同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生ソフトボール秋季リーグ戦
第64回関西学生アイスホッ...
インカレ個人戦 両級4位入賞
確実な成長を見せ、全国ベスト4
'17ルーキー特...
´17ルーキー特集「スキー部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション : 弓道部
主将セレクション「弓道部」

弓道部主将セレクション2017年を語る

高島生×山本太朗×對間

「今年こそは男女ともに笑顔を」

左から對間(スポ2)高島(商3)山本(スポ3)


高島主将が2人を選んだ理由はーー。


高島「彼女は女子の1番トップで彼は同学年で副将で知識とか面倒見とかも良いのでいつも頼りにしているんですよ。そう言う意味でこの2人を選びました。」



普段から仲は良いんですかーー。


高島「僕たち同期に女子がいないので男子の同期では結構仲がいいですね。」


山本「うーん。難しいですね。仲良いって言っても体育会で上下関係があるので仲がいいかと言われると、、、」


高島「上と下とで見たらまあ、、」


對間「仲は良い方じゃないですか?なんかギスギスはしてないですし。」


山本「確かにギスギスはしていないですね。あの先輩嫌だな、と言った感じの関係はなく、一応先輩後輩っていう中では仲がいいですね。」


互いが尊敬しているところはありますかーー。


高島「やっぱりさっき言ったように彼は弓道の知識が豊富で、結構男女関係なくいろんな人の状態を見たりとか、ここはこうだよとか。弓道の面から私生活の面までうまく付き合っていて。試合の緊張している時にリラックスさせるのがうまかったりしますね。

彼女は芯が強くて、”THE・リーダー”だなと思っています。結構引っ張ってくれたりします。」


山本「彼は一応初心者で始めて、それで4年間やってきた中で。と考えたら経験者より知識がない中でもしっかりとやってくれることがあるので、あとちょっと気が強いので主将には向いていますよね。こう、ガンガンみんなに言えるので厳しくしないといけない時にしっかり言える存在なので助かりますね。オンとオフをしっかりとしないといけない時に彼がいると変わりますね。」


對間「あとは、初心者ならではの目線がありますよね。」


山本「確かに。」


對間「どうしても私たち2人が経験者なので。」


山本「高校生の時に流派が違ったものをしていたので大学でする流派しか知らない純粋な見方で、、」


對間「そういう考え方もあるのかと思ったりしますね。」


後輩に指導をする山本


幹部が変わってからどうですかーー。


高島「幹部はまだ他にもいて、幹部でない人もたくさんいるんですけど役割分担をしているというか、重荷にならないようにうまく分担して協力ができていると思います。」


山本「聞いている話だと、先輩方は役職の仕事を全うされていたみたいなので、それを見ていて一人一人がその役職の仕事をしているのは大変そうだったので僕たちの代は役職に加えて他の人の仕事を見たりしています。なので今の所問題なく進んでいる感じはしますね。だよね?」


對間「そうですね。あとはダメなところがあればここはこうしますかと相談して補うって感じではありますね。」


山本「それも言いやすい環境にはなりましたね。」



今年のリーグの目標はーー。


山本「ちょっとブラックな、、、(笑)去年がちょっと非常にまずかったので、、、。優勝するとかっていうよりは練習でやったことをきちんとだしたら勝てると思うのでとりあえず、試合に重きをおくというよりかは練習に重きを置いて。その練習の成果が出せれば勝てるので。だからリーグでは長丁場になるので練習で中だるみしないようにやっていけたらいいかなと思いますね。毎年優勝とか結果を重視されていたので結果までがうまくいかなかったので、過程がうまく行ければリーグでうまくいくのかなという感じはしますね。」


對間「女子はとりあえず去年も一昨年もあと一歩というところだったので。今年はメンバーもいい感じに揃っていて歯車が噛み合えばいいかなという感じですね。女子で最初に幹部交代して全員で話をしていたのがリーグ優勝よりは女子全員が王座に出たいと言っているので。勝てば王座に出れるよねという感じなので、大きく目標でいうと一戦一戦勝っていくという感じです。」



セレクションで入る選手はどうですかーー。


山本「やはり女子しか入ってくれないんですよね。安定に。」


對間「いや、誘ってはいるんですよ(笑)来るかもしれないです2人」


山本「かも、、、」


對間「来る子は徳島と鳥取の子なんですけど2人ともキャラが強い?個性が強い子なので、今いるメンバーも結構個性が強いのでそこがどう噛み合うかな、という感じですね。あと戦績とかもいい子達なのでこっちがどう対応できるかどうか、、という感じはします。」


真剣に話し合いを進める3人


最後にーー。


山本「アトムに来ていただくのはいつもありがたいんですけど、いつも結果が、、、出せないので、、」


高島「いやほんとに、、、」


一同「(笑)」


山本「来られた時に、いつも、あっ、、、、お通夜状態って(笑)」


高島「それに大体タイトルが結果出ず(笑)ネタ尽きて来るだろうなと。」


山本「あ、お疲れ様でしたってなるね(笑)取材で書けるネタができるように頑張りますんで、すみません、、(笑)」


對間「インカレとかもですけど新人戦どうにかしないと。」


山本「僕はこの1年弓道最後になると思うので、この同志社大学の中で結果が残せるようにしたいと思っています。個人というより団体で貢献したいなと思います。」


高島「僕はまあ、団体じゃなくても個人でもいいので(笑)」


山本「逆だね(笑)」


高島「何か戦績が欲しいです」


對間「私はまだ後1年ありますけど、今年乗り切らないとという気持ちはありますね。とりあえず今いるメンバーで1番いいパフォーマンスを出せればなと思っています。」



まだ雪の残る弓道場で寒さに負けず熱心に練習に励む弓道部。

昨年のまさの男子3部降格。女子は好成績を残すも1部昇格には届かない。男女ともにあと一歩の成長が大きな壁となっている。

その壁を打ち壊すことはできるのか、しっかり者の高島と對間。そして2人をサポートする山本。彼ら3人へ大きな期待がかかる。(聞き手 高安美里)



プロフィール


高島七生(商学部3回生)

昨年から幹部として同志社弓道部を支えてきた高島。

試合では大学から弓道を始めたとは思えない落ち着いた様子を見せる。

山本翔太朗(スポーツ健康科学部3回生)

男子唯一のセレクションの選手。

高校時代も弓道をしていた彼は団体戦でも確実な的中を見せてくれる。


對間美玖(スポーツ健康科学部2回生)

昨年から団体戦のメンバーとして活躍を見せた。

<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; color: #454545; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'}

取材時も的確でわかりやすいコメントを残してくれる。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について