同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
西日本学生新人戦
春関2日目 シングルスで悔...
関西選手権4連覇!いざ全国へ
近畿男子の日常~オフシーズ...
近畿男子の日常~オフシーズ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション2018 : ヨット部
主将セレクション「ヨット部」

ヨット部主将セレクション2018年を語る

矢澤香×矢野志×藤野

「色とりどりの個性と頂点へ」




他己紹介ーー。

(藤野→矢澤)

矢澤「ちゃんとほめてよ」

藤野「矢澤さんが全国に広がるように(笑)えっと、矢澤さんはお酒を飲むと…」

矢澤「もっとちゃんとしたエピソード頂戴(笑)」

藤野「(矢澤さんは)ぬめぬめした生き物が好きですね。」

矢澤「ぬめぬめじゃない。つるつるや(笑)」

藤野「お部屋は綺麗なんですけど、冷蔵庫にイナゴとネズミとコオロギが入ってるんですよ。」

矢澤「ネズミはペットのエサで、イナゴは長野県出身なので食べるんですよ…。ちょっとイメージ悪いわ(笑)」

矢野「ちなみに矢澤の家で一回イナゴ食べたことがある。まあおいしかったわ。」

藤野「えっと、バイトが一緒!Dining room YOUってところで、料理もまかないもおいしくて。」

矢澤「宣伝しとこ!代々ヨット部がバイトしてる!」

矢澤藤野「バイト募集してます!」


(矢澤→矢野)

矢野「その流れで来ると、僕の紹介もとんでもないものになりそう」

矢澤「矢野は一言でいうと、宇宙人!」

一同「(笑)」

矢澤「地球人と思って接したら、全然ダメ。あっ、違う星の人なんだなって。」

矢野「最近、本当に扱いが優しくなってきた(笑)」

藤野「これ全部ブーメランで帰ってくる、やばい。」

矢澤「地球人と思わなければ納得できるみたいな。違う星の人やし、考え方違うのは当たり前か。」

矢野「矢澤、人格出るな(笑)」

矢澤「それはそうだ!えー、矢野は頼りになる主将で…それは嘘やな!」

藤野「何を言っても友香さんにブーメランで帰ってきてますよ。これ、ディスりあうかいじゃないしね(笑)」

矢澤「でもヨットに対する姿勢は凄い。それがプラスでもあるし、マイナスに働くところもある。猪突猛進タイプ。」


(矢野→藤野)

矢野「やっぱり、藤野君は僕の金魚のフン的なところがありますね(笑)なんだかんだ言って、彼は僕の後ろをついてきてるんですよ。ゼミも授業も全部一緒。いつも後ろみたら、藤野君がいるって感じですね。」

藤野「危うくマンションも同じになりかけてましたからね。さすがにキモイかなと思ってやめましたね(笑)」

矢澤「やばいな」

矢野「あとは真面目で不器用ってところですかね」

藤野「僕の紹介だけ真面目(笑)」




鮮やかなブルーのスピンが目を引く470級ヨット



二人を選んだ理由ーー。

矢野「それは、端的に言うと僕たち逆なんですよね、性格とかが」

矢澤「本当に逆や!」

矢野「意見が違う人を連れてきました、多様性を意識して。」

藤野「みんな違ってみんないいですね。」

矢野「あとは部活に影響を及ぼす二人ですね。矢澤はいないと僕らの代は回らない。部内は僕が部活外は矢澤。しっかりした人がいないとですね。あーこれ、株上がるわ。」

一同「(笑)」

矢野「藤野は目標に対する意見を持ってる。あと二人の共通点はぶつかり合える力があることですね」

藤野「めちゃくちゃぶつかり合ってますね。」

矢野「僕はぶつかり合うのウエルカムなので。」



(矢野、藤野はセレクションだが)ヨット部に入った理由ーー。

矢澤「いろいろあるんですけど…。体育会に入りたかったのと、大学でしかできないことを考えるとヨット部かなと。あとはファーストインプレッションですね。」

矢野「ヨット部に決めるのめちゃめちゃ早かったよな。一緒に新歓してましたもん。」

矢澤「ヨットって何っていう状態からほんとに何ではいったんやろ。本当に分かんない。」

矢野「矢澤の得意な『これはこれ!』ってやつじゃない?」

矢澤「ほんとそれ!」

矢野「理由もなく固執するところがあるんですよ(笑)例えば慶応ボーイいいみたいな。」

藤野「神格化してるみたいな。」

矢澤「そういうこだわりあるわ(笑)」

矢野「前の定期戦の時、汗をめっちゃかいて司会してて。」

藤野「珍しくあがってましたね。」

矢野「あっ、慶応ボーイだからかって。」



矢澤と藤野が乗るスナイプ級ヨット



体育会は忙しいーー?

藤野「バイトも部活も、勉強も、全部ちゃんとするし。充実しとるよ。」

矢野「彼は、全部ちゃんとしてますね。」

矢澤「えらいな。ちゃんとプライベートも充実させてるし。」

藤野「ここで言うんですか(笑)今日も遊びに行ってきます。」

矢澤「どこ?」

藤野「言ったら書かれるやん。今日は北野天満宮に行く予定ですね。」

矢澤「忙しい中でも、プライベート充実させてるな。」

藤野「やりたいことは全部やってますね。友香さんもプライベート充実させてますよね。」

矢澤「まあ、そうやな(笑)」



春合宿を終えてーー。

矢野「春合宿終わった?」

藤野「終わりましたよ。学校始まってますよ。」

矢野「あっという間やな。」

矢澤「本当にあっという間すぎて。」

藤野「今年はオフを減らしてずっと練習してて。」

矢野「質と量をあげるというのが今年の目標でしたね。実力がまだまだ足りないので。練習の質と量の両方を上げないとだめですね。」




新チームが始動してから半年がたった。休み期間中には週5日、過酷な練習をこなしてきた。学期中は大学と練習拠点の琵琶湖を往復する日々を送る。厳しい環境の中でも、様々な個性がぶつかり合い最善の道を探しながら、再び大学ヨットの頂点へ挑む。(阿辻ちはる)



○プロフィール

矢野航志(商学部4回生/470級スキッパー/写真左)

主将としてチーム率いる。昨年度はインカレ個人戦で4位入賞、団体総合優勝にも貢献した。趣味はおいしいご飯を食べること。(マネージャーの作るご飯が一番)



矢澤友香(経済学部4年生/スナイプ級クルー/写真右)

今年度主務を務める。趣味はライブやフェスに参加することだが、ヨット部の合宿が土日にあるため参加が難しい。



藤野流星(商学部3回生/スナイプ級スキッパー/写真左)

昨年度乗っていた470級から艇種を変え今年はスナイプ級スキッパーを務める。趣味は料理をつくること。

【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について