同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
主将セレクション : ボウリング部
主将セレクション 「ボウリング部」
ボウリング部主将セレクション対談 2017年を語る
寺崎×佐藤太×福田
「全員が足並みをそろえて」

対談相手を選んだ理由はーー。

寺崎「まず部活内での役職が副将と主務だからっていうのと、僕から年齢が一個下ずつ選ぼうと思っていたからですね。あとは二人がとも下宿だったからですね。」

幹部を決めた経緯はーー。

寺崎「全員でミーティングって形でその時に話し合いとやりたい人が手を上げてっていう感じです。そのあとに今後部活をどうしたいかっていうのを述べてもらってそのあとに投票という感じで決めました。」

具体的には部をどうしていきたいかと考えていたかーー。

寺崎「ボウリング部では団体戦に一番力を入れているところなので、その団体戦でまとまって力を発揮していきたいと思っていた。あとは練習メニューも自分なりに考えたいと思っていたんで。」

みなさんから見て4回生が引退した新体制の雰囲気はーー。

佐藤「最近寝坊とかしちゃう部員がいるのでそういうとこを引き締めていきたいですね(笑)」

一同「(笑)」

福田「でも、一番変わったところは、絶対的な4回生という存在が抜けて実力面でも生活面でもチームを引っ張っていく存在が抜けたのが大きいと感じましたね。宮部さんっていうチームのエースでもあり頭脳でもあった人が抜けたのが大きいですね。」

寺崎「去年いた先輩で、ボウリングのノウハウやセオリーを知っている人がいて、僕ら後輩はみんなその人に教えてもらって投げていた。でもその人がいなくなったので、今はその人からもらった知識を生かしてみんなが練習するしかなくなったんです。」

福田「本当にそうですよね」

絶対的な存在が抜けた今の部活の魅力、また変わった点はーー。

寺崎「前は絶対的な存在がいたので、みんながその人についていくという感じだった。でも今はみんなが足並みが揃っている状態なので、チームでまとまって結果を出していくというんが変わった点ですね。」

福田「一人だけどっかに行ってしまうということはあまりなくてみんながまとまってると感じますね。」

いつからボウリングを始めたのかーー。

寺崎「佐藤はちょっとやってたよね?」

福田「そうそう」

佐藤「ちょっとかじってたぐらいですけどね。」

なぜボウリング部に入ったのかーー。

寺崎「結局みんなボウリングが好きなんです(笑)」

一同「(笑)」

寺崎「でも新歓の時のボウリング大会に来て入ったとか、ビラ見てきましたっていう人が多いですね。でも結局はみんなボウリングが好きだから来るって感じですね。」

福田「僕は高校の時に何かに打ち込むってことがなかったんで、大学に入ったら何かしらに打ち込もうと思っていた。あとは単純にボウリングが好きだったからですかね。」

佐藤「僕は小学校の時にやっていて、その時は全部個人戦で一人で黙々と投げてただけであんまり面白くなかった(笑)」

一同「(笑)」

佐藤「だから卓球とか他の競技をやってたんですけど、大学で団体戦のボウリングがあると知って、実際にやってみて楽しかったので入りましたね。」

福田「愛知の団体は強いよね(笑)」

寺崎「あそこはバケモン(笑)」

佐藤「自分が弱く感じますね(笑)」

強い県とかもあるのですねーー。

寺崎「地域によってレベルが違うんですよ。」

福田「新潟とかも強いよね。」

佐藤「福岡も強いね。」

ちなみに京都のレベルはーー。

福田「京都もそこそこレベルは高いですね。ボウリングが盛んなんで。京産を筆頭に京大も強いよね。」

同志社のレベルはーー。

寺崎「まあその二つの大学といつも争ってるって感じですね。そこの三つ巴ですね。この前は、京大が1位で同志社が2位、京産が3位でしたね。」

福田「ある試合で1ピン差で負けたこともあるんですよ。あれ勝ってればなあ(笑)」

一同「(笑)」

寺崎「やっぱ結構接戦になるんですよ。進めていくにつれて、ここでストライク取ったら逆転できるなとかって。だから試合中はずっとスコアの計算しながらやってますね。特殊な計算があるんですよ。それを見ながらみんなであれこれ言いながら投げてますね。」
談笑する3人

みなさんのベストスコアはーー。

寺崎「289(笑)」

福田「290。パーフェクトって言いたいんですけどね(笑)。」

佐藤「278です。」

寺崎「前の主将はパーフェクトでしたね(笑)299とかもいましたね。僕もパーフェクト出したいですね。」

福田「目標ですね。」

試合前のゲン担ぎやルーティンはあるのかーー。

寺崎「やっぱ団体戦の前は同志社チアーをしますね。」

福田「who are weってね」

寺崎「あと個人的に試合前に『爽健美茶』買うようにしてましたね(笑)」

一同「(笑)」

寺崎「でももうやめた(笑)意味ないなあれは(笑)」

福田「ゲン担ぎ可愛すぎでしょ(笑)」

寺崎「まあ真面目な話をすると、ルーティンは全員に持たせるようにしてますね。投げる前に同じ動作をすることで緊張しないようにね。」

佐藤「投げる前の段とかを絶対に左足から上がるとかですね。」

寺崎「本当に人それぞれいろんなルーティンを持ってるのでそれに注目してボウリングを見ても面白いよね。」

短期的な目標と長期的な目標はーー。

寺崎「今の目の前の目標だと、明後日に全国大会の個人戦が控えているんで、それは個人個人が目標を持っている。それに向けて調整してるって感じですね。それが終わったら春リーグが控えてて、これは団体戦なんで、メンバーを考えつつ決まったらどういう戦略でいくかを考えてるって感じですね。メンバーは前の大会の結果などを参考にしてますね。」

福田「僕も同じような感じですね。とりあえず明後日の全日個人で一人でも多く予選で勝って決勝に残るのが目の前の目標ですね。で中長期的な目標としては春季リーグで優勝したいですね。で来年の全日本団体で入賞したいですね。」

寺崎「確かに入賞したいね(笑)」

佐藤「ですね」

寺崎「あ、あとは部員募集ですね(笑)」

佐藤「あ、それは確かに(笑)特に女子部員に来て欲しいですね(笑)」

寺崎「今女子部員が一人しかいないもんね。去年も一人だったんですよ。」

福田「全体でも12人ですから増やしたいですよね。」

寺崎「どーしてもボウリングはマイナースポーツだからね。しかもボウリングって聞くと、スポーツ?っていう反応されちゃうしね。」

福田「やっぱ実際にやらないとわからないですよね。」

寺崎「実際やってみると結構体も動かしますし楽しいから入って欲しいね。入部してくる子もボウリングが好きってだけで、別に特別うまい子がいるってわけでもないですし、ぜひぜひ。」

福田「まあ好きでやってるうちにスコアとかも伸びてきますしね。」

寺崎「で、入ってみると別の魅力に気づいてのめり込んじゃうんだよね(笑)」

福田「永遠にボウリングしてお金と単位が飛んでいくんですよね(笑)」

一同「(笑)」

新入部員に指導についてーー。

福田「基本は脱力というか、振り子ですね。そういう基本的なことを教えるようにしてます。」

寺崎「力入れちゃいけないんですよ。同じことを繰り返しできるかが大切なんですよね。」

福田「再現性を高めないといけないんですよ。」

寺崎「最初はみんな力入れてボール握ったりとか、投げたりするんですけど、それはやっちゃダメだよっていうのを教えますね。」

福田「コントロールもそうですけど、1日に何ゲームも力入れて投げちゃうと疲れちゃうんでね。」

寺崎「よくボウリングして腕が筋肉痛になる人がいるんですけど、ボウリングがわかってくると腕じゃなくて、足にくるんですよ(笑)」

佐藤「そうそう(笑)足の付け根のとこですよね。」

福田「本当に足が筋肉痛になりますね(笑)」

みなさんにとってボウリングの魅力はーー。

福田「見えないものを考えるところは面白いですよね。」

寺崎「そうだね。床に引いてある見えないオイルの状態とか考えながらしてるですよ。コントロールがよけりゃいいってもんでもないところが面白いんですよね。」

佐藤「いろんな工夫しながらってのが面白いですよね。」

寺崎「ボール変えたり、投げる場所を変えたりボールの回転を回転してみたりね。」

新入生に向けて伝えたいことはーー。

寺崎「僕たちは新歓に向けて結構計画してて、ボウリング大会開こうとか景品を何にしようとか。」

福田「どうやって集めるかですもんね。」

寺崎「あと、入ったあとにボウリングの魅力に気づいてもらうために教え方の練習とかもしてますね。やっぱり初心者の子が多いんでね。」

福田「本当に大学から始めても大丈夫なようにしてますもんね。そこは重要ですね。」

寺崎「他大の人と仲良くなれるってのも魅力ですね。やっぱマイナースポーツで人が少ないんでみんな仲はいいですね。」

福田「休日に投げにいこうとか普通にありますもんね。」

佐藤「確かにありますね。」

寺崎「まあ本当にいろんな魅力があるんで是非入って欲しいですね。」


1、2、3回生で行われた今回の対談。全員が互いをリスペクトし仲睦まじい様子が見て取れた。特にボウリングの話になると会話が弾み笑顔が絶えなかったのが印象的であった。これが本人達が語った、絶対的存在が抜けた新体制の魅力だと感じた。今の目標は2月21日に行われる全日本個人戦だと全員が口を揃えた。そこで結果を残し4月から控える春季リーグで狙う優勝へ弾みをつける。(聞き手 藤田友樹)

○プロフィール

寺崎淳(理工3/174㌢/70㌔/東京都立町田高校)

ボウリング部の新主将。ボウリングに対する思いは人一倍強い。前主将からの教えを引き継ぎチームを牽引する。


福田健太(商2/172㌢/56㌔/東邦高校)

ベストスコア290を誇る副主将。試合前に聴く音楽はdeep purpleのburn。


佐藤健太(商1/172㌢/60㌔/名城大学附属高校)

1年生ながら主務を務める。小学校の時にボウリングを始める。口数は少ないが心のうちに熱い思いを秘めている。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について