同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
武庫川女大に粘り勝ち!3-...
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
創部初!インカレベスト8!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
主将セレクション2018 : 應援團
主将セレクション「應援團」

應援團主将セレクション 2018年を語る

後藤克×一智×奥井省×田真帆

「応援とは信じる事」


左から一瀬(経4)、奥井(社4)、後藤(法4)、坂田(社4)



この3人を選んだ理由は――。


後藤「全員副團長なんですけど、團のことをたぶん今から言うので、應援團のことを各部で一番強い思いをもって應援團の活動に取り組んでいる人たちなので、今回は選ばさせてもらいました。」



(4人いるので)右の方の第一印象は――。

坂田「(後藤團長について)よく喋る人で、何に対しても熱い!」

後藤「(奥井副團長について)細い、背が高い、、奥井さん入った時もうちょっと白かった記憶あるねん(笑)」

奥井「そんなことないよ!」

後藤「ハーフなのかと思った(笑)」

奥井「(一瀬副團長について)いっちー難しいな、、」

一同「そうやなあ」

奥井「優しそうとかおとなしそうとかが第一印象にあって。後なんやろ、そんなもんかなあ。あ、いっちーのことを見て、吹奏とかにも男の子がいるんやったらうまくやっていけそうやなと思った。」

後藤「次も難しいな(笑)」

一瀬「(坂田副團長について)数いるチアリーダー部員の一人ぐらい。(笑)ここまで関わることになるとは思ってなかった。」

坂田「なんかすごい特徴みたいになってしまったやん(笑)」

後藤「ほんまやんめっちゃ薄い(笑)」


対談中の様子


應援團に入られた理由は――。

坂田「高校からチアを続けてて、大学でも部活としてチアに携わりたかったから。」

後藤「俺はなあ、、もともと少し興味はあったけど、そもそも体育会に入りたくて。でも應援團以外は全部田辺で練習って言われて、それは通われへんなと思って押しも強かったし、あとは悩んでるときにもう入部届出しといたからっていうメールがその時の團長から来たんで(笑)」

一同笑い

後藤「どうしよう應援團絶対面白くないやろって悩んでて、ほんまにどうしようって周りにも言ってたらもう出したしって言われたからもう断られへんなと思って入ったのが最初です(笑)」

奥井「もともと後藤と一緒で体育会に入りたくて、まあ入らざるを得なかったというのもあって、高校で何もやってなかったので大学から始めるスポーツをするのか、もう完全に新しいことを始めるのかを考えた時に、選択肢として應援團ってあるんやって知って、その時の4回生の先輩のステージを見に行った時に、めちゃくちゃかっこよくて、4年後ああなれてたらいいなという思いで最初入ったのがきっかけかな。」

一瀬「高校からの続きで、吹奏楽をやりたいっていうのがあって。サークルとかも吹奏楽ないので、もうそのままここしかないなと思って入ったので、、まあ吹奏楽部の8割9割ぐらいの部員が思ってると思うんですけど、應援團やと思って入ってなかって(笑)あとからこんな應援活動多いんやっていう半分詐欺みたいな(笑)みんなたぶん思ってる(笑)」

後藤「ほかに吹奏あったらみんなそっち入ってるっていう(笑)」

一瀬「かもしれないぐらいです(笑)」

後藤「まあいいや、結果的に俺らからしたらね(笑)指導部は嫌でも応援しなあかんから、人多い方がいいねん詐欺でも(笑)」


團の中でそれぞれどんな存在ですか――。

坂田「(後藤團長について)すごく説得力のあるリーダー的な存在。」

後藤「おー!」

奥井「よっ團長!(笑)」

後藤「(奥井團長について)基本的に厳しいので言いにくいこととかを基本的に言ってくれる」

奥井「言わされてる?(笑)」

後藤「ご意見番みたいな、なんかあったらとりあえず聞くみたいな、感じかな」

奥井「(一瀬團長について)基本的に応援に対する思いとかが指導部はだいたい熱くなって、他部が一歩引いてるみたいなのが多いいんやけど、そういう意味では一瀬が割と熱く考えてくれて、俺らの意見をちょっと分かりつつ、ちょうどいいように折衷案とかを出してくれたりするから、たぶんやけど、割と理解をしてくれる良い理解者かなと思う。」

一瀬「(坂田團長について)人あたりが良くて、みんなに敵を作らない感じ。」

坂田「めっちゃいい人やん(笑)」

後藤「ここ(後藤團長・奥井副團長)敵作るからちょうどいい(笑)やっぱこの4人じゃないと回らへんもんな」

一瀬「バランス取れてる」


好きな応援歌は――。

坂田「ブルースカイ」

後藤「僕は同志社ヒロス。そりゃそうやろ(笑)」

奥井「指導部長が基本的に同志社ヒロスをだいたい野球応援でも最初にやるし、だいたい何の最初でもやるから、自分の持ち曲というかやから、思い入れが強い同志社ヒロスかな」

一瀬「ウィンドマーチ」


応援風景


今年注目の團員は――。

後藤「今までは部の先輩だったけど、團長になると上に立つものとして指導部はもちろんチア、吹奏の團員も頑張ってほしいなと期待している。」

奥井「僕は指導部の二回生の鹿島(スポ2)と森山(理工2)かな。うちの指導部では二回生が團旗であったり、團太鼓であったり團道具を扱うので。一回生では何も考えずにただただついてきた子らが自分で応援の中心となるっていう存在になっていくからその二人っていう中で、特に自分が鼓手やったから、鼓手の鹿島には期待してるかな。自分を超えるぐらい強い鼓手になってほしいなと思う。」

坂田「二回生の4人で、少ないながらに全員が経験者で競技面に関しても踊りの面に関しても成長がすごい速いので、これから期待できるかなと思います。」

一瀬「二回生の塚田さくら(政策2)。もちろん新しい体制になって、下の子たちの意見を吸い上げる雰囲気を作ってきたから言いやすいっていうのもあると思うけど、その子は結構自分で下回生ながらに部のこととか團のことを考えてくれてて。いろいろ、結構應援團って伝統に縛られたりすると思うんですけど、そういうのに臆せずに結構これはこうじゃないですかって元々仲いいからしゃべりやすいっていうのはあるけど、僕に結構言ってくれるし、二回生の中でもリーダーみたいな感じで言ってくれるので、助かってるし引っ張っていってくれるかなという感じはしてます。」



今年の雰囲気は――。

坂田「チア部としてはみんなで一つのものを作り上げていきたいという協力体制を今年は大事にしていきたいというかみんなで頑張っていくスタイルを大事にしているので後輩からも意見を聞いたり、全員でやっていく感じです。」

後藤「團としては、今年は全体的に3部が各学年仲いいっていうのもあるけど、交流が比較的4年間のなかでは比較的いい雰囲気で一つになってるかなっていうのがあって。」

奥井「(指導部に)副團長がいるのも3年ぶり?4年ぶり?とかなので」

後藤「ここに4人いるのも、久しぶりなので、各部の意思疎通も取りやすかったり、いろいろそういう意味でいい環境というかいい雰囲気になれてるのかなという風には思います。」

奥井「指導部はチアとは逆に後輩たちが迷わないように一点だけを見て集中して練習に望めたり、応援できたりするように一番上がしっかり引っ張っていって、4回生が二人いるのはだいぶ久しぶりっていうのもあるから、まあ後輩たちが迷わずに黙ってそれ以外のことを考えずについてこれるように集中できる雰囲気、環境かな。」

一瀬「腹を割って話す雰囲気というか、さっきも言ったんですけど、ミーティングとかこれまでは全然してこなかったんですけど始めたりとか、新しいことにどんどん挑戦しようみたいな雰囲気はあるかなと思います。応援とかも吹奏はむすっとして吹いたりとかやったんですけど、僕が楽しくする人なので、もっと楽しくしてほしいっていう気持ちもあります。」


自分にとって指導部/チア/吹奏楽とは――。

後藤「応援とは信じることかなという。自分たちのやってることの力を信じるっていうのもあるし、選手たちの結果じゃないけど、力を信じるっていう意味でそういうことかなと。」

奥井「指導部はやっぱり超人というか、普通の枠にとらわれない存在じゃないとダメかなっていうのがあって、誰からもかっこいいと思ってもらえる存在であったり、選手たちに力になってると思われる存在でないとあかんからやっぱり普通の枠にとらわれててはいけないかなという指導部、超人というか、、。」

後藤「よく言うと超人。悪く言うと変わり者っていうね(笑)」

一同笑い

一瀬「なんかチームメイトって感じ。吹奏楽はスポーツとかはチームメイトっていう意識が芽生えやすいけど、吹奏楽は補欠とかもいなくて、全員でやるから、一人一人が演奏に自信をもってます。」

坂田「笑顔の裏には日々の練習があって、、、(笑)」

一同笑い

後藤「ぶっちゃけるなあ」

坂田「日々楽しいだけではない練習があってこその華やかさ」

一同「いいねえ(笑)」

坂田「自分たちが苦労してる分、選手とかには笑顔で元気を与えるっていう感じかな。」


今回は同志社大學應援團110代團長を務める後藤團長をはじめ、各部副團長にお話を伺った。指導部・吹奏楽部・チアリーダー部からなる應援團をまとめる4人。体育会への応援活動に加え、それぞれの部での活動も行っている。チアリーダー部は昨年のインカレで応援団部門連覇という輝かしい成績を収めた。体制が整いパワーアップした今年の應援團の演舞も見逃せない。(聞き手 岩本紘奈) 


後藤昌克(法4/170㌢/指導部/團長/同志社国際高等学校) 

一瀬智(経4/165㌢/吹奏楽部/副團長/和泉高校)

奥井省吾(社4/179㌢/指導部/指導部長/京都学園高校)

坂田真帆(社4/161㌢/チアリーダー部/副團長/同志社国際高等学校)

【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について