同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
京都府大会
主将セレクション 「馬術部」
’18春の展望 「ラクロス...
投打がかみ合い京大に先勝
強敵相手に健闘
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
硬式野球”Atom Selection ‐2018 spring season-” : 硬式野球部
サヨナラ男、再び:福原健太

サヨナラ勝利を決めた攻撃にはいつもこの男が絡んでいる。最終年を迎えたバットマン、福原健太(政策4)だ。関大に勝ち越し勢いに乗るチームで、副将福原が大きな存在感を放っている。


昨季の対関学大1回戦、ゲームは緊迫した投手戦が続いた。そして両者無得点で迎えた10回裏、同志社は1死三塁の好機を作る。関学大はここで2者敬遠で満塁とし、続く打席に福原が立った。引っ張った打球はサードを強襲しサヨナラ適時打となった。

昨秋、サヨナラのシーン


新チーム結成後は主将福島(法4)の意向で副将に就いた福原。低迷からの脱却へ。チームに改革の必要性を訴える主将を支える立場となった。今年は2人の他にも、前田(商4)や辻(商4)など4年生が中心のチーム構成だ。「僕ら(4年生)もそれなりにいろいろ経験してきた。ここ数年を振り返ると優勝から遠ざかっていて、それが悔しいというか情けないというか」(福原)。今年の4年生は多くが下級生時から実戦経験を積んできた。福原自身も2年秋に主力として優勝争いを経験した。もう一度勝ちへのこだわりを。選手権(高校野球)優勝右腕である福島と決めた目標は「日本一」だった。


4月7日、大目標への歩みが始まった。対関大1回戦は中盤に先発福島が攻略されリードを許すも、終盤に粘りを見せる。一時は3点差をつけられたが8回に2点を奪い1点差に。9回には四川(社2)の適時二塁打で同点に追いつく。続く前田は敬遠。そして回ってきた第5打席、昨秋同様の展開にも福原は冷静だった。「いつも通り打席に向かい、バットを振ることを心掛けた」。強振した打球はレフトへ届き三塁走者が生還。サヨナラ犠飛で今季初勝利を手繰り寄せた。


サヨナラ犠飛のシーン


リーグ戦最初の正念場となった3回戦、勝てば開幕節での勝ち点を得られる大一番だ。この日も同志社は終盤に試合を動かす。先頭の前田が出塁すると、福原も安打で続きチャンスメイクをする。2死となった後、福島が左中間へ二塁打を放ち福原は一気に生還。サヨナラの走者として歓喜の輪に加わった。


サヨナラのホームを踏んだ福原⑩


福原の活躍もあり、澁谷監督が理想として掲げる「接戦に持ち込んで終盤勝負」を実現できている。自身も3戦で12打数6安打打率5割と好調をキープ。「幹部として、(同じ副将で2年秋の優勝争いを経験している)辻とチームを引っ張っていきたい」とリーグ優勝、その先の日本一への抱負を語る。同志社が誇る“サヨナラ男”福原健太、その豊富な経験と打棒はチームに必要不可欠だ。(本林大将)


【硬式野球”Atom Selection ‐2018 spring season-”バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について