同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
主将セレクション : ソフトボール部
主将セレクション「ソフトボール部男子」

ソフトボール部男子主将2017年を語る

航×小拓郎

「守備から攻撃へ」


左から、練習中の兼古(スポ1)、大濱(商3)、主将・小林(経3) ※兼古は対談不参加



小林主将が大濱選手を選んだ理由は――。


小林「ソフトボールというのは『ピッチャーが8割』の種目と言われていて、彼次第で勝つか負けるかが決まってくるから選びました。1回生のころからずっと一人で投げてきて今年が最後の年にもなるんで。」



他己紹介を――。


小林「人見知りだけどイケメンで面白い。(選手として)魅力あるのはソフトボール独特のライズボールをメインで投げられるピッチャーであること。またピッチャーなのにバッティングも良いし、マウンドに居て声がかけやすいので自分たちのリズムでやれる。ピッチャーとしての素質がすごいあるので頼りにしている、っていう感じですね。」


大濱「チームの中で結構声出して、チームのことを一番考えていて、その中でみんながそこに付いて行こうってなっているんで、一番必要な存在かなと思っています。まあいつもは優しいんですけど時には怒ったりしてしっかりやっている。同じ市内(在住)なんで一緒にいることも多いんですけど最近はあまり一緒に遊ばないですね。(笑)」


試合中、ベンチ前で選手を鼓舞する小林



昨年の総括を――。


小林「去年は、春のリーグ戦で5位になってしまって、入れ替え戦は勝ったんですけどインカレ予選でまた負けてしまって本選には出られませんでした。西日本大会には出場できて3位になれた。新チームになって秋のリーグ戦を迎えたんですけど同率2位という形で終わって。」

「(特に重要なのは)インカレだよね?」


大濱「うん。」


小林「西カレ3位になれたのはうれしかったけど、やっぱりインカレに出られなかったという悔しさが残りました。」


大濱「まあ、でも、インカレ出られなかったから、(西カレで)3位にもなれたし、秋リーグでも結構上のほう行けた。やっぱりそこ(インカレ予選敗退)から学んだことは多かった。」



今の関西学生リーグをどう見ているか――。


小林「難しいなー。」

「結構どこのチームも似たり寄ったりでどこが勝ってもおかしくない状態。突出したチームがないので、秋のリーグ戦でも同率2位だったり1位のところに勝ったり。どこのチームが勝つか分からない状況なので、やることやっていれば十分勝てる可能性はあると思っています。優勝する可能性も下位に沈む可能性もある。」



同志社の強みと課題とは――。


大濱「まだ今は強みっていうにはパッとしないんですけど、強みにしたいのは守備。今結構守備練習を多めにしていて、『相手にどれだけ点を取らせないか』を考えて。守備からリズムを作ってバッティングにつなげる形を春リーグでできるようにしていきたいです。課題はバッティング。『点を多く取ったほうが勝ち』だけどそんなに大量得点できないチームなので、まず守備からつなげて得点できるようにしたい。」


小林「大濱と同じですね。守備練習をとにかくやっていて、さっきも言ったように『ピッチャーが8割』の種目なので、まず抑えられないと話にならない。抑えて、こっちが1点でも多く点を取って勝つのが理想の展開ですね。バッティングはここ何年か課題にしている。大事なところで点が入らないのが同志社の悪い部分なのでそこを改善したい。そうすると上まで行けるんかなって思います。」



新しく試みていることは何があるか――。


小林「練習は筋トレをちょっと増やしたかな。バッティングも守備も筋力が全体的に足りなくて皆わりかし線細いので。機材使ってやるのは難しいのでグラウンドでできるサーキットメニューとか入れて筋力アップ、一番の狙いはバッティング向上ですね。」

「あとなんかある?」


大濱「個人的にはなるんですけど、いつもはバイクで移動しているんですけど、そこをわざと歩いたりして足腰鍛えようかなって試みています。」



小林「それはバイクが壊れたからだろ。(笑)」



期待している選手は――。


大濱「兼古ですかね。チームのムードメーカーとして誰よりもバット振っててこの春以降は一番期待できるかなと。兼古が一番チームを引っ張っていく形になると思うので、彼を中心に盛り上がっていきたい。」


小林「僕は大濱(に期待)です。ずっと言っているんですけど、『ピッチャーが8割』なんで。自覚持ってやってくれると思いますけど。ずっと練習しているわけだしリーグ戦も熟知しているわけだから、考えて行動できると思う。一番上の立場にもなるんで自分が引っ張っていくくらいの気持ちでやってもらえたらいいかなと。」


投球中の大濱



春リーグの意気込みを――。


大濱「本当に目指すは優勝なんですけど、毎回初戦を落としてあとあと苦しくなって、他チームの勝敗を気にするようになってしまっていた。目の前の試合を一戦必勝で戦っていったらそのあとに結果がついてくる。インカレにも行けるだろうし。」


小林「同じですね。後先考えず目の前の相手に一戦必勝で戦う。そうすれば結果はついてくると思います。」



OBの方に何か伝えたいことは――。


小林「試合を観に来てほしい。あとは選手の数が足りないのでスカウトをお願いしたいです。道具も古くなってきているので、お金の面での支援もお願いしたいです。」



投手を中心に守りからリズムを作り、好機で確実に得点する。守備練習と筋トレの増加により実現される勝利の方程式だ。それが確立された時、同志社の快進撃は臨界に達する。(聞き手・本林大将)



○プロフィール

小林拓郎(経済学部3年/172センチ72キロ/新島学園高校)

主将を務めるチームの大黒柱は打っては4番。チームメートに慕われ相手チームに恐れられる存在だ。彼の好機での働きがカギを握る。



大濱航(商学部3年/178センチ68キロ/九州産業大付九州高校)

大学入学から投げ続けてきた絶対的エース。経験値と端正な顔立ちはリーグ1。チームの命運は彼の右腕にかかっている。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について