同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生ソフトボール秋季リーグ戦
第64回関西学生アイスホッ...
インカレ個人戦 両級4位入賞
確実な成長を見せ、全国ベスト4
'17ルーキー特...
´17ルーキー特集「スキー部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション : アイスホッケー部
主将セレクション「アイスホッケー部」

アイスホッケー部主将セレクション 2017年を語る

永敦×山内

「一番辛くて充実する年に」

 

左から山内斗真(商1)、主将・松永敦(商3)

 

 

 

山内くんを選んだ理由は――。

 

松永えっなんでだろう。なんかみんなに1回聞いたんだよな(笑)」

 

山内「そうですね

 

松永「みんなに聞いて反応なくて、誰もいないんだって思って斗真に声かけたら行きますって。」

 

山内「じゃあ僕行きますよって言ったんですよ(笑)」

 

お互いの第一印象は――。

 

山内「僕から敦さんの印象は怖いっす(笑)最初あった時は怖かったけど、でも一番初めに3回生で話しかけてくれたのは敦さんでした。」

 

松永「なんだろう。パリピ?あっマッチョ!マッチョパリピですね。」

 

山内「完全にみんなからチャラいチャラい言われてます(笑)」

 

お互いチームの中ではどのような存在か――。

 

山内「敦さんはもう来季からキャプテンで僕はまあエースって感じで...それはちょっと盛りましたけど(笑)やべ、完全に出しゃばっちゃった(笑)」

 

松永「俺の右腕だからね(笑)」

 

山内「僕は敦さんの右腕なんで!(笑)」

 

松永「やばかったもんね、この前のブザービート。」

 

山内「あれはやばかったですね。完璧に決まりまくって(笑)赤間さん(法4)が左腕?(笑)」

 

松永「うん左腕(笑)」

 

新チームの注目選手は――。

 

松永「誰だろう。小野(文情1)かな?」

 

山内「高橋(スポ1)とかも声すごく出してて努力家だと思います。」

 

そもそも同志社を選んだ理由は――。

 

山内「僕は同志社一本だったので。あとはネームバリューもありますかね。僕の高校から同志社来たのは初めてだったので...」

 

松永「関西に来てみたかったっていうのがあります。ずっと関東でやってて、みんな関東に行く中でなので関西にきたのは僕だけです。」

 

山内「僕も関西には僕しかいないですね。」

 

 

今年主将を務める松永

 

 

同志社アイスホッケー部の魅力は――。

 

松永「先輩、後輩気にしないところかな。挨拶はしっかりするけど、意見とかは言い合うし。」

 

山内「ホッケーの時はアドバイスとか意見とか言ってサポートしあってます。ベンチにいる時も声かけたりしてます。」

 

松永「あとは学生主体のところかな!」

 

イメージしている主将像は――。

 

松永「めっちゃ誰からも相談されるような人になりたい!僕が一年の時のキャプテンがそういう人だったんで...」

 

山内「あっ言ってましたね!」

 

松永「たぶんそこそこ強い高校でプレーしてきた人からすると、同志社入ってきたときになんでこうするん?って疑問に思ったりすることがたくさんあって...そんなときにキャプテンが僕を呼んでくれはって個人的に話して同志社の仕組みとか魅力を教えてもらったので今度は僕がそういう場を作っていきたいです。」

 

お二人にとってアイスホッケーとは――。

 

山内「僕は...彼女みたいです(笑)大好きで小さいころからやってきてるし、スポーツをずっと続けることは大変なことでもあるので、その中で一番好きなスポーツに出会えて、この先もずっとできるので。」

 

松永「なくちゃいけないものですね。中高大ホッケーのおかげで学校にも進学できてるしホッケーやってたから友達もいっぱいできたし、当たり前にあるものです。ないのが考えられない。」

 

普段はどんな練習をされていますか――。

 

松永「時期によって変わるんですけど、走り込みや筋トレなど基礎のメニューの時と試合前はずっとセットメニューをしています。」

 

山内「高校の時とかはすぐセットの人を交代していたけど、同志社はセット変動があまりしないので、シーズンごとに決まっているって感じです。インカレの前はちょっと変わったかな。」

 

松永「セットは4年生が考えて、最終的には監督が決める感じですね。」

 

 

抜群のスピードでリンクを駆け回る山内

 

 

去年のチームを振り返ってみてどう感じられていますか――。

 

松永「雰囲気が悪くなる。一点先制された時とかすぐ悪くなります。」

 

山内「分かります。後、人のせいにしがちなところかな。失点の時とかそうで、何か言っても聞いてもらえないです。」

 

松永「DFとFWの間に溝があって...DFはFWにこうしてほしいと思ってることがあって、FWはDFにこうしてほしいって思ってるところがあって、二つが上手くかみ合ってなかったです。」

 

山内「険悪モードでしたね...(笑)」

 

今年のチームの特徴を教えてください――。

 

山内「よくリンクは駆け回ると思います。」

 

松永「んー。一回波に乗れば止められない所かな。一点入れればその後も雰囲気いいままです!」

 

今年のチームの目標、目指すチーム像を教えてください――。

 

松永「誰が見ても応援したくなるようなチームにしたい!」

 

山内「いいですね!(笑)」

 

松永「体張って、走って、点入れて一所懸命なとこを見てもらって、かっこいいチームにしたいです。」

 

チームとして成長していくにはどんなことが必要だと感じられていますか――。

 

松永「まだ明確ではないけどなにかしなきゃとは思っています。たぶん去年の4回生が新しいことにいっぱいチャレンジしたと思うので...」

 

山内「うん。監督、コーチも新しいことどんどん取り入れたって言ってましたね。」

 

松永「4年生が率先して、声出しとか走るメニューとかした方がいいのではと思います。4年生全員で作っていきたいです。」

 

山内「僕も4年生をみてついていきたい。やっぱり高校の時もそうですけど、ひっぱるのは4年生だと思うので。僕らはついていきます!」

 

今年の個人の目標やかける思いを教えてください――。

 

松永「たぶんホッケー人生ラストの一年になると思うので一番辛くて充実する年にしたいです!」

 

山内「かっこいいですね(笑)」

 

松永「これが最後だという気持ちを常に持ってたいです。」

 

山内前年度と同じなんですけど、4年生に花を持たせてあげたいというか...ラストシーズンで、これだけホッケーに取り組むのは最後だと思うので、力になれるように、チームが良くなるように元気とのりに乗っていきたいと思います(笑)」

 


今回はアイスホッケー部の主将と昨年1年生でレギュラーとして活躍した山内くんの対談を行った。昨年、大きな改革を行うも惜しくも目標達成には至らなかった。しかし、彼らの強い思いはまだまだ健在だ。今年は成長を発揮する年だ。彼らのプレーから目が離せない。(聞き手 岩本紘奈)

 

 

○プロフィール

松永敦(商3/174㌢/73㌔/埼玉栄高校)
ポジションはFW。高校2年で国体優勝、高校3年では全国高校選抜大会3位という輝かしい経歴を持つ。今年、昨年のキャプテンである兄から引き継ぎ主将を務める。「関西優勝、インカレベスト4」が目標。


 

山内斗真(商1/167㌢/68㌔/白樺学園高校)
ポジションはFW。高校時代はインターハイ優勝を経験している。昨年は1年生ながらもチームに大きな存在感を残した。今年の目標は「関西ベスト6マンに選ばれること」。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について