同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
立命大に敗北 2部残留決定
同立戦、粘りを見せるも2戦...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
主将セレクション2018 : 卓球部
主将セレクション「卓球部男子」

卓球部男子主将セレクション2018年を語る

阿部郎×田中

「日々の練習を糧に頂点へ」

左から主将・阿部(社会4)、田中(文情3)


田中選手を対談相手に選んだ理由ーー。

阿部「一個下なんですけど、一個下の中では、自分が思うに一番しっかりしてると思ってて、僕たちが指示を出さなくても後輩の指導をしてくれたりとか、細かいところをなんか気遣ってくれてすごい助かってるんで、田中君を選びました。」

田中「ありがとうございます。」



田中選手から見た阿部主将はーー。

阿部「本音、本音(笑)。」

一同(笑)」

田中「今の現在の状況で言うと、多分就活もされてるんで、ほんとに本人は就活だけで、卓球部を置き去りにしたいっていう気持ちは持ってると思うんですけど(笑)、それでもその就活の合間をぬって、毎日練習に来てくれるっていう、卓球部を引っ張ってくれるっていう気持ちはすごい見習ってます。」

阿部「お~~ありがとうございます。」

一同「(笑)」

田中「それを見習いたいと思います。」



去年1年を振り返ってーー。

阿部「多分毎年これ言ってると思うんですけど、僕ら一部リーグから落ちたことがないっていう伝統を守り続けてるっていうので、毎年耐えてるかなっていうのがありますね。一昨年に比べて去年、去年に比べて今年っていうどんどん強い方抜けてって、大丈夫かなリーグ戦っていう感じなんですけど、毎年ギリギリのところで耐えてるかな。」

田中「阿部さんは、結果残されてるんで。」

阿部「いやいやいや(笑)。」

田中「(笑)難しいですね。」

阿部「団体戦じゃなくて個人戦だったら、1年、2年と全国大会には一応出れてきたんですけど、去年は出れてなかったんで、それですごい悔しい思いしたんで、今年こそ!!って言う感じでは。あと一点で出れたっていうところで。」

田中「阿部さんがキャプテンになったときは、はじめの雰囲気は正直悪くて、でも、みんなで、後輩とかも文句っていうか言うんですよ。それをやっぱり阿部さんとか副キャプテンの方が組み入れてくれて、もう今は結構良い雰囲気で練習できていると思ってます。」

阿部「そうなんや。」

田中「はい。」

一同「(笑)」

阿部「よかった、よかった。」

聞き手「学年超えて、言いたいことはしっかり言い合ってる感じですか?」

阿部「それは、僕わからないです(笑)。」

田中「僕は結構。阿部さんはもとからコミュニケーションが苦手な方なんですけど、主将になってからは、みんなに積極的に話してくれるようになって、聞いてくれるようになったんで、僕らももちろん聞いてくれたら言うっていう感じで、結構話しやすくなりました。」

阿部「よっし!!」

一同「(笑)」

田中「しゃべるように努力してますもんね。」

阿部「一応ね。」

一同「(笑)」



春リーグ優勝という目標に向けてどんなことをしているかーー。

阿部「なんか、前からずっと同志社は真面目っていうイメージがあったんですけど、やっぱり練習に対しては真剣に取り組むようには、部活動全体では

心がけていることかなっていうのはあるんですけど、具体的には......。」

田中「練習を他の大学よりもやっぱり頑張ってるっていうのが......。」

阿部「そうやな。」

田中「入ってくる新入生は、やっぱり他の大学のほうが強いんで、圧倒的に、それでも秋リーグになったら、同志社のみんなは、強くなって成績が1個上がるんです。新入生が入ってきてから練習して強くなって秋に結果を残すっていうのが、いつものお決まりのパターン(笑)。」

阿部「お決まりのパターン(笑)」

一同「(笑)」

聞き手「夏にむっちゃ練習頑張って、秋に結果を残すっていうのが同志社卓球部男子なんですね。」

阿部田中「そうですね。」



普段の練習ではどんなことをやっているのかーー。

阿部「基本的には、自分たち一人一人が、、なんていうんかな、部活全体的には何分間で練習するから、自分たちで考えて練習メニューを決めてねっていう風には、僕らの代からとかじゃなくてずっとそうなってて。自分で考えて、弱点だったり、注意するところを伸ばして、一人一人が考えてる練習なのかな。」

田中「基本的には、自分たちで考えて、その中でも阿部さんがちょっと後ろ下がりすぎじゃないかとか、もうちょっとこうしたほうがいいんじゃないかっていう一言くらいは、かけてもらいますけど、基本的には、自由でやってます。」

阿部「これやれ!とかは特にはないですね。」

田中「ないですね。」

阿部「僕自身も困ったことあったら、後輩とか同期とか関係なく、これどう?とか、これどうしたらいいんかな?とかは聞きます。やっぱ後輩にも強い子いるんで、その子に頼ってます。」

聞き手「お互い言い合って改善していく感じですね。」

阿部「それが目指してるところかな。」


対談中の様子


2人の普段の関係はーー。

田中「僕らですか?(笑)」

阿部「(笑)」

田中「普通に仲いいですよね?(笑)え、いいですよね?(笑)」

阿部「俺は、一方的には仲いいと思ってる!(笑)」

田中「僕も思ってます!(笑)阿部さんは、あんまり人と絡むのが得意じゃないんで(笑)。」

阿部「ないな(笑)。」

田中「コミュニケーションが苦手な方なんですけど(笑)。」

阿部「はい(笑)。」

聞き手「そんなふうに全然見えないです!」

田中「そうですか(笑)。」

阿部「めっちゃコミュ障なんですよ(笑)。あんまり学校とかでも友達多いほうじゃなくて、狭く深くみたいな感じ(笑)。だから、俺あんまり遊ばんよな?」

田中「そうですね。」

阿部「もし行くとしたら、田中とか......。」

田中「まあ、僕はみんなと仲いいんで(笑)。」

一同「(笑)」

阿部「こいつゴマするの上手いんすよ(笑)。」

一同「(笑)」

阿部「すぐ先輩にゴマする、ほんとに。」

田中「そうっすね、はい(笑)。」



理想のリーダー像はーー。

阿部「今の理想は、やっぱさっきも言ってくれたように、言うのあんま得意じゃないんで、引っ張っていく、背中を見てついてきてほしいっていうのを目指してるところなんですけど、うーん、それが目指してるリーダー像ですね。黙ってついてこい!みたいな(笑)。」

一同「(笑)」

阿部「できてないんですけど、そこが目標ですね。」

田中「それめっちゃかっこいいですね。言って行動してもらうよりも、見て行動だけで示すっていう、もうすごいかっこよくないですか?」

聞き手「かっこいいです!」

阿部「憧れる。」



今年1年の意気込みはーー。

田中「じゃあ、僕から。僕は、まだリーグ戦とかには出たことないんですけど、個人戦で結果を残して、リーグ戦に出させてもらえるように頑張りたいっていうことと、関西学生でシングルスでもダブルスでもいいんで、ランクを目指して、毎日練習休まずに頑張りたいと思います!」

阿部「そうですね。4年間目標に掲げ続けてきたリーグ優勝っていうのを今年こそ!っていう。最後なんでそういう思いは一番強くて、そのためにも個人戦で結果残して、強くなって団体でみんなで優勝したいなっていうのが目標ですね。」


一日一日の練習を大切に、仲間と高め合いながら真摯に自分と向き合い続ける同志社大学男子卓球部。強みは何といっても日々上を目指し努力を惜しまないことだ。彼らの努力は、必ず良い結果となって実を結ぶ。「優勝」という目標に向けて全員で4月28日から始まる春季リーグに挑む。(聞き手 上野孝輔、川瀬蒼、利萌夏)



阿部太郎(社会学部産業関係学科4年生/170㌢57㌔/富山県高岡龍谷高校出身)

男子卓球部の主将を務める。両親が卓球をしていて、地域のクラブチームに行ったことが卓球を始めたきっかけ。小1頃から卓球を始める。


田中佑(文化情報学部3年生/178㌢68㌔/東山高校出身)

今でも卓球の全国大会に出ている祖母の影響で卓球を始めた。卓球台が祖母の家にあり、小さい時から卓球に親しむ。





【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について