同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
全日本学生RCS第4戦白馬...
'18ルーキー特...
目標に向けた各々の戦い
新顔健闘!西日本でもV連発
'18ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
主将セレクション2018 : 弓道部
主将セレクション 「弓道部」

弓道部主将セレクション 2018年を語る

保田登×畑桂×諸岡莉亜

「One for All, All for One」

 

左から保田(スポ3) 畑本(文4) 諸岡(商2)

 

 ・なぜこのメンバーを選びましたか?

 

畑本  部活っていうのは幹部が引っ張るっていうイメージがあると思うんですが、直接上には関わらない 二人を選びました。新人戦に出場する諸岡さんと、リーグ戦であまり出てこなかった保田くんを選びまし た。

・今年のリーグの目標は(女子)


諸岡   女子は一部昇格です。

・目標にむけて去年と違う練習方法はありますか

諸岡   大きく変わった点はまだ実感できないですが、去年と同じ練習だとまた同じ結果になってしまうので、そこは考えていかないといけない点だと思っています。

 


・男子は?


畑本今は正直勝つというよりも試合できるかとうレベルなんですよね。部員が足りなくて。男子は8人体 制で、セレクションで入ってくる男子を入れても現在6人しかいなくて。一部に昇格するということは、現 実的ではないですね。力はあるにしても、8人全員が同じ力の領域に達しているのかというと、そうではな いので。次年度以降のために、今年は育てるという方向に主軸を置いています。

 


・幹部が変わってチームの雰囲気はどうですか?


保田 どうでしょう。去年の幹部の先輩が結構大きく体制を変えてくださって、その流れを維持して良い 方向に続けられていると思っています。元々は体育会っていう感じで上下関係がはっきりしていた体制を 敷いていたんですが、去年の先輩方が後輩に気さくに接してくださって、だんだんまとまっていった感じ はあります。最後に入れ替え戦で勝利したのは、そのおかげだと思います。だから、良い意味で上下関係 のない体制を続けていきたいです。
諸岡  女子は、メンバーが変わっていないので、反対にそこが強みにして、現状をさらに向上していけた らと思います。

 

 


的を射る前の保田

 

 

・お互いに尊敬している部分はありますか


保田 畑本さんはすごくまっすぐな方です。主将として部のことを考えてくださっているということがす ごく分かるんですよ。でも困ったときは頼ってくださるので、僕らも積極的に関わっていこうと思ってい ます。
畑本  一人でやっていると視野が狭くなるので。そこには上も下も関係ないと思っています。
諸岡   忙しい中でも、すぐに切り替えて練習に集中されているのですごいなと思っています。
畑本   二人に共通することして、自分を前に出さないで黙々と練習に取り組んでいる姿が印象に残ってい ますね。自分を前に出さないからこそ、内に秘めているものがあると思うので、すごく伸びるような気がします。

 

・最後に


保田  漠然としているんですが、楽しむことが大事ですね。的中するから楽しいという根源を忘れないよ うにしたいです。
諸岡  去年がやってきたことが結果に結びつかず悔しい1年だったので、努力が結果に繋がるような一年 にしたいです。
畑本  個人個人が自分の目標にむかって努力して、今年の終わりにやって良かったな。来年も頑張ろうって思ってもらえるような環境づくりをしたいです。

 

静寂の中、的に矢が当たる音だけが響く弓道場で、部員たちは熱心に練習に励んでいた。

畑本主将を筆頭に弓道部への熱い思いを聞くことができた。女子は一部昇格を目指し、昨年二部昇格をし た男子は部員育成に取り組む今年。個人の力を集め、団体の活躍に繋がることを期待する。(聞き手 西村 百乃)

 

 

〇プロフィール


保田 隼登(スポーツ健康科学部3年生)

日頃、よく話すほうではないがインタビューでは内に秘めた思いを語ってくれた。

今年度のリーグ戦の活躍に期待したい選手。

 

 


畑本 桂(文学部4年生)今年の主将。昨年から団体戦で活躍し、安定した的中を見せる。

 

 

諸岡茉莉亜(商学部2年生) 昨年、ルーキーとして特集された。高校時代、全国大会では団体優勝を果たした経験もある。

【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について