員だけを見るのではなくて他の選手も見ながら、少しでもその選手に追いついていけるように。競技歴が長い方もいますけど、ちょっとずつでも近づいてはいるので追いついていけるように。あとは部員が目指すところになれるように競技は2つとも頑張っていきたいなと思っています。あと半年ちょっと主将という役目があるので部員をしっかり見ながら、みんなで最後には部活として掲げた目標を達成できるようにできることをしっかりやっていけたらと思います」


山口「あと、部活はやっぱり競技なので勉強もしっかりやってもらえるように(笑)」


中口藤野(笑)


山口「ここに居るメンバーは大丈夫だと思うんですけど(笑) 他のメンバーでちょっとあやしい人はいるので…。やっぱり大学は勉強も大事だと思うので(笑)分かってない人はいないと思うんですけど、そういう面もサポートしていけたらと」



昨年までの主力が抜けても、そのぶん自分たちで模索し協力しあう。射撃に真摯に向き合いながらもチームに合った形で切磋琢磨し、山口主将率いる射撃部は今年も全国の強豪に挑んでいく。(聞き手:田中美穂)


山口元気(理工学部4年/164㌢50㌔/神奈川県・私立逗子高校出身/好きな食べ物:フグ)


中口遥(スポーツ健康科学部3年/151㌢/鳥取県・日野高校出身/好きな食べ物(飲み物):抹茶)


藤野航平(生命医科学部2年/173㌢58㌔/広島県・私立武田高校出身/好きな飲み物:コーラ)



【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について