同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
西日本学生新人戦
春関5日目 関大相手に苦しむ
堀、西日本初V
近畿男子の日常~オフシーズ...
近畿男子の日常~オフシーズ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
'18春の展望 : ソフトボール部
'18春の展望「ソフトボール部男子」

厳しい冬を乗り越えやってきた、暖かい春の季節。

選手たちは冬の間、厳しい練習を積んできた。今年のソフトボール春季リーグは、4月22日から開幕する。

練習の成果を他校に見せつけ、いかに発揮できるかが重要なカギとなる。



走り出す選手たち



選手陣の笑顔が弾ける



一つ一つのプレーにこだわり、流す練習はしない、と言い切った主将・福原。冬の間、ピッチャーはトレーニングをメインにやってきた。体の芯から鍛え直すための入念な走り込みと、筋力トレーニング。

バッティングでは、フォームをあまり意識せず、数を多く振る練習を行ってきた。スイングスピードを上げるためだ。

しかし2月後半に入ると、量に重点を置いた冬の練習から、質を重視した練習にシフトチェンジ。徐々にフォーム重んじた練習に切り替えて行った。



そんな中注目選手として名前が挙がったのは、兼古 達也(スポ3)。今回の春季リーグでは4番を務める。長打を得意とするが、その持ち味は打力だけではない。俊足も持ち併せており、走塁もできる多才ぶり。

また、状況判断にも優れているため、冷静なゲーム運びに貢献してくれるだろう。



長打を得意とする兼古(スポ3)



春季リーグに向けての意気込みは、”一点も取りこぼさないこと”。

リーグ戦では、僅差でゲームの勝敗が決まってしまう。この結果で西日本インカレ、全日本インカレが決まってしまうため、目標とするのは春季リーグ全勝だ。



1つ1つのプレーにこだわる練習をとことん重ねてきた彼らが目指すのは、目の前の1つ1つの試合に確実に勝つこと。丁寧ながらも力強いプレーがあれば、自ずと結果もついてくることだろう。春季リーグでの活躍で、彼らが秘める本当の強さを見せて欲しい。(家崎 愛弓)



団結ぶりを見せてくれる選手たち




【'18春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について