同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
'17秋の展望 : 自転車競技部
'17秋の展望:「自転車競技部」

新たなスタート


夏のインカレではトラック競技で久々の入賞を果たした自転車競技部。この大会をもって代替わりとなり、主将に森(2)、副将に高井(理工2)が就任した。


森は先日行われた山形村ヒルクライムラウンドにおいて4位入賞を果たし、クラス2に昇格した。「優勝を狙えたレースだったので悔しい」と語ったものの、2年生で初のインカレロード出場権を獲得した。小畠(3)から主将を引き継ぎ、発展途上のチームを引っ張っていくことになる森。新たなステージでの今後の躍進に期待したい。



主将に就任する森



昨年には中西(政策卒)がインカレロード4位入賞、そして今年のトラック競技2種目優勝など、全国の舞台で台頭しつつある同志社。その中で森は、チームの課題として意識の持ち方を挙げた。「みんな貪欲さが足りないと思っている。優勝したいと本気で思えば、練習からワンランク上を目指せる」。2年生は全員大学から競技を始めた。前主将の小畠は今のチームの経験の少なさを指摘する。「全国レベルの選手の実力、自分たちの現在の位置をまだまだ分かっていない。」ロード種目において、1,2回生は全国上位の選手と戦った経験が無いに等しい。相手との差を知り、その差を埋めるためには、並大抵の努力では届かないことを小畠は己の身で実感している。



来季がラストイヤーとなる前主将・小畠



また、考えることができる選手を増やすために、チームとして話し合いの場を増やすことに力を入れていく。自転車競技部は指導者から示されたメニューを行うことはほとんどなく、普段の練習は個人単位で行うことが多い。自分が今何をすべきか常に考えることが必要である。「一人一人が自覚を持って行動できるチームにしたい」()。レース本番で最大限の力を発揮するためにーー。各部員が競技と向き合い、寒空の中を走り込めば、蒔いた種は必ず実を結ぶことだろう。


<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px Helvetica; color: #454545; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px Helvetica}

1015日に行われるトラック新人戦・西日本大会では多くの1,2年生が、インカレ出場ラインとなるB基準突破を目指す。末廣(1)、島(政策1)が躍動するトラック競技に、さらなる新風を巻き起こせるか。新体制での初戦に期待がかかる。(前淵文蕗)

【'17秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について