同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
'17ルーキー特集 : ボードセイリング部
'17ルーキー特集「ボードセイリング部」

シーズンが幕を開けた。昨季のインカレ団体戦での団体優勝だけにとどまらず、今季の関西選手権第1戦でも京大の12連覇を打ち破って団体優勝となった。誰もが望んだ「強い同志社」が蘇った。そんなボードセイリング部に今年も新戦力が加わった。今後の活躍を期待される3選手を紹介する。

 

まず、1人目は高校時代に陸上部で全国大会への出場経験のある、枝川慧子である。ボードセイリング部への入部は"日本一になりたい"という強い思いが突き動かした。彼女は全国大会に出場したものの、優勝は届かず、その悔しさを抱えながら競技から離れてしまった。だが、その頃枝川が目にしたものは同志社の大学の部活のパンフレット。ボードセイラーの9割が初心者という言葉に惹かれ、再び日本の頂点を目指すこととなった。そんな彼女が練習で苦戦していることは「艇を進めながら風の方向がわからなくなった時にボードの向きを合わせること」(枝川)。1歩ずつではあるが、日本一への道を歩んでいた。

 

日本一を目指す枝川


2人目は同志社香里高校出身の小森美樹。部の雰囲気の良さと試乗会でマリンスポーツへの魅力を感じて入部を決めた彼女は枝川同様、高校では陸上部に所属しており、中距離を専門としていた。ボードセイリングを初めて早1カ月が経とうとしているが、今は波のうねりと日々格闘しながら初の大会に向け練習に励んでいる。目標は「みかさん(山内美佳・GR3)のような速い選手になりたい」(小森)。レディースの活躍が特に目立つ同志社にとって、山内の後釜を狙う小森は頼もしい存在となってくれそうだ。


山内の後釜として期待のかかる小森


3人目は中学では野球、高校ではラグビーと多様な運動経験を持つ中村幸太郎。“新しいことを始める楽しさ”が彼をこの競技へと導いた。「自分に向いているスポーツをしても想像できる自分しかいない」(中村)。様々な競技を経験した中村は新たな挑戦に挑む、想像のできない自分を追い求めてこの世界へ飛び込んだという。高校と大学の部活の違いで感じたことはモチベーションの重要性。「高校に比べて自由な時間が多い大学での練習は自分の意欲次第で上手くもなるし、下手にもなる」(中村)。環境の変化に戸惑いながらも、底知れぬ向上心を見せた。


新たな挑戦に挑む中村


可能性に満ち溢れた彼らは古豪復活と謳われている同志社にとってどのような起爆剤となるのだろうか。これから開花する同志社セイラーから目が離せない。(岡本真子)



◯プロフィール

枝川慧子(えだがわ・さとこ)。生命医科学部1年。167㌢。

近畿大学付属広島高等学校・中学校東広島校出身。

好きな芸能人は新垣結衣。


小森美樹(こもり・みき)。グローバルコミュニケーション学部1年。150㌢。

同志社香里高校出身。

好きな芸能人はアリアナ・グランデ。


中村幸太郎(なかむら・こうたろう)。政策学部1年。171㌢60㌔。

同志社高校出身。

好きな芸能人は松本人志。


【'17ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について