同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
'17ルーキー特集 : 應援團
'17ルーキー特集「應援團」

昨年、全日本学生選手権大会応援団部門で見事優勝に返り咲いた同志社ANGELS。全国でも少ない競技と応援を両立させているチームに、4人の新入生が加わった。その中でも、チア経験者なら誰でも耳にしたことがある高校出身の3人を紹介したい。

 

1人目は競技チアの名門、梅花高校出身の谷口未蘭(神1)だ。ポジションはトップで、高校3年時にはJAPAN CUP準優勝という輝かしい成績を持つ。同志社を選んだ理由は、綺麗に魅せるチアと言えば同志社だから。高校では競技が主であり、応援チアはこの春初めて経験した。これまでとは違い、モーションやダンスに力を入れる練習のため、「今まではやってこなかった平場を強みに出来たら」と意気込み確かだ。


 

笑顔で野球応援をする谷口

 

 

如水館高校からは貞光栞奈(同女1)、坂居萌々子(同女1)の2人が加入した。ポジションは貞光がベース・ミドル、坂井がトップである。JAPAN CUPでは全国8位に輝くなど高校時代からお互い高めあってきた。

 

貞光は一般入試で同志社女子大に入学。同じ如水館でチアをしていたという姉の影響で始めたが、せっかく同志社チアに関われるチャンスがあるならと入部した。好きな技は3段スタンツ。目標は、「応援と競技を両立しながら應援團としての自覚をもって、すべてのことに綺麗さを追求したい」(貞光)と答えた。

 

 

大きな声で応援する貞光

 

 

坂居はチアを続けるなら同志社チアの強みである息の揃っている演技を自分もしたいとの思いからANGELSに入部。高校との違いはやはり、應援團の活動が主なところ。応援と大会演技にかける時間の割合も大きく変わったという。「4年間で同志社らしい演技が出来る選手になりたい」(坂居)と語った。


 

ハイブイを決める坂居

 

 

春から様々な部活の試合応援にも参加した。彼女たちの応援が多くの体育会部員のパワーとなっている違いない。関西大会も終わり、8月に行われるチアリーダーの憧れの舞台JAPAN CUPも迫ってきた。新たに4人が加わった新星ANGELSは今年も競技・応援の両立に向けて羽ばたく。(岩本紘奈)

 

 

〇プロフィール

谷口未蘭

神学部

150㌢

ポジション:トップ

梅花高校出身

趣味:カメラ

 

貞光栞奈

同志社女子大学現代社会学部

151㌢

ポジション:ベース・ミドル

如水館高校出身

趣味:おいしいものの画像を見ること

 

坂居萌々子

同志社女子大学現代社会学部

149㌢

ポジション:トップ

如水館高校出身

趣味:おいしい店を探すこと

【'17ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について