同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
京都府大会
主将セレクション 「馬術部」
’18春の展望 「ラクロス...
投打がかみ合い京大に先勝
強敵相手に健闘
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
主将セレクション2018 : ラグビー部
主将セレクション「ラグビー部」

   ラグビー部主将セレクション 2018年を語る

            山口平×平川也×永富太郎

                 「関西制覇で日本一に」                               

                                     

左から副将・平川隼也(法3)、主将・山口修平(商3)、永富晨太郎(商3)


早速ですがお二人を選ばれた理由を教えてくださいーー。

山口:まずは二人が副将ということですね。二人はチームを引っ張っていく仕事をしているので。今年はFWが前に出ないと勝てないと思っています。隼也はFW代表ということで、中心となって引っ張っていってほしいです。晨太郎はチームで一番ラグビーが上手くて、ラグビーへの理解度も高いと思っています。ラグビーの方向性という部分で晨太郎を頼りにしていきたいと思っています。以上が選んだ理由です。



お二人は主将に向けて何かありますかーー。

平川:山口は今みたいに喋るのが上手ではないですが、グランドレベルの行動やプレーで方向を示してくれると思っています。

山口:泣けるなぁ。

平川:そういった部分でいい方向に導いてくれるんではないかと期待しています。

永富:簡単に言うと盛り上げ役ですよね。ラグビーは別に深いところまでないと思うので、期待はしていないですね。

一同:(笑)

山口:役割ははっきりしていると思いますね。そういったチームの雰囲気を大事にしていきたいと思っているので、二人には戦術とかの部分で頼りになっています。


グランドをかける主将・山口


昨年を振り返っていただいて、どういった印象をお持ちですかーー。

山口:去年のスローガンは『BOND』でした。「一つになる」という意味ではすごく良いスローガンではあったんですが、チームワークを個人個人が意識しすぎたことで、個性が消えていた部分があったと思うんです。今年は個性をめっちゃ発揮しながら、「日本一」という方向にみんなが同じベクトルを向けられたら良いチームになると思っています。どうかな?

平川:ごめん聞いてなかった。

山口:いや聞いとけよ(笑)。めっちゃ良いこと言うたのに。

永富:ラグビー面で去年は縛られていた面があったと思います。決め事がたくさんあって、自由にはできていませんでしたね。自分たちの学年は個性が強いので、そこを生かしながら自由なラグビーをしていきたいです。それにプラスでチームワークもとれたら、去年のように負けることは無いと思います。今年は縛らずにやっていけたらと思っています。

平川:FWの視点で言うと、去年はスクラムも劣勢が多かったですし、とにかくFWのせいで負けたと言われることが多くて悔しかったです。最前列にいたので責任も感じました。それを経て、ラグビーはFWが強くないと勝てないと思っているので、「FWがいたから勝てた」と言われるようなFW陣にしたいです。FWがいないとこのチームが成り立たないぐらいまでもっていきたいですね。

山口:去年の主将の野中さんは一人で何でもできる人だったこともあり、みんなが頼りきってしまっていました。一人一人に主体性が無かったんですよね。その部分で、自分は「チームの雰囲気を作る」ということに特化しているので、いろんな人を頼りつつ動いています。まだ新チームが始まり間もないですが、いろんな人がリーダーシップをとれるようになったと感じています。


 

倒れながらも前へ進む副将・平川


新チームの雰囲気はどうですかーー。

山口:僕は良いと思いますね。

永富:環境も変わりましたよね。コーチ陣変わったり、寮に整骨院のような施設ができたりしました。環境が変わったことで悪くなるのではなく、良い方向にいっていると思います。



注目している選手はいますかーー。

山口:僕は江金ですね。今年に入り、ウエイトや練習への取り組み方が変わってきたと思っています。サイズも大きくなりましたよね。ポテンシャルもありますし、今年はセブンズから暴れてくれると期待しています。江金どう思う?

永富:まぁええんちゃう。

平川:(笑)

山口:あとは人羅ですかね。U 21にも選ばれましたし、まだ一年生(新二年生)ですが練習を引っ張ってくれています。フィットネスも一番走っていますね。僕らが引っ張らないといけないのに、引っ張ってもらっている感覚になることもありますね。

永富:

平川:

山口:なんか物申さんかい!

一同:(笑)

平川:あんま考えたことないからな。

山口:FWおらへんの?服部とか良いと思うねんけど。

平川:まぁそれは有名どころよな。僕はロックの野中翔伍ですかね。4回生でラストイヤーということもあり、すごく頑張っていますよね。身長もあるので、もっともっと体が大きくなればグランドレベルで活躍できる選手だと思います。

永富:自分は芳森かな。僕らはSOが少ないんですよ。芳森がSOに入って、自分がCTBに入るのが、僕の個人的にはベストなんです。今は彼は怪我をしていますが、復帰してからまたシーズン中に怪我をされるとゲーム的に崩壊すると思っています。そのぐらい大事な存在です。あいつがいないと安定した試合ができなくなるんじゃないかなって僕は思います。

山口:芳森は去年の五月に前十字靭帯を切って、そこからずっとリハビリしている選手です。まだ復帰はしていないです。


 

相手を振り切る副将・永富


オフはどう過ごされていますかーー。

山口:こいつ(永富)一生ゲームしています。僕最近、寮入ったんですけど、安田が隣人で壁薄いからゲームの音が聞こえてきて夜寝れないっていう(笑)。「レインボーシックス シージ」というPS4のゲームですね。ずっとやっていますよ。寮はゲームをする人が多いですね。

永富:安田と、まぁ、みんなとやってますね。何もないときは暇なんでね。

山口:月曜のオフは、飯を食いに行ったり飲みに行ったり。隼也は?

永富:こいつはよく外に出かけてます。

平川:まぁ、酒飲むな。

山口:お酒飲んで熱い話したりしますね。

永富:熱い話するんお前だけやけどな(笑)。

平川:一人で熱くなって一人で酔っ払うだけやな(笑)。

山口:(笑)。寮で行くことが多いですね。四条や田辺ですかね。



部活内でライバルはいますかーー。

山口:僕っすか?

平川:僕っすかって、みんなや(笑)

山口:自分は最近、江金は意識してきました。

永富:ゴリ押しやな。

山口:先ほども言いましたが、すごく伸びてきていますし、同じ同志社香里で戦ってきたので。フィットネス中とかは意識します。あいつは意識しているかはわかりませんけど。まぁフィットネスはいつも圧勝しています(笑)

平川:僕は誰かというよりは、最高学年なので下の学年の同じポジションの奴には負けたくない、いや勝って当たり前という気持ちでやっています。それがどっかで切れると負けてしまうと思うので、驕りではないですが緊張感を持ってやっています。

永富:ライバルというよりかは、自分がプレーで引っ張っていかないといけないと思っています。下の学年がそれを見て、向上心を持ってくれたらチームの向上にも繋がると思っています。

山口平川:晨太郎は王様やからな。

山口:人間的には安田ですかね。あいつは口が上手いので、言い合いしたら負けるんですよ。練習とかで一発やってやりたいなと思ったりします(笑)。ラグビーのタイプは全然違うんですけどね。

平川:今のはボツやな(笑)。

永富:アトムさん書いてなかったもん。

すみません、聞き入っていました(笑)。



他大学で意識しているところはありますかーー。

山口:僕は天理ですね。

永富:全部ちゃう?

山口:隼也、京産は意識しやんの?

平川:スクラムのタイプが違うからな。京産(京都産業大学)のスクラムは力勝負とかじゃなくて、色があるので真似できるものでは無いんですよね。それを上回るぐらいのパワーをつけなきゃいけないけど、そこと対抗する気はないな。

山口:意識はしてないねんな。

平川:スクラムは力勝負なんで、スクラムで力勝負してくる大学、体大(大阪体育大学)や立命(立命館大学)には勝ちたいですね。



では最後に、今年の目標を教えて下さいーー。

山口:関西で全勝優勝して全国大会に行って、日本一ですね。とりあえずは確定として関西全勝優勝が大事だなと思ってます。どう?

永富:そうやな。

山口:萩井さんも言ってはったけど、関西全勝優勝しないと日本一は見えないからな。

永富:全勝せな、無理や全国は。

平川:お前の言う通りや。

山口:記事なるとこありますかね、これ(笑)。

平川:お前(山口)の言葉が聞き取れたか心配やわ。

山口:まぁボイスレコーダーあるしな。大丈夫やわ。

永富:いやこれ聞いてもわからんやろ。

山口:アトムさんの腕を信じています(笑)。

大丈夫です!(笑)本日はありがとうございました。



昨年は大学選手権を逃し苦汁を飲んだラグビー部。反省すべきところ生かすべきところ、様々な考えを聞くことができた。

雰囲気作りから戦略まで、それぞれの役割を明確にし一人一人が把握して実行する。新たなチームは既に日本一へと歩み始めていた。(聞き手 於保いちこ 宮ノ原幸佑)



◯プロフィール

山口修平(商学部3年/183㌢101㌔/同志社香里高校)

昨年は夏合宿の怪我で関西リーグに出場することはできなかった。今年主将として復活し、チームを明るく盛り上げる。



平川隼也(法学部3年/165㌢98㌔/長崎北陽台高校)

関西リーグではHOとしてレギュラーの座を不動のものにし、FWを牽引。今年は副将として、生活面を含めチームを高める。



永富晨太郎(商学部3年/180㌢95㌔/東福岡高校 )

高校から日本代表に選ばれ、技術に関しては部員からの信頼も厚い。



【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について