同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生ソフトボール秋季リーグ戦
第64回関西学生アイスホッ...
開幕戦、関学大に惜しくも同点
東海大に返り討ち。借り返せず
'17ルーキー特...
´17ルーキー特集「スキー部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション : ボードセイリング部
主将セレクション「ボードセイリング部」

ボードセイリング部男子主将セレクション2017年を語る

宮崎×久保一郎

「切磋琢磨」





お互いの紹介をお願いします——


宮崎「えー(笑)」


久保「照れるやん(笑)」


一同「(笑)」


宮崎「役職を決めるにあたって、みんなの信頼を得てることも一番やけど、俺が主将でこいつ(久保)が副将なって一番のサポート役ってゆうか一番親身になって話し合いできるやつかな。競技面ではライバルやけど私生活面では安心できる存在。合宿とか行った時によく運転してくれるねんけど、車で話し合いするから寝たらあかんのに助手席座ったら安心しすぎて寝てしまう。」


一同「(笑)」


久保「こいつ(宮崎)は稀に見る人やな。」


どうゆうところが稀ですか——


久保「人と違うもの持ってて、これまで会ったことない人かな。あと人と接するのが上手。なんかそうゆうところが女子っぽい(笑)けど、男やな。醸し出す雰囲気がしっかりしてるけど、やんわりしてる。こいつ(宮崎)にはついていこう!って気になる。」


お互いの今の印象と第一印象は変わりました?


宮崎「正直最初は(久保のこと)チャランポランやと思ってた。」


久保「(笑)」


宮崎「けど、ほんまにめっちゃしっかりしてて、印象は180度違うかも。今もだらーってしてるけど、やる時やる男。」


久保「俺は今と変わらず女子っぽいっと思ってたな(笑)」



今年からチームの舵を取る宮崎



部活を始めたきっかけを教えてください——


宮崎「元々大学で何かに熱中したいと思ってた。高校では水泳してたけど、同志社(大学)の水泳部はちょっと強すぎるから違う競技しようと思ってて。ウインドサーフィン初心者が99%で大学から始める人がめちゃくちゃ多いって聞いて、熱中するからにはその競技で上位とりたいと思ってたから、それで試乗会行ってみたら俺いけるんちゃうかな?って(笑)」


一同「(笑)」


宮崎「結構他の部活も行ってんけど、これが1番自分に合ってるってピーンときた。」


久保「俺も高校の時水泳してたけど、あまり結果でなくて。(自分に)向いてるスポーツ探そうと思ってた。俺も何かに熱中したくて、色々部活を探してこれ(ウインドサーフィン)は自分が結果を出せるスポーツやと思って入った。他にも初心者ばっかりのスポーツはあったけど、部活の雰囲気とかみて決めたかな。」


宮崎「みんな結構そうゆう感じやな。」


チームの魅力を教えてください——


宮崎「特徴やったら、遠征が多い。競技する場所が水辺やから遠征場所も限られてて、そこで他大との交流が多い。僕ら自体も立命館と一緒に練習してて、近くの浜に京大も練習しててるし、多大との交流が多いところは良いところやと思う。それと、正規練っていう土日の全員参加の練習があって土曜は泊まるし、合宿も頻繁にあってみんなと一緒に生活することが多くて個々の関わりはすごい濃いのが良い。」


久保「チームの魅力なんやろう。競技に魅力はいくらでも言える。(ウインドサーフィンは)個人スポーツやけどチームで強くなるってところが魅力かな。」


宮崎「団体戦はチームからセレクションして5人選ばれるけど、弱いチーム内から5人選ばれても団体戦では勝てないから。だから勝つためには切磋琢磨し合って母体を強くしなあかん。母体が強くなれば、その中から選ばれた5人は団体戦でも勝ち抜くことができる。そうゆう面では誰か1人じゃなくて、回生問わず、みんなが強くないとあかんスポーツやな。」


同じ学年は特に負けたくないと意識しますか——


久保「めっちゃすんで。」


宮崎「めっちゃするな~(笑)」


久保「こいつ(宮崎)にはほんまに負けたくない。」


宮崎「俺はみんなを意識してるけど、特にみか(山内美佳・グロ地2)はほんまに意識してる。同学年の中ではこの2人をだいぶ意識してる。意識しすぎてテンパる時もある。ほんまに同期には恵まれたなって思う。」


久保「それは思う。」


宮崎「考えもみんなしっかりしてるから、頭もきれるし、競技面でも100%出さないと負けてしまう。そうゆう同期がいるから成長できる環境があると思う。」



競技にかける想いが人一倍強い副将、久保。



2016年振り返ってどうでしたか——


宮崎1回生の頃は入りたてでめっちゃ熱中してて、結果的にもまだ満足できる結果やったかな。けど2回生になってエキスパート(2~4回生のクラス)になって思うような結果が出せなくて苦しかった。OBさんもずっと見てくれてはるし、部活として大会に出るからには結果が求められる。2016年はそうゆう意識を持ち始めた。苦しい分、(自分の)考えもできたし、そうゆう意味では成長できた1年だった。」


久保「これまでの20年の中で1番成長できた年やった。これまでは何のスポーツをしてても自分が強くならなって思ってた。(今までは)チームを強くするってゆう考えがまずなかったから、その考えがこの1年で大きく変わったと思う。」


宮崎「大人の階段登ったな(笑)」


久保3回生でチームを運営しないとあかんから2回の半ばにはそのことにも考え出さなあかんねんけど、それを考え始めるようになって、自分ばっかりじゃ良い結果は出せないっと思って。今まで水泳とかやってきたけど、こんなに(チームのことを)深く考えたことはなかったな。」


2017年の注目株は——


久保「そこは自分って言いたいところやな(笑)」


宮崎「言いたいなあ(笑)」


久保「こればっかりは譲りたくない(笑)」


宮崎「注目株ねー。俺は(いつも合同練習している)立命館の次期主将の大江貴史(立命館・2)かな。注目株というよりは結果を出して欲しい。まだ結果は伴ってないけどすごい努力してる。艇速(艇のスピード)は速いし、あと海面を読む能力さえつければ、こいつ(大江)は結果出せると思う。ほんまに人一倍努力してるから結果でて欲しい。」


久保「被ったなー(笑)メンタルが無限大やわ、彼(大江)は。いつ見ても、どんなに辛くても笑ってる。」


宮崎「(大江は)ほんまにすごいと思う。」


最後に今年の目標を教えてください——


宮崎「団体優勝と関西選手権の三連覇とインカレ予選の全員突破、新人戦で5人以上入賞が俺らの代で掲げる全員の目標。新人戦に関しては去年俺らの代で新人戦4人入賞者出たから、俺らを超えてもらうために5人以上にしました。正直(同志社には)可能性があってそれぐらいのレベルにあると自負してるから、その目標に向かってチームがより良くなるようにって考えながら運営して、練習する。何を叶えるとかじゃなくてそれを達成するために日々努力するのが俺の目標。」


久保「俺も一緒です!


今年チームの舵取りを担う2人は競技に対する情熱と自分たちが作り上げていく同志社ボードセイリング部について熱く語り合った。自分たちが向かうべき場所に焦点を定める彼らの言葉に迷いはない。目標を成し遂げるために、チームの成長のために切磋琢磨する彼らは新たな挑戦へと艇を進める。(聞き手 岡本真子)




プロフィール

宮崎貴大(経済学部2/16960/守山高校)

誰よりもチームのことを想う主将。高校では水泳部に所属。3月に行われる全日本ボードセーリング選手権大学対抗戦ではメンバーに選出される。


久保恒一郎(経済学部2/17459/同志社香里高校)

ウインドサーフィンに対する想いが強く、負けん気の強い副主将。高校では水泳部に所属。















【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について