同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
最終回に逆転勝利!![ソフ...
西谷ベスト8!!矢野ベスト...
’17春の展望「テニス部」
’17春の展望「ソフトテニス部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
’17春の展望 : ラグビー部
’17春の展望 「ラグビー部」

新しい時代


時間の経過と共に、新しい時代を担う選手が成長してくる。昨年黄金世代と呼ばれた山田主将をはじめ、松井、大越、末永らの多くの4年生が紺グレジャージを脱いだ。今年は多くのメンバーを一掃して、新しい同志社ラグビーが形成されていく。そんな中、主将・野中(スポ4)、主務・鑓水(経4)が太鼓判を押し、4月1日・2日に行われた関西セブンズフェスティバルでも大いに躍動した2人の選手を取り上げる。


まずは関西セブンズでも主将を務めた髙澤正徳(社4)。主務・鑓水が推薦する自主練のスペシャリストだ。いつも寮で地道に筋トレを行っているという髙澤。実はその背景に昨年のSH大越元気の存在があった。「あの人(大越)から自主練というものの大切さを学んできた。大越さんに追いつきたくて、教わったことをずっとやり続けてきた」。中学から茗渓学園(茨城)で同じの先輩の背中を見て、髙澤もラストイヤーを迎えた。



セブンズで主将を務めた髙澤



関西セブンズでは積極的に縦への突破を図り、鶴田(法4)や山口(商3)ら俊足のフィニッシャーへと幾度となくボールをつなげた。「縦へのスピードと思い切りのあるプレーで存在感を示していく」。セブンズの主将としてチームを準優勝に導いた髙澤。スタメン争いの激しいBK(バックス)陣の中で、一足早く背伸びした。



積極的に突破を図った



2人目は主将・野中が期待する山本翔(スポ3)。「一番チーム愛を持っている男だと思う」と主将が評する山本は、あるきっかけがあった。昨年のジャパンセブンズの選考メンバーに山本翔の名前はなかった。バックアップメンバーではあったが実質は落選。やるせない思いのまま東京へ向かったが山本の考えは変わった。「帯同させてもらって、裏方の仕事を手伝う事があった。1日だけだったけど、こんなにしんどいことをしているのかって気づいた」。いつも当たり前のようにしてもらっていたスタッフ陣の苦労を痛感した。



人一倍にチームの事を鼓舞する山本



「人に言われてチームへの愛が生まれることは絶対にないと思うから、自分からいかに動くことができるかだと思う」。心は整った。裏方の苦労も経験した。あとはグラウンドで、自身のプレーで、チームへ最大の恩返しをするだけだ。



日本代表スコッド戦で1点差に詰め寄るトライを決めた



時代は必ず過ぎていく。どんなに頼れるエースがいてもいつかはチームを去る。しかし時代が過ぎていくと共に新しい芽は必ず出てくる。今年のラグビー部も例外ではない。今シーズンの躍動が期待される2人の紺グレ戦士が今、覚醒する。(只松 憲)

【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について