同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
主将セレクション : レスリング部
主将セレクション「レスリング部」

レスリング部主将セレクション2017年を語る

平田太×光永弘×辰巳藤

「返り咲き誓う」

左から、平田健太(文情3)、光永賢弘(商3)、辰巳藤磨(生命医科3)



対談相手を選んだ理由は――。


光永「同期やし、3年間今までやってきて...ていうのですかね(笑)。出身はみんな違うし、たつ(辰巳)は大学からレスリング始めたんですけど、合宿とか大会とか一緒に乗り越えてきた仲間なので選びました。」


お互いの印象は――。


光永「平田は真面目やねんけど、どこか人と違う世界観を持ってるというか独自の路線を歩んで行ってる様な気がしますね(笑)。根は真面目やから客観的な意見を言ってくれたりもするんで助かる。たつも真面目やし、面倒見がいい。たつも人と違った価値観はあるけどいいやつに変わりはないって感じかな。」


平田「真面目やね、一番頭いいし。光永は優しい。フレンドリーで面白い、強い(笑)。印象やろ?強い(笑)。」


辰巳「(光永は)俺からしたら、真面目やし口数はそんなに多くないっていうか、あんまり口でまとめるタイプじゃないけど背中で引っ張っていけるような誠実さみたいなものがあるやつかな。たまに抜けたところもあるけど(笑)。そこも光永っぽいなって感じ。」


光永「なんか照れるわ。」


平田辰巳「(笑)」


昨年の大会などを振り返って――。


西日本選手権で優勝を果たした光永



光永「団体戦でいうと、去年は正直運勢が悪かったとも言える。おみくじで言えば凶みたいな年やった。メンバーはみんな強くていいのが揃ってたけど、怪我とかいろんなことが重なっちゃって万全な状態で試合できなかったっていうのがあって、いい成績は残せなかった年でした。個人でいうと、俺は西で初めて優勝したから個人的にはよかったかなと思ってるけど。個人個人は結構、」


辰巳「伸びてる実感はあるやろな。」


光永「そう。練習の成果を結果として残せてる人もいた。けど怪我して出れてない人もいて、団体になるとそういうのが目立っちゃって優勝できなかったっていうのはありました。」


平田「西は狙ってたんですけどなかなか勝つことができなくて。狙ってたのもあってちょっと残念だった。あんまり成績は残せなかった。」


辰巳「経験の差とかもいろいろあると思うんですけど、1年2年のときは対外試合で全く勝てなくて。で、3年になってポイントが奪えたり勝てたりっていうのが要所要所でみられるようになって、でも自分が思っている成長よりは結果残せてないっていうのは感じます。」


今のチームの雰囲気は――。


辰巳「練習自体はいい雰囲気でやれてる。」


光永「うん。去年の冬のリーグが終わってから一回みんな落ち込んで、雰囲気が悪くなったんですけど、代替わりして仕切りなおして頑張っていこうってなって、今はみんな明るくいい雰囲気でやってる状態です。」


辰巳「日によらん?」


光永「日による?(笑)」


辰巳「人数少ないから、少しでも欠けてしまったら練習の質が下がってしまうのが良くないところかな。」


今取り組んでいる練習は――。


光永「冬やから、大会がまだしばらくないので体力とか基礎面の強化を中心にやってて、スパーリングの本数も増やしてます。」


注目している選手は――。


光永「俺はー、岩本かな。去年も1年生で西日本勝ったし、これから努力次第では全国でももっと上に行ける選手だと思いますね。」


平田「池本かな。池本が増量して、こっから筋トレ頑張ってくれたら戦えるようになるんじゃない。」


光永「そうだよね。4月に入ってきたときはスパーリングで片手でボコボコにできるぐらい弱くて、こいつ大丈夫かなって思ったけど、今は結構競り合えるぐらいまでに伸びてきてるんで、それも努力次第ということで(笑)。」


平田「あと体作りと。頑張ってるからね、あいつは。ついていこうとしてるから。注目してるかな。進化に期待してる!」


辰巳「俺は萩本。」


平田「ですよね。」


辰巳「軽量級で2年間一緒に練習してきたっていうのもあるし、途中であいつ自身が伸び悩んでたのも知ってるし、その中でいろいろ試行錯誤して、今までやったことのないこととかも最近の練習ではやろうとしてるのが見える。自分のスタイルを探して勝つために何をしないといけないのか自分で考えてやってるので、期待してます。」


最後に今年の目標は――。

チームとして――。


光永「去年リーグ戦1個も優勝できなかったので、できれば春で返り咲いて、秋も連覇して終わりたいです。絶対勝てるメンバーが揃ってる状態なんで、それで去年みたいに負けるっていうのは悔しいものがあるし、今年こそは返り咲きたいですね。」


個人として――。


光永「やっぱり最後の年なんで。去年は西日本では優勝できたんですけど全国でまだ1個もメダル獲れてないんで、国体とかインカレとかいろいろチャンスがあって、どれか1個でもメダル獲れるように頑張りたいです。」


平田「西日本でしっかり結果出せたらいいなと思います。」


秋季リーグ5位入賞に貢献した平田



辰巳「同じく西日本で。大学からレスリング始めて4年間何もなしで終わるのは正直辛いから(笑)。最後結果残して有終の美っていう形で引退したいなっていう感じです。」


光永「春は就活があるからリーグ戦とかもきついかもしれないけど、何とか頑張って、就活終わったらもうみんな最後引退まで」


光永平田辰巳「全力で」


光永「頑張ります!」



同期のみだったためか、対談は終始和やかな雰囲気で進んだ。その中でお互いをよく知り、3年間苦楽を共に乗り越えてきた信頼感も感じられた。昨年の悔しさを晴らし再び返り咲くべく、各々の目標を胸に集大成の1年を迎える。(聞き手 白石美緒)




〇プロフィール

光永賢弘(商学部3年/167㌢70㌔/同志社香里高校)

昨年は西日本学生選手権で優勝。今年は全国でメダルを狙う。61㎏級。


平田健太(文化情報学部3年/164㌢75㌔/山口県立豊浦高校)

昨年は秋季リーグ5位入賞に貢献した。66㎏級。


辰巳藤磨(生命医科学部3年/163㌢61㌔/同志社香里高校)

高校時代はラグビー部。光永の誘いで大学からレスリングを始めた。57㎏級。


【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について