同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
'17ルーキー特集 : ラクロス部
'17ルーキー特集「ラクロス部女子」

スピーディかつ華麗なシュートで見るものすべてを魅了する。昨年のリーグ戦では準優勝と、あと一歩のところで優勝を奪われた。今年こそ、関西制覇を成し遂げるーー。大きな野望を持った彼女らのもとには、今年も大勢の1年生が入部した。今回は今後のラクロス部女子を支えていくであろう、期待の2人を紹介する。



左から松下(経1)、中村(スポ1)



一人目は、同志社高校出身の松下理佳子だ。ポジションはDF。高校時代からラクロス部に所属し、大学でも続けることを決めた。



相手の出方を読み、構える松下



彼女の特徴は、クリアの際、誰よりも早く飛び出す瞬発力を持っていることと、ダウンボールを確実に取ることだ。女子ラクロスは、スピードと確実なパスつなぎが命。だからこそ、彼女の特徴はこれから先、彼女の強みとなっていくだろう。そんな彼女がより大きな選手となるために、練習中に気をつけていることがある。ディフェンス面では、相手を素早くとらえること。またオフェンス面では、少し離れた場所でフェイントを切り、キープを意識することだ。

尊敬する先輩について、「尊敬する先輩は、日本代表でもある、野尾明日佳選手(経4)です。プレー面はもちろんのこと、周囲に目を配りチームを客観的に分析したうえで、問題点を見つけ、指摘してくれる所を特に尊敬しています。」といい笑顔で語ってくれた。


二人目は、先ほどの選手同様、同志社高校出身の中村有里だ。ポジションはG。高校時代もラクロス部に所属していた。



味方へボールを投げる中村



彼女の特徴は、ゴーリーとして一番大切とも言える、ボールへの強い執着心が人一倍強いことだ。練習中、特に気をつけていることは、「緊張すると焦ってしまうので、メンタルを常に強く持つことです。」と教えてくれた。その他に、ゴールヘ投げ込まれるボールをいち早く察知し、ボールの正面に入り込むポジショニングを意識している。だが一番試合中に心がけていることは、やはり「絶対守る。」と言う気持ちを強く持つことだ。

最後に、「尊敬する先輩は、竹本萌優(スポ2)です。理由は、プレーの幅が広く、見ていて学ぶものが多いからです。また自分の持っていないものを持っていているのも、目標の先輩の理由の一つです。」とまっすぐな目で語ってくれた。


昨年のリーグ決勝戦。一点差で関学大に敗れ、3年連続準優勝と、これまでの無念を晴らすことができなかったラクロス部女子。今年こそ、打倒・関学の切なる願いを叶えるべく、新たな風を吹き込ませ、鶴見緑地で勝利を叫びたい。(辰己琴)


◯プロフィール

松下理佳子

学部)経済学部

出身)同志社高校

身長) 155

ポジション) DF

高校時代の部活)ラクロス部

趣味)テレビ鑑賞


中村有里

学部)スポーツ健康科学部

出身)同志社高校

身長)154

ポジション)G

高校時代の部活)ラクロス部

趣味)美味しいものを食べに行くこと


【'17ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について