同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2018年度 関西大学バレ...
関西学生バスケットボールリーグ戦
今までで一番の夏をーーー
'18夏の展望「...
月1座談会 第5弾「縁の下...
課題見えた全日本ダート
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
主将セレクション2018 : ハンドボール部
主将セレクション「ハンドボール部男子」

ハンドボール部男子主将セレクション2018を語る


村瀬基×谷口×尾川


「泥くさく勝ちたい」



今回2人を選んだ経緯は――

村瀬「今年度を担う選手というか、まあそんな感じで選んでみました。こいつ(尾川)はまあ、来年もあるんで、そのためにもしっかりしてほしいなあということで。」



では他己紹介をお願いします――

谷口「じゃあ僕こいつ(村瀬)やりますね。こいつは今まではプレーの最前線という感じじゃなかったんですけど、戦略とかメニューを決めたりとか、そういうマネジメント的なところでチームに貢献してきた感じですね。後輩にも慕われてるし、厳しいところは厳しいんで、締めるところ締めてしっかりチームをまとめてますね。」

村瀬「こいつ(尾川)は1年生の時から試合に出てて、試合中とか練習中はすごいんですけど、私生活ほんとに馬鹿で、、」

谷口「(笑)」

尾川「えー!?」

村瀬「ま、でも来年も中心選手として戦っていくと思うんで、あのこいつ自分のことはできるんですけどほかの人に厳しく言えないので、そこを改善すれば来年の主将も見えてくるんじゃないかなと思います。」

尾川「期待されてんなー…。(谷口)魁さんは今のチームの副主将なんですけど、実際僕が感じているのは、本当に主将でもおかしくないくらいの真面目さというか、、いや(村瀬)元基さんをディスってるとかそういう意味じゃないですよ、もちろん(笑)」

一同「(笑)」

尾川「ただ、ただ本当に真面目だし色々授業とか私生活とかもきっちりしてるし、学部の先輩でもあって、分かんないこととかあれば、本当によくしてもらっているので、後輩から見て理想の先輩やなと思います。」

谷口「思ってない。」

尾川「自分の思ってること言っただけなのに(苦笑)」



左から村瀬、尾川、谷口



プライベートではどうですか?――

谷口「ここ(谷口・村瀬)は普通に同回なんでご飯行ったりはありますね。遊びに行ったりも。就活始まって忙しいんで、あんまり最近は遊べてないですけどいい関係です。(尾川)将はまあ、たまにね。」

村瀬「(尾川と)ゲームとかしたりします。」

尾川「(村瀬)元基さんはゲームとか、ごはん連れてってもらったりとかするし、魁さんは家にお邪魔させてもらってご飯食べたり。」

谷口「あったな。」

村瀬「そんなに厳しい部活じゃないので、みんな仲良く和気あいあいとやってますね。」



去年と今年のチームを比べてみて変化は感じますか?――

村瀬「僕が感じるのは、去年は重岡*1(スポ卒)さんという絶対的な要がいて、今年はその人がいないので、どうチームを作っていくか。攻撃も守りもどうしていくのかっていうのが課題で、やっとまあ、まだまだですけどちょっとずつ形になってきたなあっていうのはありますね。まあ、後輩も頑張ってくれていると思うので。」

谷口「プレーして出てるのも後輩が多い分、4回生じゃない人が多いというのはありますし、それで去年よりは下級生がのびのびできているかなあというのは思います。」

尾川「自分は1回、2回と試合に出させてもらって、上回生になるとやっぱ後輩とか同期とかも出てるので、自分としてはやりやすいです。出てる4回生とかも中心になって引っ張ってくれているので。」

谷口「出てる出てないに関係なく、みんなでやってる感は強いですね。」

村瀬「しゃべりやすいよな。」

谷口「一方的な意見じゃなくて、相互での話し合いは増えました、去年よりは。」

尾川「結構意見が飛び交いますね。ミーティング中とかも。いい感じかなあ、内容としては。」



今季これまで合宿や練習試合やってみて感じることはありますか?――

谷口「そうっすね、いい時はいいというのはありますし、やっぱムラがすごいですね。悪い時は本当に悪い試合もありましたし、その点ではムラをなくしていきたいというのはありますね。」

村瀬「去年とか一昨年とかよりは課題が明確になりやすい試合内容なので、負けるにしても勝つにしても。反省点が多いっちゃ多いんですけど、分かりやすいので改善の余地がある。あとやっぱりみんなで話してるんで、そこで色んな意見が出て、いい感じにはなってきたなあと。」

尾川「合宿とかで上のレベルのチームとやって思ったのは、自分たちと同じくらいのレベルより、どこが悪いとかがはっきり見えるし、自分のこういうところができてないなというのが分かるので、そういう意味では有意義ではありました。結果的に試合内容全体としてよかったなあというのはあります。」

谷口「勝ちが多いだけではなくて、負けも普通にありますし、勝ってもいい内容ばかりじゃないので。」

尾川「負けるほうが多かった。」

谷口「上のレベルとやることが今年は増えたので負けは多いですけど、それでへこんだりするやつはあんまりいないので、そこから学ぼうというのはあります。」

村瀬「弱いチームとばっかやっても意味ねーもん。」

尾川「逆にそっちのほうがおもしろいっすね。余裕で勝てるというよりかは強い相手でやったろうっていう、そういう気持ちでできるから逆にのびのびできる。」



シュートを放つ谷口



今季期待したい選手は――

谷口「(尾川に向かって)僕ですねって。言えって!やっぱ僕ですかねって(笑)」

一同「(笑)」

尾川「言わない言わない(笑)言えないですって!自分は木村(優斗・商2)に期待っていうか。あいつがやんなきゃこの先たぶん勝ちはないかなと思うんで、そういう風に思ってますね。」

谷口「あいつには今の長所を生かしつつ、プレーの幅を広げてもらえたらだいぶ助かるなとは思います。」

尾川「いいもの持ってるから、そこをうまく生かしていけば、たぶん僕らもいいところまでは…。」

村瀬「あとは3回の安藤。(尾川)将が行くのはもう当たり前っちゃ当たり前なので、そこであいつがどれだけ行けるかで試合内容もだいぶ変わってくると思いますね。あいつにはもっとやってほしいという気持ちとお前ならできるぞという期待を込めて推したいですね。」

尾川「あいつが一皮むければ全然…」

谷口「同期なのに上から目線やな(笑)」

尾川「いやいや、そうなんですけど(笑)あいつが下からやから、なんか。」

村瀬「お前(尾川)とだったらいいアイディア出して2人でやってるから、それを周りでもやってほしいなとは…」

尾川「あいつも気付てるっちゃ気付いてるんですけどね。」

谷口「司令塔の役割なんで、もうちょっと自分から発信できるようになるとっていうのは…。ま、期待ですかね、その点は。」

聞き手「以上の2人でいいですか?」

谷口「あと、僕っすかねも(笑)」

尾川「大丈夫です、大丈夫です!僕は大丈夫です、そんな。」

村瀬「将はもう分かっとるもんな。」

尾川「やめてくださいって(笑)イタい奴やん。おかしいおかしい!」

一同「(笑)」



最後、どんな1年にしていきたいですか――

村瀬「僕はハンドボールを強制させてやらせているわけではないので、楽しくやりたいですね。楽しくやるにしても線引きをしっかりして、やるときはやるで、楽しむときは楽しむで。けじめがちゃんとできるチームにしていきたいなあと思います。試合もまあガチガチでプレーするんじゃなくて、楽しくやったほうが勝てると思うので、試合を楽しめたらいいなあと思いますね。」

尾川「今年は前のチームより(戦力が)落ちるから全員で勝っていきたいっていうのがあって、全員で守って全員で決めて、泥くさく勝ちたいというか、ボールの執着心とかそういうの1つで試合内容も変わると思うんですけど、全員がわくわくするようなチームで、泥くさく勝っていきたいですね。」

谷口「キャプテンが言ったのと僕も一緒な感じなんですけど、柔軟にやっていけたらなとは思います。下から上まで試合に出る人がいるんで、硬くならずにできることを増やしていって、まあ、できることできないことあると思いますけど、できることまで引っ込めてやったりしないように、上のやつが慮ってあげて柔軟な雰囲気でやっていきたいなあと思います。」



終始笑いの絶えない20分間、先輩後輩の隔たりなく、仲のいい雰囲気を垣間見ることができました。リーグ戦ではいまだ2戦2敗と苦しんでいますが、ここからの巻き返しに期待したいと思います。

聞き手:森戸尚毅



村瀬元基(むらせ・げんき/心理学部4年/173㌢/愛知高校出身)

キーパー、コートプレーヤ―二足の草鞋を履く。後輩からの厚い信頼の元、主将として選手をけん引する。


谷口魁(たにぐち・かい/経済学部4年/178㌢/北陸高校出身)

昨年からレギュラーとしてチームに貢献する副主将。


尾川将(おがわ・すすむ/経済学部3年/178㌢/岩国高校出身)

両手から繰り出すシュートで、ゴールを量産する同志社の新エース。

【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について