同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生ソフトボール秋季リーグ戦
第64回関西学生アイスホッ...
インカレ個人戦 両級4位入賞
確実な成長を見せ、全国ベスト4
'17ルーキー特...
´17ルーキー特集「スキー部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション : 射撃部
主将セレクション 「射撃部」

射撃部主将セレクション 2017年を語る

高田平×鵜飼音×浦崎

「Challenge~挑戦の年に」

左から高田(社3)鵜飼(文情3)浦崎(理工3)



ーーこのお2人を選ばれた理由をお願いします


鵜飼「高田は今年度の主将で、浦崎は学連の幹事長ものほうを務めているので、リーダーズということでこのメンバーを選びました。」


ーー選ばれた時のお気持ちは


高田「自分も学連なんですけど、学連から副将に選ばれるっていうのが滅多になかったので、(選ばれた時は)学連をしてると普段部活には関わることがないので両立できるのかという不安はありました。」


ーーその不安は今もありますか


高田「まぁ、もう一人副将がいるので、自分は学連の方に専念させてもらいながら、副将として部活のサポートをちょくちょくやらせてもらっているので。前よりは不安は減ったという感じはあります。」


ーー鵜飼さんは


鵜飼「自分が主将に選ばれるとは思っていなかったので、まず一番に驚いたっていうのがあって。先輩が選んでくださるんですけど、選んでくださったからには1年間責任を持って部をしっかりつないで行けたらなという風に思います。」


ーー浦崎さんは


浦崎「学連員の中で次の幹事長誰がやるかってなった時に、他の人に任せるくらいなら自分でやってみたほうが自分のためになると思いました。せっかく学連員になったからには「美味しいところを貰う」じゃないですけど、やれることはやりたいなと思って。大学の方は鵜飼とか高田がしっかり引っ張って行ってくれてるんで、僕はちょっと一歩引いた立場で、違うところから部活と関わっていけたらなと思いました。」


ーー高田さんについて


浦崎「チームのムードメーカー的な感じ。たくさんいろんな人に積極的に話したり、コミュニケーションとったりするのがすごく上手なんで、そういうところとかはすごく尊敬できると思います。僕はそういうのが苦手なタイプなんですけど、彼はそういうところが無くて、みんなに平等に関わってるんですごいなと思います。」


高田「平等かなぁ」


一同(笑)


鵜飼「体育会なんで、射撃部でも厳しいこととか結構…体育会としての行動とかの面で指導とかもあるんですけど、その中で周りを見れて後輩ともそれぞれ濃い関係というか、深い関係をつくりあげているので。やっぱり高田がいるから後輩たちも部活に来やすいし…そういう環境づくりのほうで励んでくれているのかなと思います。」


ーー鵜飼さんについて


高田「やっぱり主将になっているだけのことはあるかなと。まあ全部すごいんですけど、誰も気づかないところに気づいたりとか。仕事面でも、自分たちが見落としている部分を指摘したりだとか。あとはやっぱり競技面もすごいですね。大会でも勝っていたりしているんで、やっぱそういうところ見て後輩たちも「この主将すごいな」って思って頑張れると思う。」


浦崎「ひとことで言うと「文武両道」ができてる人というイメージがあります。普通に学校の成績も良いですし、部活の成績も一年の頃から良くて、3年間それを見ているので。素直にすごいなと……。その一言でしか。……すごい人です。」


一同(笑)


高田「なんでもできちゃうって感じやんな。」


浦崎「世界行っちゃったしね。」


ーー浦崎さんについて


高田「自分も学連なんで学連視点からしか見れないことが多いんですけど……彼もやっぱり周りを見る力があると思います。あと……パソコン強い。」


一同(笑)


浦崎「そこいく?(笑)」


高田「データすごいな。データの作成は人一倍できる。あとはいててほっこりする。常に笑顔なんで。厳しいときとかも多いんですけど、そういうときとかもずっと笑顔でいるので。」


鵜飼「浦崎はずっと1年の頃から学連員としてやってくれていて。主将も責任は重い部分があるけど、やはり学連となると関西をまとめるので、部活をまとめる以上にプレッシャーや責任感とかがあると思うんです。けど、仕事が多いのに忙しそうにするんじゃなくて、部活のこともしながら学連のこともしてくれるので助かってるかなと思ってます。」


ーー今年の射撃部は昨年と比べてどうですか


浦崎「SB持ってる人が増えたよね。」


鵜飼「去年の春はSBで団体を組めなくて男子が出場できなかったんですけど、男子がちゃんと団体を組めているので、昨年よりもいいスタートをきれていると思います。」


高田「あとは、結構前からちゃんとした指導者がいなかったんですけど、卒業された強い先輩が今年から指導者に就いてくださることになって。射撃という競技自体なかなか珍しくて、どういう風に教えたらいいのか現役部員としても、初心者の後輩に教えるのが難しい部分があったんですけど、上手なコーチが教えてくれることによって今後の成績アップは期待できると思います。」


ーー新体制として頑張りたいことはありますか


鵜飼「部活として立てたスローガンは挑戦…「Challenge」というもので、去年のインカレで試合の結果だけをみると戦績が全然優れなかったというのがあって。これから一からのスタートっていう意味でも試合にどんどん出て一から挑戦しようって意味を込めてそのスローガンにしてます。あとは全員がレギュラーになれるわけではないんですけどチームとして、全員で頑張って勝てたらいいなと思っています。」


ーー注目の選手や競技面のことなど、ここを皆に見てほしいというのがあればお願いします


高田「選手っていうよりは……(男子は)団体を組んで出場できて、これまでよりは団体の成績が上がっていくと思うのでそこは注目だと思います。世界大会に出ている人もいっぱいいるので、今後もたくさんの選手が活躍してくれると思います。」


ーー今年の目標は


鵜飼「チームの目標は女子がインカレ総合団体優勝で、男子は近年まだ団体としてインカレに出場できていないので、インカレ団体出場は必ず果たす。

あとはピストルのメンバーも結構増えてきているのでピストルのメンバーの方もインカレでファイナルの方で上位入賞を果たせるように目標を掲げています。」


ーー個人としての目標は


高田「個人としてもやっぱりインカレ上位入賞、優勝……かな。頑張りたいと思います。」


鵜飼「個人としてはインカレという舞台で個人優勝を果たしたことがないので、今年は関西大会も、全国レベルの大会で優勝できるように頑張っていきたいです。あとはまた世界大会に出場できるように頑張ります。」


浦崎「僕はまだインカレには出たことがないんで、今年はインカレには絶対出たいっていうのがあって。その中でレギュラーとしてどれか一つでも貢献できるように、日々練習を頑張りたいなと思っています。」



今年の射撃部は、昨春組むことができなかった男子団体を結成し、指導者を得てさらに強力になった。3月からは試合も増える。男女ともに個人としての成長はもちろん、同志社で勢いのある部活のひとつとしてあらゆる賞を掻っさらってほしい。(聞き手 田中 美穂)


〇プロフィール

鵜飼 風音(文情3/153cm/水口高校出身)

29年度主将。高校時代は全日本選手権1位に輝く。昨年の全日本学生選抜では3×20競技にて優勝を勝ち取る(当局の本紙・第226号参照)。文武両道の体現者として部を引っ張っていく。



高田 雄平(社3/169cm/箕面学園高校出身)

29年度副将。学連員も担当する。昨年の全日本大会では入賞を逃したものの自己新記録を更新。頼れる副リーダーとして部を支えていく。


浦崎 一旗(理工3/167cm/同志社香里高校出身)

29年度学連員幹事長。学連の仕事もこなしながら部活動にも励む。今年は初のインカレ出場なるか、期待が高まる。穏やかな人柄で部を見守る。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について